FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Triggers(トリガース)が1月12日にbittrex(ビットレックス)上場廃止!?上場廃止の原因は?情報についてまとめてみた

Triggers(トリガース) bittrex(ビットレックス) 上場廃止 仮想通貨

今回は、Triggers(トリガース)が1月12日にbittrex(ビットレックス)上場廃止!?上場廃止の原因は?情報についてまとめてみました。

Triggers(トリガース)とは

Triggers(トリガース)については下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】銃の安全な管理に使用される最近話題の「Triggers(トリガース)」についてまとめてみた
今回は、銃の安全な管理に使用される最近話題の「Triggers(トリガース)」についてまとめてみました。

Triggers(トリガース)が1月12日にbittrex(ビットレックス)上場廃止!?

Triggers(トリガース) bittrex(ビットレックス) 上場廃止

Triggers(トリガース)が1月12日にbittrex(ビットレックス)上場廃止されました。

もちろんはTriggers(トリガース)は当然大幅な暴落となっています。

現在の価格は日本円で約632円程度で、前日比からマイナス26%暴落しています。

https://coincap.io/TRIG

Triggers(トリガース)が1月12日にbittrex(ビットレックス)上場廃止する原因は?

Triggers(トリガース) bittrex(ビットレックス) 上場廃止

Triggers(トリガース)が1月12日にbittrex(ビットレックス)上場廃止する原因は、

Triggers(トリガース)のburnが原因かと予想ができます。

いろいろ議論されてますが確証はありません。私の憶測です。

仮想通貨のburnとは、既に発行されている通貨の何割かを使えないようにすることで強制的に発行総数を減らして希少価値を上げることをいいます。

総発行数が減ることで、流通する通貨が少なくなるわけですからその通貨に一定以上の価値(取引するに値する価値を保有)があれば

当然少なくなった通貨を取り合うことになるので高騰するというわけです。

burnによって減らされる通貨の枚数は通貨によって異なりますが通貨によってはいっきに発行総数の8割以上をburnすることもあります。

Triggers(トリガース)は2017年9月に100,000,000TRIGのうち67%(約70%)をburnを行いました。

同じくburnした銘柄はインサイダーや証券性をもつ可能性があるとの理由で過去に廃止されています。

bittrex(ビットレックス)の上場廃止基準は?

Triggers(トリガース) bittrex(ビットレックス) 上場廃止

気になるのは、bittrex(ビットレックス)の上場廃止基準だと思いますが、bittrex(ビットレックス)に以下のような基準が設けられていました。

原文:

・Markets with less than 0.5 BTC (or equivalent) of average daily volume over a 7 day period and have been on Bittrex for 4 weeks or more.

・Markets that consistency dip below the minimum volume requirement.

・Markets with 0 daily volume.

・Markets with low liquidity. Less that 15 BTC on the Buy side of the order book for Bitcoin markets.

・Coins with no developer support or public developments.

・Coins without working blockchains.

・Coins which do not adhere to their target block times.

・Coins with weak blockchain security. e.g. Low hash rates which can be exploited.

・Coins which violate our policies.

・Coins which have compliance issues.

翻訳:

・Bittrexで4週間以上使用されているBTC(または同等のもの)が7日以上の平均1日量の市場。

・一貫性のある市場は、最低必要量を下回ります。

・毎日0ボリュームの市場。

・流動性の低い市場。 Bitcoin市場の注文書の購入側では15 BTC未満です。

・開発者のサポートや公開されていないコイン。

・作業ブロックチェーンのないコイン。

・目標ブロック時間に付着しないコイン。

・ブロックチェーンセキュリティが弱いコイン。 例えば 低いハッシュレートが悪用される可能性があります。

・私たちの政策に違反するコイン。

・コンプライアンスの問題があるコイン。

bittrex(ビットレックス)内にあるTriggers(トリガース)はどうなるの?

現在bittrex(ビットレックス)内にあるTriggers(トリガース)のウォレットは送出金できない状況にあります。

これは、Binance(バイナンス)との価格差や、

一気に送金することでのbittrex(ビットレックス)の負担を軽減させるためのものと思われます。

bittrex(ビットレックス)では過去上場廃止になった通貨のウォレットは未だ健在しているので、あまり心配しなくても良さそうです。

Triggers(トリガース)が1月9日に2つの取引所に上場

悪いニュースもありましたが、良いニュースもあります。

Triggers(トリガース)が1月9日に2つの取引所に上場します。

なので、価格がこれで戻ってくる可能性はあるかなとは思っています。

まとめ

Triggers(トリガース)にとっては、あまり良くないニュースですが、これで売ってしまうのは、もったいないなーとは思います。

やはり、どの銘柄も長期的に見てガチホです。

ガチホが最強なんです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE