FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】スループットパブリックブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨「Zilliqa(ジリカ)」についてまとめてみた

Zilliqa(ジリカ) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、スループットパブリックブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨「Zilliqa(ジリカ)」についてまとめてみました。

Zilliqa(ジリカ)とは

Zilliqa(ジリカ)とはスループットパブリックブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨です。

ざっくり言えば毎秒何千ものトランザクションにZilliqa(ジリカ)は対応できるように設計されている仮想通貨です。

Zilliqa(ジリカ)はネットワーク拡張に従いトランザクションレートを向上させる新しいプロトコルを使用してシャーディングの理論を

実践しています。

シャーディングを使用することでZilliqa(ジリカ)は従来のクレジットカードなどの決済で設定されていたスループットベンチマークと

一致する可能性があります。

つまり、クレジットカードなどと同じスピードで処理が行えるということです。

さらにZilliqa(ジリカ)のトランザクションスループットはネットワークサイズによって直線的に増加します。

このZilliqa(ジリカ)のプラットフォームは機械学習や財務アルゴリズムのスケーリング要件を満たすように設計された安全な

駆動型分散アプリを実現するように調整されています。

また、Zilliqa(ジリカ)は2年間にわたり研究開発中で、幾つかの画期的な導入を商業的に推進してきました。

規模に合わせて作られたスケールするクリーンスレートデザイン及び新しいブロックチェーンを生み出します。

また、高い並列性、原子コミット、ユーザ定義のセキュリティ予算で設計された新しいスマートコントラクトを作成します。

 

そして定量化可能なセキュリティにより、確率的なセキュリティ保証が強いブロックチェーンプロトコルとなります。

Zilliqa(ジリカ)の特徴

・シャーディング理論に基いてトランザクションレートを向上させる

Zilliqa(ジリカ)はブロックチェーンネットワークをシャードと呼ばれるグループに分けて並列処理を可能にして取引速度を高めます。

このシャーディングはイーサリアムでも導入が検討されている技術です。

しかし、シャーディングの現在の課題としてプロトコルのセキュリティ問題があります。

Zilliqa(ジリカ)は最先端の研究を行いセキュリティを確保しながらシャーディングを実現する新たなプロトコルを開発中です。

 

・TXのレートをVISAやMasterCardなどの従来の集中決済方式に匹敵することを目指している

Zilliqa(ジリカ)の最大の特徴はトランザクションのスピードですね。

Zilliqa(ジリカ)はまだテスト段階ですが、3600のパブリックチェーンのノードで2488件/秒で処理を行えます。

これは、クレジットカードと同党のスピードです。

つまり、Zilliqa(ジリカ)は決済機能として日常生活レベルで通用するトランザクションを持っています。

 

・さまざまなアプリケーションに適したスマートコントラクト言語も開発している

Zilliqa(ジリカ)は様々なアプリケーションに対応しているスマートコントラクト言語の開発をしています。

Zilliqa(ジリカ)はデータフロープログラミングを模範としています。

このデータフロープログラミングを採用することで、複数の命令を一度に実行させることが可能です。

これによってシャーディングのようなブロックチェーン上の計算を並列処理できます。

 

Zilliqa(ジリカ)の概要

通貨名(通貨単位):Zilliqa(ZIL)

最大供給量:12,600,000,000 ZIL

現在の供給量(記事作成時):6,508,988,220 ZIL

Zilliqa(ジリカ)の公式サイト

Zilliqa(ジリカ)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.zilliqa.com/

Zilliqa(ジリカ)のホワイトペーパー

Zilliqa(ジリカ)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://docs.zilliqa.com/whitepaper.pdf

まとめ

Zilliqa(ジリカ)は隠れた良い銘柄だと思います。

これを機に買うのもアリな銘柄ですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE