FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Zcash(ジーキャッシュ)のコードに基づいたコミュニティ重視の仮想通貨「Zclassic(ジークラシック)」についてまとめてみた

Zclassic(ジークラシック) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、Zcash(ジーキャッシュ)のコードに基づいたコミュニティ重視の仮想通貨「Zclassic(ジークラシック)」についてまとめてみました。

Zcash(ジーキャッシュ)とは

Zcash(ジーキャッシュ)については下記の記事を参考してください。

【凄い】世界的な大手銀行JPモルガンと連携している仮想通貨「Zcash(ジーキャッシュ)」についてまとめてみた
今回は、世界的な大手銀行JPモルガンと連携している仮想通貨のZcash(ジーキャッシュ)についてまとめてみました。

Zclassic(ジークラシック)とは

Zclassic(ジークラシック)とはZcash(ジーキャッシュ)のコードに基づいたコミュニティ重視の仮想通貨です。

Zclassic(ジークラシック)のZero-knowledge provingスキームは、トランザクションのプライバシーと選択的な透過性を提供する分散型オープンソース技術です。

Zclassic(ジークラシック)は、Zcash(ジーキャッシュ)にあるZerocashプロトコルを実装しています。

Bitcoin(ビットコイン)のコードに基づいて、トランザクションメタデータの機密性を保持する洗練されたゼロ知識証明方式により、より高いプライバシー基準を提供する予定です。

Zcash(ジーキャッシュ)およびZclassic(ジークラシック)は、秘密鍵が破棄されたという信頼に依存しています。

誰かが秘密鍵を持っていれば、その人は自分自身のために無制限のコインを鋳造することができます。

ジーキャッシュは6人の個人が秘密鍵の断片を作り、それを破壊した式典を企画しました。

6人全員が陰謀を共有して共謀しない限り、秘密鍵は破壊されます。

Zclassic(ジークラシック)とZcash(ジーキャッシュ)の違い

Zclassic(ジークラシック)の開発者であるHeyRhettはZcash(ジーキャッシュ)に存在した20%の手数料を取り除くことで別の道を行くことにしました。

マイナーは公正な報酬を得るだけでなく、コイン開発はコミュニティによってサポートすることができます。

また、ZCLはZECとは異なり、スロースタートを削除することで、意図的にエンジニアリングして希少性を犠牲にしているわけではありません。

市場が価格を決定します。

私たちはPeter Toddが参加したtrusted setup meetingで作成されたものと同じパラメータを使用しており、安全に使用できることを確認しました。

参加者のうちの1人だけが秘密を保持し、破壊した場合でもシステム全体が安全です。

Zclassic(ジークラシック)の特徴

・Zcash(ジーキャッシュ)のコードから数カ所の変更を行った仮想通貨。

・Zerocashプロトコルを実装しており、トランザクションの匿名性を与える。

・ZECのコードから開発者への20%の手数料およびスロースタートを削除している。

Zclassic(ジークラシック)の概要

通貨名(通貨単位):ZClassic(ZCL)

最大供給量:21,000,000 ZCL

現在の供給量(記事作成時):3,087,975 ZCL

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Equihash)

公開日:2016年11月6日

Zclassic(ジークラシック)の公式サイト

Zclassic(ジークラシック)の公式サイトは下記のリンクになります。

http://zclassic.org/

Zclassic(ジークラシック)のホワイトペーパー

Zclassic(ジークラシック)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

http://zclassic.org/pdfs/whitepaper.pdf

まとめ

Zclassic(ジークラシック)は最近伸びているアルトコインです。

一応知識として頭に入れておいたほうがいい仮想通貨ですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE