FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】法定通貨と同価値になるペッグ通貨の「Tether(テザー)」についてまとめてみた

Tether(テザー) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、法定通貨と同価値になるペッグ通貨の「Tether(テザー)」についてまとめてみました。

Tether(テザー)とは

Tether(テザー)とは、Bitcoin(ビットコイン)のブロックチェーンを利用したトークン発行プラットフォームであるOmniのトークンの一種として発行されます。

運営は、Tether Limitedが法定通貨の管理しており、そしてProof of Reserves(PoR)というシステムによって新規のTether(テザー)を発行しています。

Tether Limitedに法定通貨を預けると同額のTether(テザー)が発行され、

Tether Limitedから法定通貨を引き出す時にはTether(テザー)を入金すると引き出すことが出来ます。

その入金したTether(テザー)は消失するという仕組みになっています。

Tether(テザー)の特徴

・米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨

よく扱われているのがUSDT(USD Tether)で、

ほとんどの場合は、1USDT≒1USDというほぼ等価の図式が崩れることはないです。

Tether(テザー)は、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われていることもあります。

・仮想通貨の中でも特に中央集権的であるため、リスクもある

Tether(テザー)は、中央集権的な仮想通貨であるので、

中央集権者であるTether Limitedが破綻したり、不正をする可能性や、法定通貨を預けている銀行が破綻、ハッキングされる等のリスクもあります。

Tether(テザー)のリスク

・Tether Limitedが潰れる可能性がある

・Tether Limitedが利用している銀行が潰れる可能性がある

・Tether Limitedが利用している銀行が資金を差し押さえる可能性がある

・Tether Limitedが資金を持ち逃げする可能性がある

Tether(テザー)の今後の可能性

ビットコインを始めとした多くの仮想通貨は価値が不安定であることから、通貨としては使いづらいという点が課題の一つとして挙げられていました。

Tether(テザー)はこれを「法定通貨にペグする」という考え方にもとづき解決を図りました。

一方でほかの暗号通貨にはないカウンターパーティリスクが加わってしまった、と言えるでしょう。

今後Tether(テザー)がさらに普及していけば法定通貨という枠組みを保ちつつ仮想通貨の利便性や安全性のメリットを享受することができます。

カウンターパーティリスクをできるだけ軽減すべくセキュリティ面を強化することで、

人々が現金を持ち歩くことなく日常的にTether(テザー)を用いて支払いを行う未来がやってくるかもしれません。

Tether(テザー)の公式サイト

Tether(テザー)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://tether.to/

Tether(テザー)のホワイトペーパー

Tether(テザー)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

http://www.the-blockchain.com/docs/Tether%20Whitepaper.pdf

まとめ

独特の仮想通貨のなので、一応頭に入れておいてもいいと思います。

日々刻々と、新たな仮想通貨が誕生しているので、それぞれの仮想通貨の特徴などは理解しておいた方がいいですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE