〜公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント中〜

【大企業神話崩壊】日本の若者たちの『大企業離れ』が止まらなくなる!?時代の流れで就職に関する考え方が変化している!?情報についてまとめてみた

日本 若者 大企業離れ働き方

日本の若者たちの『大企業離れ』が止まらなくなる!?時代の流れで就職に関する考え方が変化している!?

情報についてまとめてみました。

日本の若者たちの『大企業離れ』が止まらなくなる!?時代の流れで就職に関する考え方が変化している!?

日本 若者 大企業離れ

今日本の若者たちの大企業離れが加速しているようです。

最近では大企業でも45歳以上になると早期退職という名のリストラがあったり、

上司の理不尽なパワハラで自殺する人がいるなど、

若者たちにとって大企業に入ることだけが安定した働き方では無くなっています。

以下は本文の引用文です。

今の若い世代の起業家は、会う人会う人、みんな志が高くいい顔つきをしています。

彼らは将棋の藤井聡太七段やフィギュアスケートの羽生結弦選手、大リーグの大谷翔平選手と同世代。

私は、藤井七段や羽生選手、大谷選手の経営者版が登場しているというイメージを持っています。

スポーツや将棋の世界は若くして才能が発見されやすい一方、

起業家や経営者が世に出るにはもう少し時間がかかります。

これからは、小川さんのような経営者がこの世代からどんどん注目を集めていくことになるでしょう。

彼らのような起業家が出てきた時代背景としてよく言われるのは、

この世代がいわゆるデジタルネイティブであり、

インターネットやSNSがあたりまえに存在する中で育ってきているということがあります。

彼らにとって、ITを活用するのはごく自然なことです。

そして少し上の世代には、

IT業界で起業して成功した人、

成功によって得た資金をベンチャーに投資して育てようとしている人がたくさんいます。

つまり今の若い世代は、起業に関心を持ち意欲を持ってアプローチすれば、

そういった先輩たちと関係を築いて情報もお金も引き出すことが可能なのです。

このような大きな時代の流れの中、優秀な若者たちの意識は私たちの想像を超えるほど変化しています。

私は先日、東京大学と京都大学からトップクラスのデータサイエンティストが集まる場に行きました。

そこで「最近、優秀な学生は大企業に行きたがらないって聞くけど、本当?」と尋ねました。

するとみんな口をそろえて「当たり前じゃないですか!」というのです。

彼らが考えているのは自分で起業するか、ベンチャー企業に入るか、

GAFAに行くという選択肢で、日本の大手企業など眼中にありません。

「僕らの周りで、大手企業に行きたいなんていう人はいませんよ」

「セクハラ・パワハラとか、ろくなことがないでしょう」

「頭の固いおじさんの先例主義にふりまわされたくありません」

日本の大企業なんて行きたくないというのが、彼らの本音なのです。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69098?page=2

今の若者は自分たちで道を切り開かねばという気持ちのほうが強くなっているということですね。

無能な仕事のできない大企業の上司の下で少ない給料をもらうより挑戦する人達が増えてきているというのは、

日本にとっては良いことだと思います。一つの転換期に来ているなと感じます。

日本の若者たちの『大企業離れ』が止まらなくなることに対してSNSの反応は?

https://twitter.com/hayatobloger/status/1205836083335839745
https://twitter.com/KakuUP/status/1205708554000203776

https://twitter.com/1kffupDAmGh2GK4/status/1206025114606682112

まとめ

今の若者はリスク背負ってでも挑戦するという気持ちが強くなっています。

むしろ逆に、団塊jr世代の大企業の管理職の人達は、会社にしがみつくだけしか能力がないので、

どちらが今後生存戦略で厳しいかと言ったら間違いなく後者です。

若者はどんどん挑戦している中で40〜50代の方も生き方や働き方について再度考え直す必要がありますね。

私も彼らと同じようにリスクを恐れずどんどんチャレンジして、

自分の未来を自分で掴んでいきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました