【仮想通貨】Walmart(ウォルマート)でMoneyGram提携の送金サービスに開始される!?Ripple(リップル)のxRapidが使われる可能性は?情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Walmart(ウォルマート) MoneyGram Ripple(リップル) xRapid

今回は、Walmart(ウォルマート)でMoneyGram提携の送金サービスに開始される!?

Ripple(リップル)のxRapidが使われる可能性は?情報についてまとめてみました。

Walmart(ウォルマート)でMoneyGram提携の送金サービスに開始される!?

Walmart(ウォルマート) MoneyGram Ripple(リップル) xRapid

Walmart(ウォルマート)でMoneyGram提携の送金サービスに開始されます。

以下は本文を翻訳した内容です。

Walmartは、MoneyGram Internationalと提携して、Walmart2Worldと呼ばれる世界的な送金サービスを開始します。

この動きは、約4年前に開始され、アメリカの銀行化されていない人口にサービスを提供する国内のマネーサービスを拡大します。

米国のプラットフォームであるWalmart2Walmartは、お客様が国内でWalmartの各地間で資金を送金し、

一度に2,500ドルも送金することができます。新しいWalmart2Worldにより、顧客は200カ国以上の人々に資金を中継することができます。

Walmart ServicesのKirsty Ward副社長はCNBCとのインタビューで、

「われわれはおそらく、この事業で本当にできることを実際には過小評価していただろう。

Walmart2Worldでは、世界銀行のグローバルFindexデータベースが

非銀行として分類される約20億人の世界中の人々にサービスを提供することを目指しています。

通貨の一般的な使用には、請求書の支払いや海外の家族や友人への送金などがあります。

新しいサービスは、スピードと低価格、安定した価格で競合他社を打ち負かすことを目指しています。

Walmart2Worldは個人に$ 4を請求して$ 50、$ 8を$ 51〜$ 1,000、$ 16を$ 1,001〜$ 2,500を送信します。

また、他の国際移転サービスとは異なり、Walmartの手数料は送信者と受信者の場所に関係なく同じです。

ワードは、「透明で透明なメニューボードの価格設定」がイニシアチブにとって重要だと語る。

Walmart2Worldはまた、3日ほどかかる可能性のあるサービスとは異なり、10分以内に資金を提供することを約束しています。

世界中のMoneyGramの代理店ネットワークは、Walmartが常に存在するとは限らない人口に役立つのに役立ちます。

このイニシアチブにより、最終的にウォームマートの店舗への通行量が増加し、売上高が増加する可能性があります。

「われわれは、顧客がどのようにしてお金を節約できるかに基づいて買い物客を選ぶことが大好きです…

彼らがウォルマートで彼らの貯蓄を使うことを選択すれば、それは素晴らしいことです。

ウォルマートの年間売上高の1%未満は、有線および金銭の送金を含む燃料および金融サービスからのものです。

一方、ウェスタンユニオンやマネーグラムのような企業は、アイデアを中心にビジネスを構築しています。

Eコマース大手のAmazonは伝え銀行口座を持っていない潜在的な買い物客に到達するために異なるアプローチを取るしようとしています。

ウォールストリート・ジャーナルは先月、AmazonがJPモルガン・チェースをはじめとする金融機関と早期に協議しており、

若い顧客と非銀行顧客を対象とした「小切手のような商品」の販売を手伝ったと報じた。

Walmart2Worldは、Walmartの全米4,700店舗、Walmart.com、今月末のWalmartモバイルアプリに展開される予定です。

https://www.cnbc.com/amp/2018/04/02/walmart-takes-money-transfer-service-global-with-walmart2world.html

Walmart(ウォルマート)でMoneyGram提携の送金サービスにRipple(リップル)のxRapidが使われる可能性は?

Walmart(ウォルマート) MoneyGram Ripple(リップル) xRapid

Walmart(ウォルマート)でMoneyGram提携の送金サービスですが、多くの人が、10分以内に資金を提供できるとなれば、

Ripple(リップル)のxRapidが使われる可能性があるのではないかと思われます。

ですが、今回のWalmart(ウォルマート)でMoneyGramの送金サービスはRipple(リップル)のxRapidは使われないようです。

ソースはツイッターです。

ですが、現状は関連無いがxRapidテスト終わったら使用される可能性もあるということなので、

Ripple(リップル)のホルダーは期待して待っていましょう。

Ripple(リップル)社のCEOのBradがRipple(リップル)社とXRPにまつわる誤解について回答

Ripple(リップル)社 CEO Brad Ripple(リップル)社 XRP 誤解 回答

Ripple(リップル)社のCEOのBradがRipple(リップル)社とXRPにまつわる誤解について回答しています。

要点としては下記の3つです。

・XRPはリップル社のものではない

・リップル社は収入源はXRP売却益ではない

・時価総額よりも取引量が重要

以下は本文の引用文です。

数多ある仮想通貨の中で、時価総額が約2兆5000億円で3位(仮想通貨情報サイトの「CoinMarketCap」参照、3月26日時点)を誇る

「リップル」。その送金技術を応用して、金融機関向けに送金プラットフォームを提供しているのが米リップル社だ。

日本でも、インターネット金融企業のSBIホールディングスと提携してプラットフォームの開発に取り組むなど、

すでに全世界で100以上の金融機関と提携している。次世代の送金プラットフォームの覇権を狙うリップル社は、

今後の展望をどう見据えているのか。週刊ダイヤモンドなどの取材に対して、

ブラッド・ガーリングハウスCEO(最高経営責任者)兼代表取締役が胸中を語った。(「週刊ダイヤモンド」編集部 田上貴大)

――リップル社の送金プラットフォームについて教えてください。

私たちは、ブロックチェーン技術を活用して、国際送金という特定の分野における課題解決のためのサービスを提供しています。

これまで銀行の国際送金を担っていたSWIFT(国際銀行間通信協会)というインフラは、送金手数料が高く、決済に数日かかります。

例えば、東京から私たちの本社があるサンフランシスコに送金するなら、現状では現金を持って羽田空港に行き、

飛行機に乗って直接届けるのが一番速い送金手段なのです。

さらに、SWIFTは6%の確率で送金エラーが発生してしまうため、インフラとしての信頼性の低さも問題視されています。

それに対して、私たちの送金プラットフォームは、安価で高速、さらに信頼性も高い国際送金を実現することが可能です。

しかし、あまり普及が進んでいないのは、リップルについて多くの人が誤解しているからです。

――誤解と言うのはどのようなものでしょうか。

よくある誤解は、かつて仮想通貨で違法取引を行う事件が起きたせいで、

仮想通貨全体が既存の規制を迂回するためのものだと思われていることです。

そうではなく、私たちは仮想通貨が持つ技術を生かして、既存の法規制の中で送金を効率化することを目的としています。

次に多い誤解は、取引所で流通している仮想通貨の「リップル(以下、取引単位であるXRPで表示)」と、

その技術を基にした送金プラットフォームを提供している「リップル社」が同じだと思われていることです。

リップル社も多額のXRPを保有していますが、両者は全く別物ですので、正しい情報を発信していきたいと考えています。

――リップル社の顧客でもある金融機関が、こうした誤解を抱いているのでしょうか。

その通りです。そうした誤解を解くために、CEOとして、各国の金融機関や規制当局と積極的に会って直接話すことを重要視しています。

● 100社との提携で黒字化成功 投機保有を促さず次なる銀行探す

――リップル社のように金融機関と積極的に対話し、サービスの提携をしている事業者をあまり聞かないのですが、

競争相手はどこになるのでしょうか。

最大のライバルは先ほど名前を出したSWIFTです。

他にも、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンを活用した新興業者が登場していますが、

その取り組みのほとんどが実験的なものばかりです。

私たちのように、100社以上もの顧客がいて、実際に商業利用しているところはありません。

――日本の送金プラットフォームを管理している全国銀行協会も、ブロックチェーンの実証実験を行っていますが、

こうした動きは競争相手にはならないのでしょうか。

実験の中身については詳しく知りません。ただ一般的に、旧来的な既存のサービスを持つ組織は、既得権益を侵食してしまうため、

新たなイノベーションを取り入れるのは不得意でしょう。今後も、業界の外からイノベーションが起こっていくと見ています。

――現時点で、リップル社の財務状況はどのようになっていますか。

提供する送金プラットフォームのライセンス料金とその導入のためのコンサルタント料金、

そして取引ごとの小額な手数料の大きく3つから収入を得ています。

未公開企業なので収益性についてはコメントできませんが、実際にキャッシュフローは十分にあり、それだけではなく収支も黒字化しています。

――今後、リップル社のサービスがさらに拡大するには、個人投資家も含めてXRPの保有者を増やし、

時価総額を増加させることも必要なのでしょうか。

XRPの時価総額の絶対値よりも、送金の取引量が多いことが大事です。

今、ある金融機関において、アメリカからメキシコに国際送金する時、ドルからペソへの交換を仲介する通貨にXRPが使用されています。

そのため、メキシコでは仮想通貨の代表格である「ビットコイン」よりもXRPの取引量が多くなっています。

これは一例ですが、投機ではなく実需に基づいた利用がなされている表れです。

時価総額はその仮想通貨の価値を示していて、価値と流動性は“鶏と卵”のような関係ですが、通貨の歴史を振り返ると、

もっとも流動性が高いものに一番価値があるとされてきました。巨額かつ高速な取引を実現できるXRPも、そうなると考えています。

――では、一般的な投資家がXRPを保有することを促進することはしないのですが。

これまでも投資市場を盛り上げるために予算を割いたことはありません。

あくまでも金融機関向けのBtoBサービスの提供だけに経営資源を割り当てていきます。

ただ、XRP自体はどんな事業者でも自由に商用利用ができるものなので、金融機関以外における商用利用もありえます。

XRPのエコシステムの発展のために、そうした分野にも力を貸していきたいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00165333-diamond-bus_all

まとめ

Ripple(リップル)は期待している送金決済系の銘柄なので、今後他の企業や国で使用されるケースは増えてくるでしょうね。

仮想通貨市場にも春が訪れつつあるので、Ripple(リップル)皆さんもぜひ購入してみてください。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5400名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE