〜公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント中〜

読書への「投資」と「サンクコスト」

経済

本を買うと、全部読まないともったいないと

無理して読了される方がいらっしゃいますが、

それは「消費」的な考え方だと思います。

読書は、「消費」ではなく、「投資」です。

原資は本の代金と自分の時間であり、

利益となるのは、得られる知識、感動、そして、

心と脳の成長による収入の拡大などですね。

原資でより意識したいのは、

1500円前後である本の代金ではなく、

自分の時間」の方です。

時間が無限にあれば、

1つ1つの本を隅から隅まで

丁寧に読んでいくことも可能です。

しかし、私達の時間は有限であり、

特に、忙しい現代人にとっては、最高の資産です。

それなのに、価値を感じない本に

その貴重な資産を投資し続けるのは、

下がり続ける株にお金を注ぎ続けるようなものです。

本を読み進めていく途中で、

期待した以上のことが書かれていないと感じたら、

その本は図書館に寄贈したり、

古本屋に売却してしまうべきです。

あるいは、

今のステージでは理解ができないと感じたら、

一度、本棚にしまうべきです。

そうして、貴重な時間を次の本や、

他の活動に投資をしていくことを考えるべきですね。

このように、その本に投資した代金や

途中で読み終えるまでに使った時間は

サンクコスト」だと捉えることが大切です。

どうしても取り返せない埋没コストですから、

過去を嘆いてしがみつくのではなく、

未来に向かって次に進んでいく意識を持つべきなのです。

とはいえ、

本は広く浅く読むことが正解

ということではありません。

私自身、価値があると感じた本は

何度も何度も読み続けています。

何度読んでも、投資した時間以上のリターンが

得られると思える本に出会った時は、

とても幸せな気持ちになりますね。

そして、以上のような視点は、

もちろん、読書だけではありません。

自分が投資する時間やお金と、

得られる豊かさのバランスを常に考え、

歩んでいくことが重要ですね。

だからこそ、私は、

精神的な豊かさを得るために、

友人や恋人との時間を創出することを

何よりも優先して考えています。

公式ラインに登録するだけで無料で豪華特典プレゼント

公式ラインに登録するだけで無料で豪華特典プレゼント中です。

・逆張りトレードシステム

・順張りトレードシステム

・トレードチャートパターン集

・Instagramの投稿テンプレート

・バイナリーオプションシステム詰め合わせセット

経済
masayaをフォローする
info free style
タイトルとURLをコピーしました