FX-EA System Project
FX-EA System Project

【FX】世界各国の中央銀行で金(ゴールド)の保有量が増加!?今後一体何が始まるのか!?情報ついてまとめてみた

金(ゴールド) 世界経済 2019 FX+株

今回は、世界各国の中央銀行で金(ゴールド)の保有量が増加!?今後一体何が始まるのか!?

情報ついてまとめてみました。

金(ゴールド)の保有量が上がっている!?

金(ゴールド) 世界経済 2019

最近2018年後半から2019年にかけて金(ゴールド)の価格が上がっています。

金(ゴールド) 2019 価格

https://chartpark.com/gold.html

また世界各国の中央銀行では金(ゴールド)の保有量が上がっています。

今回はこの情報についてご紹介したいと思います。

世界各国の中央銀行の金(ゴールド)の保有量が上がっている!?

金(ゴールド) 中央銀行 保有量

世界各国の中央銀行の金(ゴールド)の保有量が上がっています。

上記の画像は世界各国の金(ゴールド)の保有量になります。

ロシア中銀の準備金の18・6%は金(ゴールド)で保有されている!?

ロシア中銀 準備金 18.6% 金 保有

ロシア中銀の準備金の18・6%は金(ゴールド)で保有されているようです。

金(ゴールド)を最も保有する中銀は上から米、独、仏、伊。

ロシアは金(ゴールド)保有量で世界5位です。

以下は本文の引用文です。

ロシア中銀が持つ準備金の18・6%は現在、金の形で保有されている。

ロシア中銀は中国中銀を押しやり、他国の中銀と比較した際の金保有量で世界5位に入った。

金を最も保有する中銀は上から米国、ドイツ、フランス、イタリアだ。

ロシアメディアは、ロシア中銀による活発な金購入の背景には

新たな制裁導入に関する懸念があると指摘する。貴金属の形で保有する資産には、

通貨と比べると凍結や制限が非常に難しい。

https://jp.sputniknews.com/business/201901195822255/

中国人民銀行(大陸中央銀行)は2018年12月、26カ月ぶりに金を買い増し

中国人民銀行(大陸中央銀行) 2018年12月 26カ月ぶり 金(ゴールド) 買い増し

中国人民銀行(大陸中央銀行)は2018年12月、26カ月ぶりに金を買い増しをしているようです。

以下は本文の引用文です。

2018年第3四半期から各国の中央銀行は金を買いだめしている。

うち、中国人民銀行(大陸中央銀行)は2018年12月、26カ月ぶりに金を買い増しした。

各国の中央銀行の間でも金購入ブームが起き、金投資の先行きが期待されている。

台湾省のメディアの1月11日の報道によると、

ドル指数は2018年12月中旬のピークの97.71から下落に転じ、

19年1月10日には95.03に下落し、下げ幅は2.7%に達した。

また、米株が激しく変動し、地政学的リスクが高まり、

リスクヘッジとして金投資が世界で重視されるようになっている。

さらに、各国の中央銀行も金を積極的に購入し、

ニューヨーク金先物価格は10日に6カ月の最高値を更新し、1オンス1300ドルに迫った。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/15/content_74375190.htm

金(ゴールド)価格が異例の値上がりの背景にあるものとは?

金(ゴールド) 世界経済 2019

金(ゴールド)の価格には世界経済に関する投資家の考えが反映されています。

金(ゴールド)を最も保有する中銀は上から米、独、仏、伊の国です。

こうした国々はドルの価格に左右されない体制を作るために、

金(ゴールド)の保有を増やしていると考えられます。

ドルの影響によって国の盛衰が左右されることを嫌い、

その影響から脱したいがためという意図が見えてきています。

中国とロシアは膨大な金(ゴールド)の保有の背景には米ドルを崩壊させることも考えられますね。

まとめ

世界の中央銀行が金(ゴールド)の保有量を増やしていますね。特に新興国中央銀行です。

米国債よりも金(ゴールド)が好まれます。

やはり2019年リセッションする可能性を示唆しているのですかね?

今年は世界経済は要チェックです!!

【若者絶望のお知らせ】5年以内に世界経済の景気後退(リセッション)の確率はなんと70%!?情報についてまとめてみた
今回は、5年以内に世界経済の景気後退(リセッション)の確率はなんと70%!? 情報についてまとめてみました。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE