FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)がDAOの利点を取り入れたICOである「DAICO」を提案!?情報についてまとめてみた

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン) daico 仮想通貨

今回は、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)がDAOの利点を取り入れたICOである「DAICO」を提案!?情報についてまとめてみました。

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)とは

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン) daico

ヴィタリック・ブテリンは、1994年、ロシア・モスクワに生まれました。

6歳のときに家族とともにカナダに移住した彼は、小学生のときにはすでに数学や経済学の分野で驚くべき能力を発揮し、プログラミングを学んでいたと言います。

神童はやがて、ビットコインに出合う。ブロックチェーン・テクノロジーのポテンシャルに魅せられた彼は、

2013年、19歳のときにブロックチェーンプラットフォーム「Ethereum」(イーサリアム)を考案する。

イーサリアムの特徴は、「スマートコントラクト」と呼ばれる各ユーザーが設定した契約を扱えることです。

あらゆる目的のために使えるブロックチェーンプラットフォームです。

この技術を活用すれば、人が行ってきた取引や契約を、改ざん不可能なかたちで自律的に行うことが可能になる。

それはビジネスや組織のあり方を根本的に変えうるポテンシャルをもつ。

またイーサリアムで使用されるトークン(仮想通貨)の「ETH」(イーサ)は現在、世界に700以上ある仮想通貨のうち、ビットコインに次ぐ市場規模をもつ。

・Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が語る「仮想通貨と金融の未来」についてまとめてみた

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が語る「仮想通貨と金融の未来」についてまとめてみた
今回は、Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が語る「仮想通貨と金融の未来」についてまとめてみました。

・Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が台湾でイーサリアムの未来を語ったことについてまとめてみた

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が台湾でイーサリアムの未来を語ったことについてまとめてみた
Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が台湾でイーサリアムの未来を語ったことについてまとめてみました。

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)がDAOの利点を取り入れたICOである「DAICO」を提案!?

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン) daico

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)がDAOの利点を取り入れたICOである「DAICO」を提案しました、

以下は本文を翻訳した内容です。

DAOの利点のいくつかを統合して、複雑さとリスクを最小限に抑える方法でICOモデルを改善するためのアイディアを簡単に説明したものです。

イデアは次のとおりです。DAICO契約は、プロジェクトの資金調達を希望する単一の開発チームによって発行されます。

DAICO契約は、 “貢献モード”から開始され、誰でもETHを契約に寄付し、交換でトークンを得る仕組みを指定します。

これは、キャップ付き販売、キャップなし販売、オランダオークション、インタラクティブコイン、KYCの動的1人当たりの販売、

またはチームが選択する他のどのような仕組みであってもよい。

寄付期間が終了すると、ETH寄付の能力が停止し、最初のトークン残高が設定されます。そこからトークンがトレード可能になる可能性があります。

貢献期間の後、契約には1つの主要な状態変数tap(単位:wei / sec)があり、ゼロに初期化されます。

タップは、開発チームが契約から取り出せる1秒あたりの金額を決定します。これは次のように実装できます。

tap: num(wei / sec)

lastWithdrawn: timestamp # Make sure to initialize this to the contribution period end time

@public

def withdraw():

send(self.owner, (block.timestamp – self.lastWithdrawn) * self.tap)

self.lastWithdrawn = block.timestamp

@private

def modify_tap(new_tap: num(wei / sec)):

self.withdraw()

self.tap = new_tap

また、トークン所有者が決議に投票できる仕組みもあります。解像度には2種類あります。

育てる tap

永久に契約を自己破棄する(または、より正確には、withdraw残りのすべてのETHをトークン所有者が比例的に引き出すことができるモードにする)

いずれの議案も、定足数(例:。yes – no – absent / 6 > 0)で何らかの過半数の投票を通過することができます。投票でタップを下げることはできません。

所有者が自主的にタップを下げることができますが、彼らは一方的にそれを上げることはできません。

その意図は、開発チームに合理的であまりにも高くない月次予算を与えることによって有権者が始まり、

チームが既存の予算で競争力を発揮できる能力を発揮していることを証明することです。

有権者が開発チームの進捗状況に非常に不満を持っていれば、DAICOを完全に閉鎖し、資金を返済することができます。

ゲーム理論上のセキュリティ

投票には51%の攻撃、賄賂攻撃、その他のゲーム理論上の脆弱性があり、ICOはチームが無責任であるか単純な詐欺にさらされるリスクがあります。

しかし、DAICOでは、これらのリスクは最小限に抑えられ、開発者と投票者の両方に損害を与えて実際の損害を引き起こすことを要求しています。

51%の攻撃は悪意を持ってタップを上げる – 正直な開発者は再びタップを下げることができ、余分な資金を要求することはできない

開発者は実際の仕事の代わりにランボルスで資金を使い始める – 投票者はあまりにも早くタップをあまり持ち上げないことでこれをほとんど防ぐことができるが、

どうにか起きれば自爆する

51%が悪意を持って自己破壊する – 正直な開発者は別のDAICOを作ることができる

(i)攻撃者によって選択された他の第三者に資金を送って、(ii)tap契約に残っている資金を永久に維持することを低くすることは、

どちらもメカニズムによって単純に禁止されている。

バリエーション

呼称tap米ドル/秒であり、いくつかの価格フィードを使用

ETHの代わりにDAIを資金調達通貨として使用する

単なる投票以外のメカニズムを試してみてください

https://ethresear.ch/t/explanation-of-daicos/465

まとめ

DAICOについてですが、51%アタックの改善やゲーム理論的脆弱性の議論が出ていましたが、

今後のICOのコントラクトベースで標準化されていく可能性はありそうですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE