FX-EA System Project
FX-EA System Project

【若者絶望のお知らせ】サマータイム東京オリンピックが終わっても恒久的に運用を検討!?情報についてまとめてみた

サマータイム 東京オリンピック 恒久的 運用 検討 大学生&社会人

今回は、サマータイム東京オリンピックが終わっても恒久的に運用を検討!?

情報についてまとめてみました。

サマータイムは本当ににやばい制度

サマータイム 東京オリンピック 恒久的 運用 検討

サマータイムは現在ネットなどでもかなり議論されている話題です。

【若者絶望のお知らせ】2020年東京オリンピックのためにサマータイムが導入される!?ついに国民全員にまで影響が出る!?
今回は、2020年東京オリンピックのためにサマータイムが導入される!? ついに国民全員にまで影響が出る!?についてです。

今回、サマータイム制度を東京オリンピックが終わっても

恒久的に運用を検討しているということがわかりました。

それについて記事にしていきたいと思います。

サマータイム制度を東京オリンピックが終わっても恒久的に運用を検討!?

サマータイム 東京オリンピック 恒久的 運用 検討

サマータイム制度を東京オリンピックが終わっても恒久的に運用を検討しているようです。

以下は本文の引用文です。

安倍晋三首相(63)は7日、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策などを含め、

国全体の時間を夏の間だけ2時間早める

サマータイム(夏時間)制度について検討するよう自民党に指示した。

当初は19、20年の2年に限る案もあったが、

五輪を契機に恒久的に夏時間を運用する方針であることも党幹部らへの取材で分かった。

安倍首相と官邸で会談した大会組織委員会の森喜朗会長(81)によると、

安倍首相は「国民の関心は高い。やるならば国民生活に影響する」などと語ったという。

猛暑対策の一つとして、2年後に開催される東京五輪・パラリンピックを契機に

「夏時間」が制度化される可能性が出てきた。

自民党幹部によると、秋の臨時国会で制度・設計に向けた議論を行い、

議員立法による成立を目指す。

当初は夏時間を19、20年に限る案も浮上していたが、

その都度、必要になるIT関係のシステム変更に伴う負担などが大きいとして、

東京五輪後も恒久的な制度とする方針。

野党とも合意を取りながら、議論を進めていくとしている。

夏時間は先進国を中心に70か国以上で導入され、日本でも環境省などが検討を進めてきた。

例えば2時間のサマータイム制の場合、始業時間9時は現状の7時となる。

導入のメリットは省エネや温室効果ガス削減があり、酷暑への対策もしやすい。

明るい夕方の時間が増えるため、観光、ボランティア活動なども活発になる。

日本生産性本部は、2004年に約9700億円の経済波及効果があると試算している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000025-sph-soci

サマータイムは悪影響が多く存在している

サマータイム 東京オリンピック 恒久的 運用 検討

以前の記事でも書きましたが、既にサマータイム制度は海外で実施されて

国民に悪影響が多く存在することから廃止になっています。

サマータイムを導入した場合にどんな悪影響があるのかを箇条書きで記載しました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nishidamasaki/20180807-00092263/

不眠になる

朝型人間か夜型人間かのクロノタイプで異なり、夜型人間では時差変更による不眠は強く出現する。

フィンランドでは、春の時刻変更後に睡眠時間が約1時間短縮することや、

睡眠効率が10%低下することが明らかにされた。

夜型傾向の強いティーンエージャーの男子は、より不眠や睡眠不足の悪影響を被るだろう。

自殺が増加する

オーストラリアの男性グループでは、秋の時刻変更後(南半球なので夏時間への移行時)に、

自殺者が増加したという。不眠と自殺との関連性を考えれば当然であろう。

慣れるのに時間がかかる

ドイツで行われた5万5千人の調査では、

わずか1時間のサマータイムでも体内時計が同調するには、

予測を超える約3週間もの期間が必要であった。早い時間での退社は夕方の自然光にあたるため、

体内時計の位相後退(寝るのが遅くなる)を来すためと考えられる。

寝室環境が劣化する

特に西日本では(近年では猛暑は全国的な傾向ではあるが)、夏場は昼間の暑さが抜けきらず、

太陽の輻射熱で蓄熱した寝室が冷めきらないうちに眠りにつかなければならない。

クーラーでガンガン冷却すればいいが、

サマータイム本来の目的である電力消費との節減に矛盾する。

交通事故が増加する

サマータイム導入前後で、イギリスでは10.8%増加、ドイツでは6.0%増加している。

アメリカでの5年間の調査では、冬時間への変更で午後の交通事故が急激に増加している。

午後の光の照度が急激に低下するためと考えられる。

心身の病気が増える

サマータイムと生活習慣病やうつ病との関係を直接調べた研究はほとんどない。

しかし上記のように、サマータイムは不眠を生じやすいことは示されている。

不眠が心身の病気のリスクを高めることは数多くの研究で既に実証されており、

サマータイムが心身の病気のリスクを高めることは十分にありうる。

不登校が増える

睡眠不足に弱い子どもに、サマータイムの悪影響はより強く現れる。

睡眠障害の子を持つ親を対象にしたアメリカの調査では、

6割以上がサマータイム開始時に子どもの睡眠に影響が出たという。

不登校は、夏休みなど長期休暇が終わった直後から多く見られるが、

休み中に後退した生活時間を急に前進させて学校時間に合わせることができず、

いろいろな不調が生じることによって生じる。サマータイムは、この悪循環を強化する。

高齢者の活動が制限される

早起き傾向の高齢者にとって、サマータイムは有利に見えるが、実際はそうでもない。

暑い日中時間帯に活動すれば、熱中症や脱水など身体への脅威が高まる。

暑いからといって部屋の中ばかりにいたら、社会的接触や活動が減ってしまう。

孤独や活動度低下は、認知症のリスクだ。

睡眠障害・精神障害が悪化する

サマータイムの影響は、既に睡眠障害や精神障害に悩んでいる人々にとっては

さらに強いと考えられる。日本人は世界でももっとも睡眠時間の短い国民であり、

現在4~5人に1人が不眠の問題を抱えていると言われる。う

つ病やストレスに伴う不眠も多い。メンタルヘルス問題の増加が社会問題化しているところに、

サマータイムを導入すればさらにストレス増となることは間違いない。

サマータイム開始で睡眠がさらに少しでも減ると、

睡眠負債に悩む人たちすべてにとって「ダメ押し」になってしまう可能性大だ。

省エネ効果は低い

エネルギー消費の抑制に貢献するかについても、最近の調査や研究では否定的である。

産業総合研究所が東京で行った調査では、

午後4時終業のサマータイムでオフィスの電力需要は10%減るが、集合住宅で27%、

一戸建てで23%それぞれ増え、全体では4%増となった。

アメリカでも暑い時間帯に帰宅することで家庭の冷房使用が増え、

電気使用量が1~4%増えたという。

サマータイムは経済効果ではなく経済損失

サマータイム 東京オリンピック 恒久的 運用 検討

サマータイムは経済効果ではなく経済損失だと思っています。

政府の考える経済効果というのは、サマータイムのためのシステム更新やメンテナンスであり、

無駄な生産に対して巨額のお金が使われることをです。

穴をほってその穴を埋めるレベルの生産性のなさです。

サマータイムを導入して国民に悪影響を与えながら無駄な仕事を増やしているような制度が

果たして必要なのか言われると疑問ですね。

まとめ

サマータイムは本当に愚策としか言いようがありませんね。

しかも経済効果があると言っている連中は無駄な仕事を増やして国民の健康や心身を脅かして

何をしたいのでしょうか?

東京オリンピックが日本のちょうどいい節目なのかも知れません。

日本に失望した人はどんどん海外で生活するべきだと私は思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE