FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】スイス金融監督当局(FINMA)がICO支援のガイドラインを策定!?情報についてまとめてみた

スイス金融監督当局(FINMA) ICO ガイドライン 仮想通貨

今回は、スイス金融監督当局(FINMA)がICO支援のガイドラインを策定!?情報についてまとめてみました。

スイス金融監督当局(FINMA)がICO支援のガイドラインを策定!?

スイス金融監督当局(FINMA)は、資金調達法を監視し、マネーロンダリング防止法や有価証券のいずれかで規制することを明らかにするICOガイドラインを発表した。

スイス金融監督当局(FINMA)は、スイスに本拠を置くICOの数が急増したことにより、適用される規制に関する照会件数が増加したことを指摘しました。

スイス金融監督当局(FINMA)は既に100以上のガイダンスの要求を受けている模様です。

なお、ガイドラインでは金融市場法および規制がすべてのICOに適用されるわけではないことを明確にしています。

このガイドラインは、発行されたトークンの目的だけでなく、トークンがICOの時点で取引可能で譲渡可能であるかどうかの両方に基づいて規制が実施される。

https://www.finma.ch/en/news/2018/02/20180216-mm-ico-wegleitung/

スイス金融監督当局(FINMA)の3つのトークンのカテゴリ

スイス金融監督当局(FINMA)の3つのトークンのカテゴリです。

・Payment Token(ペイメントトークン)

渡可能であり支払い手段として機能するトークンを発行するものである。

彼らはマネーロンダリング防止規制に従わなければならないが、有価証券として扱われることはない。

・Utility Token(ユーティリティトークン)

目的がアプリケーションまたはサービスにデジタルアクセス権を付与することである限り、有価証券とはみなされない。

Utility Token(ユーティリティトークン)が経済的な投資として機能する場合、それは有価証券として扱われる。

・Asset Token(アセットトークン)

これらのICOで発行されたトークンは有価証券とみなされる。

例えば、彼らが保有者に配当を支払ったり、収入の流れに権利を与えたりすることで、株式や債券のように扱われることを意味する。これらは厳しい要件の対象となる。

スイス金融監督当局(FINMA)のCEO、Mark Bransonのコメント

スイス金融監督当局(FINMA)のCEO、Mark Bransonは、

「ブロックチェーンテクノロジーの適用は、金融市場の枠を越えた革新的な可能性を秘めていますが、

規制された活動と同様に実施されるブロックチェーンベースのプロジェクトは、

ICOのプロジェクトと調査により、合法的なイノベーターは規制環境をナビゲートし、

投資家を保護する法律と金融システムの健全性に合致した方法でプロジェクトを立ち上げることができます。と話しています。

まとめ

ICOはもちろん世界全体から資金調達できる反面、詐欺なICOもあるのが現状です。こうした、取り組みは各国で大切になってくるのではないかと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE