〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【お金について】富裕層から税金を多く取るべきなのか?徹底解説してみた

日本 富裕層 税金 マネーリテラシー

今回は、富裕層から税金を多く取るべきなのか?徹底解説してみました。

富裕層から税金を多く取るべきなのか?

日本 富裕層 税金

税金は富裕層から多くべきなのかという問題ってかなり難しいと思います。

日本の場合は、とにかく富裕層から絞ろうとしています。

ですが、富裕層もリスクを取りそのリターンを得ている人が

ほとんどであり多く持っていかれるのであれば割に合わないです。

今回はそんな富裕層から税金を多く取るべきなのかについてご紹介したいと思います。

そもそも富裕層や貧困層よりも多くの税金を納めている

そもそも富裕層や貧困層よりも多くの税金を納めています。

例えば30%一律で収入から納めなくては行けなかった場合、

一億円収入がある富裕層と100万円収入がある富裕層では

税金の納める額は富裕層が大きいわけです。

富裕層が多くの税金を納めているからこそ、

行政のサービスを貧困層は納税額以上のサービスを受けることができています。

もし富裕層がいなければ貧困層は今の税金で同じサービスを受けることはできないですね。

富裕層つまり収入が何億円とある人は税金に対する公共サービスを受けていないので損をしている。

逆に貧困層は税金で得してる層なんですよね。

富裕層から税金を摂取しすぎると海外に移住されて負担は下にのしかかる

基本的に富裕層が集まる国というのは富裕層に対して優遇している国がほとんどです。

富裕層を締め付ければ締め付けるほど、富裕層はより優遇してくれる海外に移住しますので

そうやって富裕層の税金を持っと取るべきだと言っている人達は

今まで富裕層が払っていた税金を

自分達で支払う必要が出てくるので自分で自分の首絞めるようなもんですね。

最近日本では税制改正で金融所得増税の話が浮上しつつあります。

株取引や会社の売却の税率が20%から引き上げられると噂されていますが、

こんな事逆効果で、さらに富裕層が海外に移住してしまいます。

富裕層になることは規制されているわけではないです。

つまり貧困を抜け出すには自力で稼ぐという力を身につける必要があります。

自分ができないから富裕層に重い税金を乗せるのは当然だと思っている人は

もう一度考えを見直したほうが良いと思いますね。

日本を支えているのは中間富裕層や駆け出し富裕層の人たちからの税金

富裕層への税を強化した場合脱藩しますし、貧困層への課税は厳しいのが現状です。

では行政はどこから税金を取ろうとしているのか?

それは中間富裕層や駆け出し富裕層の人たちからの税金なんですね。

今の日本を支えているのは中間富裕層や駆け出し富裕層の人たちといっても過言はないでしょう。

まとめ

やはり、

税金が足りないから補うために富裕層に対して増税は生き過ぎるとマイナスですね。

やはり税金が高い国から富裕層は海外へ移住するので、

今まで支払っていた富裕層の税金は一般層や貧困層が税金の負担をする必要があります。

つまり、富裕層は優遇されて当然であるので

富裕層が生きやすい税制にする必要が大切だと思います。

タイトルとURLをコピーしました