FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いたコンテンツエンターテインメントシステムの「TRON(トロン)」についてまとめてみた

TRON(トロン) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いたコンテンツエンターテインメントシステムの「TRON(トロン)」についてまとめてみました。

TRON(トロン)とは

TRON(トロン)とは中国発の仮想通貨です。

現在、時価総額ランキングでも、17位などに入っています。

TRON(トロン) 仮想通貨

TRON(トロン)の創業者はJustin Sun(ジャスティン・サン)氏で、

TRON(トロン)を採用する音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のCEOでもあります。

TRON(トロン)はブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指す

ブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

このプロトコルは各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、

分散された自律的な形態でコンテンツの配信、購読およびプッシュを決定し、デジタル資産をリリース、流通および処理します。

TRON(トロン)のチームメンバーは、発明の瞬間からの議定書が小グループの利益を上げるツールではなく、

人間にとっての資産であると確信しているTim Berners-Leeによるメンバーです。

TRON(トロン)の開発チームをサポートし、オープン性、公平性、透明性の原則でトロンネットワークを運用することを主な目的とする

非営利団体であるシンガポールのTron Foundationを設立しました。

TRON(トロン)財団は、会計および企業規制当局(ACRA – Accounting and Corporate Regulatory Authority)の承認を得て、

シンガポールの会社法の監督および規制の下で設立されています。

これは、独立行政法人から独立した独立した経営と運営のために、適格受託者によって形成された理事会または理事会によって運営されています。

シンガポールは、安定した確立された法律と金融環境で有名です。

シンガポールに設立された非営利団体であるTRON(トロン)財団は、

シンガポールの法律に基づき、公的または私的利益のための活動を支援し、関与する商業的利益を持たない法人です。

財団が取得した利益は余剰とみなされ、他の活動やイベントの組織と実施のために保持されます。

財団のメンバーは、利益の分配に決して参加しません。

1000万人以上のユーザーを抱えるPeiwo Appは、最初のトロン互換エンターテインメントAPPになります。

TRON(トロン)の特徴

・ユーザが自由にデータを管理し、自律的なコンテンツの配信およびデジタル資産の流通を行う。

・資本家ではなくコンテンツクリエイターによって推進されるプラットホームを生み出す。

・将来的にオンラインゲームプラットフォームも構築される予定。

TRON(トロン)の概要

通貨名(通貨単位):TRON(TRX)

最大供給量:100,000,000,000 TRX

現在の供給量(記事作成時):10,066,908,392 TRX

公開日:2017年8月28日

TRON(トロン)のすごいところ

・TRON(トロン)はBinance(バイナンス)でのICOは30秒で完売

・仮想通貨業界では大物のJihan Wu(ジハン・ウー)氏がTRON(トロン)に投資している

TRON(トロン)の今後の好材料

・12月22日にOKEx取引所に新規上場した

・Justin Sun氏が日本に入国

・会員数1000万人の「Peiwo」にTRON(トロン)が導入

TRON(トロン)の公式サイト

TRON(トロン)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://tronlab.com/en.html

TRON(トロン)のホワイトペーパー

TRON(トロン)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://tronlab.com/en.html#book

まとめ

TRON(トロン)は、Jihan Wu(ジハン・ウー)が投資していますし、好材料もあるので、

非常に期待できるアルトコインの一つかなと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE