FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】TRON(トロン)が3月29日に高騰中!?理由は3つ!?情報についてまとめてみた

TRON(トロン) 3月29日 高騰 仮想通貨

今回は、TRON(トロン)が3月29日に高騰中!?理由は3つ!?情報についてまとめてみました。

TRON(トロン)とは

TRON(トロン)については下記の記事を参照してください。

TRON(トロン)が3月29日に高騰中!?

TRON(トロン) 3月29日 高騰

TRON(トロン)が3月29日に高騰しています。

3月19日の底値から3月29日の朝で約2倍になりました。

今回は、TRON(トロン)が3月29日に高騰した理由についてご紹介したいと思います。

TRON(トロン)が3月29日に高騰した3つの理由

TRON(トロン)のTRXバーン

TRON(トロン) TRX バーン

TRON(トロン)のバーンも高騰の一つの理由ですね。

仮想通貨で言うバーンとは既に発行されている通貨の何割かを使えないようにすることで

強制的に発行総数を減らして希少価値を上げることをいいます。

総発行数が減ることで、流通する通貨が少なくなるわけですからその通貨に一定以上の価値(取引するに値する価値を保有)があれば

当然少なくなった通貨を取り合うことになるので高騰するというわけです。

今回のTRON(トロン)のバーンは一気に焼却するわけではなく、取引に応じて少しずつ減らして行くとのことです。

急激な高騰は起こらないですが、焼却されたことで価値は高まりますね。

TRON(トロン)のTestnet(テストネット)公開

TRON(トロン) Testnet(テストネット)

3月31日に控えたテストネットも高騰の一つの理由だと思います。

メインネット公開に向けての様々なトラブルシューティングを行うようです。

メインネットのローンチは7月1日を予定されていましたが5月31日に前倒しされます。

つまり開発が予定以上に順調に進んでいるようですね。

テストネットは、フルノードで起動し、カスタム仮想通貨の反映、取引の送受信、投票システムの利用が可能になります。

TRON(トロン)のメインネットが完成すれば、Ethereum(イーサリアム)のポジションを狙うことはできますね。

長期的に見れば、TRON(トロン)が基軸通貨になる可能性はあります。

マカフィー砲

TRON(トロン) マカフィー砲

高騰の理由の1つにマカフィー砲も考えられますね。

マカフィーのツイッターの発言では、

「トロンが消え失せることは無い」

とのツイートが影響してそうですね。

まとめ

TRON(トロン)は日本でのホルダーが多いので、今回の高騰で少し盛り上がっていましたね。

あとは、TRON(トロン)のメインネットが実際できたあとがどうなるのか非常に興味深いです。

中国でも仮想通貨の規制などが緩和されていけば、TRON(トロン)も注目されると思うので、チャイナマネーが

また仮想通貨市場に流れ込んだら仮想通貨全体に春が訪れそうですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE