〜公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント中〜

初対面の人と100倍仲良くなる!?ラポールトーク!!

アフィリエイト

よく営業マンがラポールトークという言葉を使っていますが、一体どのようなことなのでしょうか??

ラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味で、

相手と自分との間に橋が架かっている状態、すなわち、心が通じ合い、

互いに信頼し、相手を受け入れている状態を指します。

基本的に好きな人と仲良くなる際や、営業を行う人が当たり前のように行っている手法です。

 

そのような人は、この手法を知らず知らずに会得しています。

 

なかなか、初対面の人と上手く話せない人は、まずはこのラポールトークを身につけることをお勧めします。

 

具体的にラポールトークを行う手法をお教えします。

 

質問を掘り下げていこう

「好きな食べ物ってありますか?」と切り出して、相手がそれに答えたあと、次の展開はどうしましょう。

 

「好きなブランドは?」「好きな芸能人は?」などと、質問攻めにしてしまうのは、やりがちなミスです。

 

「好きな食べ物はなんですか?」
「ラーメンです」
「ラーメン、私も好きなんですよ。どんなラーメンが好きですか?」
「豚骨ラーメンが一番好きです」
「私もよく食べますよ!!どこか美味しいお店など知っていますか?」

 

これは、相手の話に照準をしぼって、共感を示しながら、ひとつの質問を掘り下げていくタイプの会話です。

 

浅い質問をいくつも繰り返すよりも、ひとつのテーマを掘っていったほうが、

 

相手の深い部分まで探ることができ、共感ポイントを見つけやすくなります。

 

質問はオープンクエスチョンにしよう!!

 

「ラーメンって好きですか?」というような、「はい」か「いいえ」

 

2択の選択をせまる質問の仕方を「クローズドクエスチョン」といいます。

 

回答に自由のない質問を繰り返されるのは、人間を不安にさせるもの。

 

厳しくチェックを受けているような感覚になってしまうんですね。

 

それに比べて答えやすいのが、「どんなカレーが好きなんですか?」といった、

 

自由に回答できる質問の仕方。これが「オープンクエスチョン」です。

 

例えば、元気のない相手に、「どうされたんですか?」と質問し、「旦那とケンカしたんですよ」と帰ってきた場合。

 

「なんで、ケンカに?」
「どんなこといわれたんですか?」

 

とオープンクエスチョンを重ね、具体的な話を聞いていると、共感できる部分が出てくるでしょう。

 

そこで、「それはひどいですよね」「悲しいですよね」など、相手の感情を共有。

 

この人は、私の話を聞いてくれる、と安心してもらえますよね。

 

このようにラポールトークを使うことにより、ユーザーやお客様との関係が近くなります。

 

基本的なことなのでぜひマスターしましょう!!

公式ラインに登録するだけで無料で豪華特典プレゼント

公式ラインに登録するだけで無料で豪華特典プレゼント中です。

・逆張りトレードシステム

・順張りトレードシステム

・トレードチャートパターン集

・Instagramの投稿テンプレート

・バイナリーオプションシステム詰め合わせセット

アフィリエイト
masayaをフォローする
info free style
タイトルとURLをコピーしました