FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】米大手格付け機関Weiss Ratings社の仮想通貨の格付けがついに発表される!?一位はなんとあの銘柄だった!?情報についてまとめてみた

Weiss Ratings 仮想通貨 格付け 仮想通貨

今回は、米大手格付け機関Weiss Ratings社の仮想通貨の格付けがついに発表される!?一位はなんとあの銘柄だった!?情報についてまとめてみた

米大手格付け機関Weiss Ratings社の仮想通貨の格付けがついに発表される!?

仮想通貨の格付けが1月24日についに発表されました!!

Weiss Ratingsという米の独立系格付け期間が仮想通貨の格付けを行うということで

今回の格付けは日本でも話題になっていましたし、開始30分はサーバーダウンするレベルでした。

以下は本文を翻訳した内容です。

韓国のサイバー攻撃にもかかわらず発行された最初の暗号化の格付け

BitcoinはC +(「公平」)になります。エテリアムはB( “良い”)です。

パームビーチガーデンズ、フロリダ州 – 金融機関の独立系格付機関であるWeiss Ratingsは、

ウェブサイト上での韓国のサイバー攻撃が大規模であったにもかかわらず、金融格付け機関によるクレジットカード通貨の初めての格付けを発表しました。

WeissはBitcoinにC +(「公平」を意味する)とEthereum a B(「良い」)を与えます。現在カバーされている暗号化通貨のどれもA(「優秀」)のグレードはありません。

昨夜、Weiss Ratingsのスタッフは、

韓国のソーシャルメディアに対するワイス・レーティングズのウェブサイトをダウンさせるための共同の呼びかけから何度も言及されているように、

韓国からのサービス拒否攻撃を阻止した。「ソーシャルメディアに対する以前の解説は、

我々が好んだ通貨に対してマイナスの格付けを解除しようとしていたことをかなり恐れていた」とワイス格付け会社の創設者、

マーティン・D・ワイス氏は語った。”これは今日のリリースを妨げる試みかもしれない。”

これとは別に、Weissは友人のサイト訪問者の急増を経験しました。

「顧客はほぼ全面的に米国にいるため、アジアからのトラフィックはほとんど得られません。

しかし、昨夜はアジアからほぼ全面的に10万人以上のユニーク訪問者が訪れ、今朝はヨーロッパへの交通量が増えました。

この量を処理するために、スタッフは瞬時にクラウド上のサーバー容量を何度も拡大しました」とWeiss氏は言います。

Weissのクリプトクックランクの格付けへの重要な要素は、米国政府会計庁(GAO)、

バロンズ、 ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズなどのように、他の投資分野における独立性と正確性の歴史です。。

「極端な価格変動にもかかわらず、クリプトカルトは明るい未来と投資家に異常に大きな利益をもたらす可能性を秘めています」と

Weiss Ratingsの設立者Martin D. Weiss博士は述べています。しかし、市場は投資家にとって忙しく混乱している。

彼らは堅牢で公平な格付けだけが提供できる明快さが必要です」

Weiss Cryptocurrency Ratingsは、価格リスク、報酬の可能性、ブロックチェーン技術、採用、セキュリティなどの要素を評価します。

Weiss氏は、「データの急激な変化のために、アップグレードとダウングレードは他の分野よりも頻繁に行われています」と説明しています。

以下は、様々な長所と短所を示すために無作為に選択されたWeiss Cryptocurrency Ratingsのサンプルです。

Bitcoin(C +の格付け)は、セキュリティと普及率が優れています。

しかし、大きなネットワークボトルネックが発生し、遅延や高いトランザクションコストが発生します。

Bitcoinは初期の成功を達成するための激しい継続的な努力にもかかわらず、迅速にソフトウェアコードをアップグレードするための即時のメカニズムはありません。

2番目に広く採用されているCryptocurrencyであるEthereum(B)は、いくつかのボトルネックがあるにもかかわらず、

アップグレードが容易なテクノロジとスピードが向上します。

Novacoin(D)とSaluS(D)は、技術革新と採用の両面で弱い。

Steem(B-)は、ソーシャルネットワークの特徴に沿って考慮されているほとんどすべての重要な要因において、適度な強度の比較的良好なバランスを楽しんでいます。

「他のすべてが同等であることは、暗号侵害が個々の課題を克服するため、迅速にアップグレードされる可能性が高い」とWeiss氏は付け加えた。

1971年に始まったWeiss Ratingsは、55,000の機関と投資を評価しています。

スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチ、AMベストとは異なり、ワイスは、それが評価した事業体からいかなる種類の報酬も受け入れません。

https://weisscryptocurrencyratings.com/ratings/weiss-ratings-issues-grades-on-74-cryptocurrencies-12

米大手格付け機関Weiss Ratings社の仮想通貨の格付け一覧

それ以外の仮想通貨の格付け一覧は下記の通りです。

この表からEthereum(イーサリアム)とEOS(イオス)がB評価で一位になっています。

そして、NEO(ネオ)やADACoin(エイダコイン)がB-の評価を得ています。

今回の格付けでは、

A~BをBUY

CをHOLD

それ以下をSELLにしています。

傾向としては、やはりdapps系の銘柄に注目が集まっているのが考えられますね。

個人的に、ADACoin(エイダコイン)が評価が高かったのがかなり嬉しいです。

批判をされる通貨がこうやって一つの指針としてしっかり評価されているのが非常によかったです。

中には、こんな評価はスキャムだどうのと騒ぐ連中もいますが、どうして評価を評価として受け入れることができないのか不思議です。

私はこうした格付けは周りが何を言おうが一つの評価だと思います。

平等に評価されているわけなので、事実を受け止めたほうがいいです。

Weiss Ratings 仮想通貨 格付け

Weiss Ratings 仮想通貨 格付け Weiss Ratings 仮想通貨 格付け

まとめ

やはり、dapps系の銘柄は今後伸びてくる可能性はありますね!!

Ethereum(イーサリアム)が独占するとは思えないです。

つまり、PCのOSのように様々なOS上にアプリケーションが開発されていくのではないかと思います。

MACOSやWindowsOSやLinuxOSなどと分かれてはいますが、それぞれポテンシャルを持ちポジンションや役割は出てくると思います。

その中でADACoin(エイダコイン)は頭角を今後現してくるのではないかと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE