〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【株】日銀は日経平均株価が1万8400円前後に下がると含み益が吹き飛ぶ!?今後の日本に対する影響は!?情報についてまとめてみた

日銀 日経平均株価 1万8400円前後 含み益 吹き飛ぶ

日銀は日経平均株価が1万8400円前後に下がると含み益が吹き飛ぶ!?

今後の日本に対する影響は!?情報についてまとめてみました。

日銀含み益が吹き飛ぶ!?

日銀 日経平均株価 1万8400円前後 含み益 吹き飛ぶ

日銀は2018年も6.5兆円をETF買い入れしたりと、

【株】日銀のETF購入額がなんと6.5兆円まで跳ね上がる!?今後債務超過する可能性も!?情報についてまとめてみた
今回は、日銀のETF購入額がなんと6.5兆円まで跳ね上がる!?今後債務超過する可能性も!? 情報についてまとめてみました。

かなり深刻な状況です。

なんと、日銀は日経平均株価が1万8400円前後に下がると含み益が吹き飛ぶようです。

今回はこの情報についてご紹介したいと思います。

日銀は日経平均株価が1万8400円前後に下がると含み益が吹き飛ぶ!?

日銀 日経平均株価 1万8400円前後 含み益 吹き飛ぶ

日銀は日経平均株価が1万8400円前後に下がると含み益が吹き飛ぶようです。

以下は本文の引用文です。

日銀が株価の下支えをにらんで続けている日本株の購入。

市場への過度な影響といった副作用だけでなく、日銀自身に及ぶ副作用もくすぶり始めた。

株価が上昇するなかで「爆買い」を続けてきた結果、日銀の保有株の簿価も上昇。

株価が下がった際に含み損が膨らむリスクが高まってきた。

日銀は高値づかみのツケへの対処に苦慮しそうだ。(後藤達也、浜美佐)

1月29日、日経平均株価は乱高下した。前日の米株安を受け、午前に一時200円以上下がったが、

午後は上昇に転じた。この反転で大きな役割を演じたのは日銀だ。

日銀は日本株に連動する上場投資信託(ETF)を704億円買って売り注文を吸収した。

ツイッターの書き込みでは「日銀のおかげ。支えがなければ厳しかった」と安堵の声があった。

日銀がETFを買い始めたのは日経平均株価がおおむね1万円を割り込んでいた2010年だ。

「リスクプレミアムの縮小」を目的として購入を開始した。

当初の購入上限は4500億円だったが、13年の黒田東彦総裁の就任後、購入額が増加。

16年には年3兆円強から6兆円にほぼ倍増させる方針を打ち出した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41376120W9A210C1SHA000/

715億円もつぎ込んでこれってかなり深刻なんですよ。

流れはこんな感じです。

『日銀が買う→株価上がる→利確で売る外国人→株価下がる→日銀が買う…』

の繰り返しで、資産は国外流出して将来の国債償還費用は増税で賄うというビジョンが見えます。

金利が上がると国債の価格が下がるので、日銀が債務超過になります。

債務超過とは、バランスシートで負債が資産を上回ることです。

国債や円の信用が暴落して通貨危機になります。

つまり日銀は私達の年金資金を外国人投資家が儲けるように遣われていており、

年金は底をついて株価は暴落するから売るに売れない状況になります。

これからが本当に恐ろしい現実が日本にやってきますよ。

日銀は日経平均株価が1万8400円前後に下がると含み益が吹き飛ぶことに対してSNSの反応は?

まとめ

つまりアベノミクスがやっていたことはドーピングと一緒なんですよね。

すごいマッチョに見えるけど実はそれはドーピングで作らた見せかけの筋肉なんです。

そのドーピングに日銀が715億円も突っ込んで、

今後、相場が崩壊した時、ツケを払わされるのは私達ですからね。

国民全員でババ抜きゲームが繰り広げられるわけです。

タイトルとURLをコピーしました