FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Web3.0の世界で使用されるdappsの仮想通貨についてアプリケーション別にまとめてみた!!

Web3.0 dapps 仮想通貨に アプリケーション 仮想通貨

今回は、Web3.0の世界で使用されるdappsの仮想通貨についてアプリケーション別にまとめてみました。

web3.0とは

まずは、webの歴史をざっくり説明するとこんな感じです。

Web 1.0:「見る」だけの世界を実現

Web 2.0:「使う」世界が実現

Web 3.0:「作る、自由に加工する」世界が実現

web 2.0においては、情報そのものや中核となる技術よりも利用者へのサービスが重視され、利用者が増えれば増えるほど提供される情報の量が増え、

サービスの質が高まる傾向にあるとされます。したがって、ユーザー重視、ユーザー参加型のサービスというのがキーワードになります。

Web2.0は、ウェブ自体がプラットフォームとなり、ユーザー参加型の双方向のコミュニケーションを実現するウェブ形態ということでしたが、

Web3.0はそこからさらにレベルアップした世界になります。

具体的には、ウェブのデータを共有化(データベース化)し、その情報を個々のユーザーが、必要な時に呼び出して利用することを可能にするというものです。

さらに詳しく説明すると、現在のウェブページを構成するHTMLでは、記述された内容の「意味」をコンピュータは理解することができないため、

その内容の「意味」を表す情報(メタデータという)を記述して、コンピュータが効率よく自動的に情報を収集、解釈できるようにするというものです。

そうして、ウェブ上のすべてのデータを無数のコンピュータが認識して共有することで、ウェブ全体が単なるデータの集合から、巨大なデータベースへと進化するというわけです。

dappsとは

Dappsとは、非中央集権・分散型のアプリケーション、Decentralized Applicationsの略です。

DAppsとは次の用件を満たすものをいう。(DAppsに投資するDavid JonstonのVCファンドによる定義)

1:

アプリケーションは、オープンソースであること。オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。

トークン、データ、レコード、などにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

重要なのは、ソースが公開されており、中央の誰かがオペレーションをしなくても、

コードだけにより勝手に動くということ(DAOであること)だ。まさにビットコインなどがそうであり、

マイナーがそれぞれに利益を追求するだけで全体の管理者がいなくても、送金オペレーションが動く。

そして、これらはブロックチェーンという技術に基づく。仮想通貨に似ていても、

ブロックチェーンに基づかないアプリ(rippleなどの中央のコンセンサスによるもの)は、Dappsとはいえない。

2:

アプリケーションは、オープンに流通可能な、暗号トークンを持っていること。

アプリケーションの利用に際してトークンを利用すること。参加者には、そのトークンによってリワード(報酬)が支払われること。

これは、トークンによる経済圏が成立していることを意味する。

ビットコインの場合、利用はビットコインというトークンを使ってなされ、送金手数料もビットコインで支払う。

マイナーは、計算資源を提供する代わりに、ビットコインによって報酬を得る。

3:

アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善していくこと。

この改善は、ユーザーのコンセンサスによること。

中央の主体が決めるのではなく、ユーザーコンセンサスで仕様の変更などが行われることを言っている。

つまり、オープンソースのプロジェクトの多くがこれにあたるし、インターネットのプロトコルの多くがまさにそういう形で開発されて進化してきた。

同様にDAppsもそうでなければならないとされています。

1〜3をすべて満たすものが完全なDAppsと定義される。ビットコインは、この定義をすべて満たした完全なるDAppsです。

DApps、株式会社と、経営者と、ユーザー、VC、株式市場、資本家といった、いままでのパラダイムを否定し、公平で、分散的で、

利益をシェアし、共有をベースとしたエコノミーを作り出す可能性があります。

今後、社会の多くのサービスがDApps化していくことで、おそらく国家と資本主義という近代の枠組みを乗り越え、

それでいて中央による再配分という社会主義に回帰することのない、新しいエコノミーが出現していくと思います。

web3.0で使用が期待される仮想通貨:ブラウザ

Web2.0:Google、yahoo

Web3.0:Brave

web3.0で使用される仮想通貨:ストレージ

Web2.0:Google drive、Dropbox

Web3.0:Storj、IPFS

web3.0で使用される仮想通貨:ビデオorオーディオアプリ

Web2.0:Skype

Web3.0:Exparty

web3.0で使用される仮想通貨:OS

Web2.0:IOS、Android

Web3.0:Essentia.one、EOS

web3.0で使用される仮想通貨:SNS

Web2.0:Twitter、Facebook

Web3.0:Steemit、Akasha

web3.0で使用される仮想通貨:メッセージアプリ

Web2.0:Wechat、LINE

Web3.0:Status

web3.0で使用される仮想通貨:決済アプリ

Web2.0:PayPal

Web3.0:Ripple、ADACoin

まとめ

今後、web2.0からweb3.0へ世界が移行した時に使用される仮想通貨は多く存在します。

今回紹介したのは、あくまで例です。

どんどんdappsの銘柄が増えいくと思います。より、面白い世の中になりそうですね!!

仮想通貨
LINE@現在6800人突破中!!

LINE@現在6800人突破中です!!

それだけ多くの方が私を信頼して、

相談に来ているということです!!

LINE@登録者限定に前もって最新情報を提供します!!

・ネットビジネスで有益な情報が知りたい!!

・資産運用の有益な情報が知りたい!!

・仮想通貨について有益な情報が知りたい!!

・稼いでいる人の知識やマインドを得たい!!

・これから副業を始めたい!!

・これから独立や脱サラしたい!!

・お金に困っている!!

・弟子にしてほしい!!

・もっと成長したい!!

などと考えている方はぜひ登録しましょう!!

ブログよりも先に企画や

面白いビジネスなど発信するので

あなたがその情報をキッカケに変わる可能性があります!!

あなたに必要なのはたった2つです。

『少しのお金』と『一歩踏み出す勇気』だけです。

ぜひLINE@に登録しておいてください!!

masayaをフォローする
info free style

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE