FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】米議会上院でTether(テザー)/USDTの疑惑証言の公聴会は延期!?情報についてまとめてみた

米議会上院 Tether(テザー)/USDT 疑惑証言 公聴会 延期 仮想通貨

今回は、米議会上院でTether(テザー)/USDTの疑惑証言の公聴会は延期!?情報についてまとめてみました。

Tether(テザー)/USDTとは

Tether(テザー)/USDTはドルと連動した仮想通貨です。

ドルの安定性と、仮想通貨の運用しやすさを合体させるというアイデアから生まれました。

仮想通貨の関係者たちは「ステイブル・コイン(stable coin:安定したコイン)」と呼びます。

Tether(テザー)/USDTは、2015年に作られた。当初は「リアルコイン(Realcoin)」と呼ばれていました。

CoinMarketCap.comによると、テザー(取り引きでの表記は、USDT)は現在、20億ドル相当が流通している。

2017年11月には3100万ドル(約34億円)がハッキングされている。

Tether(テザー)/USDTについては下記の記事を参照してください。

Tether(テザー)/USDTの発行会社は?

Tether(テザー)/USDTは、同名のTether(テザー)が発行しています。

ニューヨーク・タイムズによると同社はイギリス領ヴァージン諸島で設立され、同社のウェブサイトには、本社は香港にあり、アメリカにもオフィスがあると記載されています。

Tether(テザー)の経営陣の多くは、香港にある世界最大級の仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)の経営陣も兼ねています。

Tether(テザー)/USDTの疑惑についてのまとめ

・Bitcoin(ビットコイン)の価格は、アメリカの規制当局が仮想通貨Tether(テザー)/USDTの発行会社を調査しているとのニュースを受けて下落している。

・Tether(テザー)/USDTについては噂が絶えなかった。Tether(テザー)/USDTは、ドルと連動する「ペッグ制」をとっているが、

発行会社テザーは実際には、発行量に相当するドルを保有していないのではないかと噂されている。

・Tether(テザー)/USDTは疑惑を強く否定している。

・だが彼らの主張が事実だとしても、仮想通貨マーケットにおいて中核的な役割を担っているゆえに、Tether(テザー)/USDTに対する懸念は、

Bitcoin(ビットコイン)や取引所に影響を与えかねない。

Bitcoin(ビットコイン)の価格は、米国商品先物取引委員会(CFTC)がTether(テザー)/USDTとビットフィニックス(Bitfinex)の2社に召喚状を出したとのニュースを受けて下落している。

ここ数カ月、Tether(テザー)/USDTについての懸念が仮想通貨マーケットで広がっていた。ドルと連動する「ペッグ制」が特徴のTether(テザー)/USDTは、bitfinexを含め、

多くの主要な仮想通貨取引所の運営に欠かせない。だが発行会社Tether(テザー)/USDTは、発行量に相当するドルを保有していないのではないかという疑念がある。

米議会上院でTether(テザー)/USDTの疑惑証言の公聴会は延期!?

米議会上院で行われるTether(テザー)/USDTの疑惑証言の公聴会は延期になったという情報が入りました。

公聴会は本日深夜のままですが、CFTCの技術諮問委員会公開会議が2/14に延期になったということですかね?

https://coingape.com/why-february-6th-is-significant-for-cryptocurrency-market/

https://www.sec.gov/news/upcoming-events/virtual-currencies-oversight-role-sec

韓国最大の取引所UpbitがTether(テザー)/USDT問題について言及!?

韓国最大の取引所UpbitがTether(テザー)/USDT問題について言及しています。

Upbit内でもUSDT取引が活発に行われていますが、もし仮にテザー問題が起こったとしても、Upbitの顧客であれば、保有しているテザーと同額のドルを保証すると発言しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

想通貨(パスワード貨幣・仮想通貨)取り扱い店(取引所)アップビートが

最近支払保証が不可能だという疑惑が起きているテザー(Tether)コインのドルの価値を保証することにした。

国内投資家はテザー問題がぽんとも安心して取引することができた。

7日アップビットは自社でテザーを保有している顧客に、今後テザー社支払保証の問題が発生しても保有量のドルの価値だけの報酬と発表した。

テザーは、取引の便宜のため、1テザーの価値を1ドルに固定させたコインである。

アップビートは、米国取引所であるビットレックス(Bittrex)との提携を通じ、国内投資家もテザーを基軸とした仮想通貨取引をサポートしている。

テドサによって2015年に市場にリリースされ、1テザーは1ドルだ。発行量は約22億つだ。

1ドル1テザーであるため、時価総額も22億ドル(2兆4000億ウォン)だ。時価総額の規模では15位だ。

香港のビット血ネックス(Bitfinex)で主に取引されているパスワードの通貨で、ドルと連動されたという点で安定性を強調している。

しかし、実際のテザーがドルに連動しているのか、テザーを取引するビットファイネックスは、顧客が要求する場合、ドルで支払うことができる十分な準備金があるか疑惑が絶えなかった。

最近テザー社テザー発行量だけのドル保有残高を確認する外部の会計事務所に監査を拒否し、この問題が仮想通貨市場全体の不安要素として作用し始めた。

これらの問題を含めて、様々な疑惑が提起され、米国商品先物取引委員会は、テザー発行会社とビット血ネックスに召喚状を発行した。

アップビートは、顧客の保有テザー全額保証することにし、国内ユーザーのテザーのリスクは消える見通しだ。

アップビート側の関係者は、「最近、テザーと関連した様々な疑惑が起きているという点を認識している」とし

「問題が発生しても、その上テザーを保有している顧客には保有量とほぼ同じドルを補償する計画だ」と述べた。

http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1592309

まとめ

Coincheck(コインチェック)の問題や、Tether(テザー)/USDT問題落ち着くまでに、

いかに仮想通貨の枚数増やせるかの勝負ですね。

なので、相場が落ち着くまでにどんどん保有枚数を増やしたほうがいいです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE