FX-EA System Project
FX-EA System Project

失った人の「強さ」を感じて

ニュース

アカデミー賞主演男優賞のディカプリオを

WOWOWの放送で見て、

その素晴らしいスピーチに感動しました。

無冠の帝王と言われた彼が、

やっと獲得した大きな賞ですから、きっと、

自分のことを誇示するようなメッセージが

少しは織り交ぜられるかと思ったのですが、、、

周囲の方への感謝、両親への感謝を

ただただ述べた姿は、とても美しかったです。

そして、

今夜起こったことが、当たり前だと思わない

という姿勢には、

今後、もっと素晴らしい演技で

世界を魅了してくれることを期待させられました。

今回のアカデミー賞は、

白人偏重」で騒がれていました。

実際に、授賞式でも、

何度も「黒人」と「白人」のあり方が

司会者、出演者から提議されました。

世界情勢が不安定になっている中、

私達が真剣に考えなければいけないことが

大きな舞台で語られたような気がします。

強欲の政治家から、地球を救おう

という、ディカプリオの最後のメッセージも、

深い意味が込められていましたね。

さて、アカデミー賞の興奮のまま、

久しぶりに「Ray」を見ました。

レイ・チャールズの人生を描いた、

ジェイミー・フォックスが10年前に

アカデミー主演男優賞を受賞した作品です。

7歳で失明してしまったレイの生涯は、

薬物におぼれる半生でもあったのですが、

失った人だからこそ生み出せる偉大な力

感じさせてくれるものです。

この映画を通して、

私達人間に眠る大きな力への期待と、

私達が手にしている力への感謝が

溢れ出しました。

誰だって、光を失えば、

ものを見ることがどんなに素晴らしいか

理解できるはずです。

それが、たとえあなたの

嫌いな人の顔であったとしてもです。

また、音を失えば、

耳に入る音の素晴らしさを痛感するはずです。

それが、万が一、あなたの

悪口だとしてもです。

失う前に、

今手にしているものの有り難さに気付き、

人生の素晴らしさを感じていたいですね。

映画から得られる学びは、

とてもとても大きいと再実感しました。

ディカプリオの「レヴェナント」も、

心から楽しみにしています。

ニュース
LINE@現在5900人突破中!!
LINE@現在5900人突破中です!! LINE@登録者限定に前もって最新情報を提供します!! ブログよりも先に案件や面白いビジネスなど発信するのでぜひ登録しておいてください!!
masayaをフォローする
info free style

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE