FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】i2pやゼロ知識証明など今話題の技術がてんこ盛りの匿名系仮想通貨「STRAKS(ストラクス)」についてまとめてみた

STRAKS(ストラクス) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、i2pやゼロ知識証明など今話題の技術がてんこ盛りの匿名系仮想通貨「STRAKS(ストラクス)」についてまとめてみました。

STRAKS(ストラクス)とは

STRAKS(ストラクス)とは、Signatum(SIGT)という通貨がありました。

ですが、Signatumの開発チームの情報操作による相場操作が判明、開発チームはそこで散々儲けた後に逃亡し、

残った、コミュニティメンバーがSignatum(SIGT)をとしてリブランドしてできた仮想通貨がSTRAKS(ストラクス)になります。

 

STRAKS(ストラクス)の特徴

・Segwit(セグウィット)4x対応

Segwit とは Segregated Witness の短縮語で、トランザクション ID の算出対象からトランザクションに対する署名を削除し、

トランザクションから独立した署名領域 (Witness) を用いて署名をおこなうことを指します。

Segwitに対応することにより 1 ブロックに含められるトランザクションが多くなります。

・ライトニングネットワーク互換性あり

ライトニングネットワークとは、少額支払いを可能にし、手数料を削減し、ビットコインをスケールさせるためのソリューションです。

・アトミックスワップ互換性あり

アトミックスワップとは、相手を信用する前提をおかずに、互いのコインを交換することができるという手順です。

ある秘密の数字のハッシュ値を埋め込んだトランザクションを利用することでこれを実現することができる。

・i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)実装中

i2P(Invisible Internet Project)はIPプロトコルの安全性を向上させたセキュア版です。

標準TCP/IPネットワークインフラストラクチャに存在している問題点である、「通信の端点を簡単に特定して追跡が出来てしまう」ことの解消を目的としています。

・ゼロ知識証明プロトコル実装中

ゼロ知識証明は、特定のステートメントが真実であるという事実以外の情報を伝えることなく、あるステートメントが真実であることを他の人に証明できる方法です。

STRAKS(ストラクス)の特徴を見ると、結構今後の仮想通貨の中で大切な技術が詰まっている仮想通貨だなと思いました。

STRAKS(ストラクス)の概要

名称:STRAKS(ストラクス)

ティッカー;STAK

総発行枚数:1億5000万枚

現在発行枚数:約4200万枚(内3400万枚はスワップ用、700万枚は開発チーム、流通はわずか80万枚ほど)

マスターノード必要枚数:5万枚→1万5000枚に変更

STRAKS(ストラクス)の公式ニュースサイト

STRAKS(ストラクス)の公式ニュースサイトは下記のリンクになります。

https://jump-to.link/jump/to?url=https://straks.news/

STRAKS(ストラクス)のロードマップ

STRAKS(ストラクス)のロードマップは下記のリンクになります。

https://jump-to.link/jump/to?url=https://www.straks.io/roadmap.php

STRAKS(ストラクス)の取引所

STRAKS(ストラクス)の取引所は下記のリンクになります。

https://jump-to.link/jump/to?url=https://stocks.exchange/trade/STAK/BTC

STRAKS(ストラクス)の公式サイト

STRAKS(ストラクス)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.straks.io/

 

まとめ

STRAKS(ストラクス)は巷で話題なので、もしよかったら購入してみてください。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE