FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Telegram(テレグラム)のICOであるTelegram Open Network(TON)は850万ドル資金調達した!?情報についてまとめてみた

Telegram Open Network TON ICO テレグラム 仮想通貨

今回は、Telegram(テレグラム)のICOであるTelegram Open Network(TON)は850万ドル資金調達した!?情報についてまとめてみました。

Telegram(テレグラム)とは

Telegram(テレグラム)はスラックよりも簡易的で、LINEに近いメッセージツールです。

仮想通貨関連のプロジェクトでは主催者側と不特定多数の参加者がコミュニケーションを取る上で、

LINEやFacebookよりも匿名性が高いツールとして、採用されるケースが多いです。

Telegram(テレグラム)を使っているユーザーは世界で2億人使っている巨大なメッセージツールです。

Telegram Open Network(TON)とは

Telegram Open Network(TON)とは世界で2億人以上が使用するチャットアプリのTelegram(テレグラム)のICOになります。

Telegram Open Network(TON)については、下記の記事を参照してください。

【ICO】2億人が使うチャットアプリ「Telegram(テレグラム)」が仮想通貨史上最大のICO「Telegram Open Network(TON)」を実施!?情報についてまとめてみた
今回は、2億人が使うチャットアプリ「Telegram(テレグラム)」が仮想通貨史上最大のICO「Telegram Open Network(TON)」を実施!?情報についてまとめてみました。

Telegram(テレグラム)のICOであるTelegram Open Network(TON)は850万ドル資金調達した!?

Telegram(テレグラム)のICOであるTelegram Open Network(TON)は850万ドル資金調達した模様です。

以下は本文を翻訳した内容です。

ファイリングによれば、Telegramの10億ドルのICOは、チャットアプリの会社が最初の8億5000万ドルを調達した後、最初のマイルストーンに達したようだ。

今週初めにSECに提出された文書は、「TONブロックチェーンの開発、テレグラム・メッセンジャーの開発とその他の目的のために」資金が調達されたと述べている。

このセキュリティは「暗号化の購入契約」とTelegramのCEO、Pavel Durovが署名しています。

TelegramのTONホワイトペーパーの詳細については、これまでの記事をお読みください。

この最初の合計は、TechCrunchが先月広範かつ詳細に報告したように、

テレグラムのグラムトークンを購入するために大幅な割引を受けたベンチャーキャピタル企業と投資コミュニティのトップを対象としたICOの事前販売段階である可能性が最も高い。

ブルームバーグの報道によると、当初の売却は6億ドルの増加を目標としていたが、需要は8億5000万ドルにまで上がったという。

テレグラムは当初、TechCrunchによると、3月からの公開販売を通じ、TONプロジェクトを開発するためにさらに6億ドルを調達する予定だったが、

その数字が調整されるかどうかはまだ分かっていない。ブルームバーグはこれまで、公共販売コンポーネントが11億5000万ドルに拡大し、

成功すれば総額は約20億ドルに増加すると提唱した。

テレグラムCEOのデュロフは、執筆の時点で電子メールによるコメント要請には返答しなかった。

いずれにしても、これまでに見られた最大のICOであることが約束されています。販売前の数字だけでは、他のすべてのICOがある程度上回っています。

この売却はテレグラムの最初の外部投資を意味し、ドログロと彼の兄、ニコライはVKontakte(ロシアのFacebookと呼ばれることが多いソーシャルネットワーキングサイト)を設立した。

デュオは2014年にロシアから脱出した。彼らは投資家との間でリンクを張ったと主張し、後にテレグラムを設立した。

主にテレグラムの暗号コミュニティ内でのユニークな立場のため、トークンの販売に関する需要は前例がありませんでした。

そのメッセージングアプリは、大多数のICOプロジェクトで使用されています。

そのグループ機能は、「ポンプとダンプ」のようなより多くの要素を含む暗号ウォッチャーの間で特に人気があります。

クォーツは最近、プリセールス投資家が価格の倍の価格で売却を行っていると報じたが、他の人は注意から売却していないという。

TechCrunchが先月書いたように、偽の詐欺師たちが偽のウェブサイトや関心を払うためのキャンペーンを設定して、誇大宣伝が行われていることは間違いない。

プロジェクト自体については、テレグラムはメッセージングアプリと一緒に一連のサービスを開発することを目指しています。

DropcoinやICO会社のFilecoinなどのサービスに似た分散ファイルストレージ

ブロックチェーンに基づいて分散VPNサービスとTORのようなセキュアなブラウジング環境を作成するためのプロキシサービス

分散アプリ、スマートコントラクト、分散型Webブラウジングエクスペリエンスのためのサービス

マイクロペイメントとピアツーピア取引の支払い

早期の「MVP」バージョンのTONは、2018年第2四半期にリリースされる予定であり、テレグラム・ウォレット・サービスは今年の最終四半期に鉛筆で刷新されています。

それを超えると、TONサービスは2019年に開始される予定ですが、Telegramは依然としてそれを可能にする基盤技術を開発しています。

それにもかかわらず、今年は新製品の出荷に忙しかった。

今月、Telegramは、AndroidとiOS向けのメッセージングアプリケーションの新バージョンを発表したが 、

一部のユーザーが児童ポルノ を共有していることが判明した後、Appleから ダウンロードしてアプリを簡単に削除した。

同社はまた、企業がメッセージングアプリケーションを介してユーザーとつながることを可能にするWebプラグインをリリースした。

https://techcrunch.com/2018/02/16/telegram-ico-850-million/

まとめ

Telegram Open Network(TON)は購入したいICOの一つなので、今後どれだけ資金調達できるのか楽しみなところですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE