〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【暗号資産】月利6%の配当型ウォレット『Yacht Token(ヨットトークン)』について徹底解説してみた

Yacht Token(ヨットトークン) 配当型ウォレット

月利6%の配当型ウォレット『Yacht Token(ヨットトークン)』について徹底解説してみました。

Yacht Token(ヨットトークン)とは

Yacht Token(ヨットトークン)

Yacht Token(ヨットトークン)は最近日本に入ってきた配当型ウォレットになります。

Yacht Token(ヨットトークン)はシンガポールが拠点となっているようです。

Yacht Token(ヨットトークン)で集めた資金はシェアリングエコノミーの事業に投資されて

そのリターンが配当の原資となっているようです。

Yacht Token(ヨットトークン)の特徴

Yacht Token(ヨットトークン)の特徴について説明したいと思います。

スポンサー企業が35社

Yacht Token(ヨットトークン)にはスポンサー企業が35社ついているようです。

月利6%(日利0.2%)

Yacht Token(ヨットトークン)は『月利6%』が入るようです。

日利では『0.2%』が入るようです。

最低投資額は500ドルから

Yacht Token(ヨットトークン)の最低投資額が『500ドルから』となっています。

独自通貨のYacht Token

Yacht Token(ヨットトークン)は独自通貨である『Yacht Token』で配当を還元してくようです。

また今後OTC取引所を作る予定で取引所での価値が上がることで、

キャピタルゲインを獲得することも可能なようです。

Yacht Token(ヨットトークン)の配当・利回り

Yacht Token(ヨットトークン)の配当・利回りについて説明したいと思います。

最低投資額

Yacht Token(ヨットトークン)の最低投資額は500ドルからとなっています。

対応通貨

Yacht Token(ヨットトークン)の対応通貨は『ADA/XRP/ETH/BTC』になります。

日利0.2%(月利6%)

Yacht Token(ヨットトークン)は日利0.2%で月利6%の配当を得ることができます。

単一のプランのみで運用を行うようです。

ロック制限なし

Yacht Token(ヨットトークン)では『ロック制限が無い』ので、

手数料を支払うことで元本を出金することが可能になります。

手数料

Yacht Token(ヨットトークン)の元本出金手数料は『88日未満であれば8%』になります。

それ以降は『1%』になるようです。

Yacht Token(ヨットトークン)の紹介制度

Yacht Token(ヨットトークン)の紹介制度について説明したいと思います。

リンクボーナス

Yacht Token(ヨットトークン) 紹介制度

リンクボーナスとは多段式のティアボーナスになります。

リンクボーナスでは最大10ティアから報酬を得ることができるようです。

条件

リンクボーナスには条件があり、

直紹介者の人数を増やすことでティア数を増える仕組みとなっています。

1ティア

1ティアでは紹介者の収益の100%が入るようです。

2ティア〜10ティア

2ティア〜10ティアでは紹介者の収益の7%が入るようです。

チームリーダーボーナス

Yacht Token(ヨットトークン) 紹介制度

チームリーダーボーナスは条件を満たすことで報酬が得られる仕組みとなっています。

ブルー

条件:直紹介者10人以上で組織全体の運用額が20万ドル

報酬:3%

シルバー

条件:3系列のブルーメンバー

報酬:7%

ゴールド

条件:3系列のシルバーメンバー

報酬:10%

プラチナ

条件:3系列のゴールドメンバー

報酬:10%+特別報酬

Yacht Token(ヨットトークン)のホワイトペーパー

Yacht Token(ヨットトークン)のホワイトペーパーは以下のリンクに記載してあります。

Yacht Token(ヨットトークン)のホワイトペーパーはこちら

まとめ

配当型ウォレットは日本でかなり流行していますが、

ポンジスキームなのでくれぐれも投資は自己責任で行うようにしましょう。

【暗号資産】2度目のHYIPブーム到来!?2019年日本で流行中の『配当型ウォレット』について徹底解説してみた
2度目のHYIPブーム到来!?2019年日本で流行中の『配当型ウォレット』について徹底解説してみました。
タイトルとURLをコピーしました