現代ビジネスに100%使える孫子の兵法のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は孫子の兵法についてです。

今の世の中にもある言葉戦略、戦術。

これは軍事用語から来ています。

つまりビジネスって戦争と似ている点が多くあり

今回は中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書、

戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析した

『孫子』の兵法についてまとめます。

兵は詭道なり

戦とは騙しあいである、ということ。

基本的には、企業VS企業を想定したほうがイメージしやすいです。

できるのにできないふりをして見せたり、

欲しいものを要らないように見せたり、

提携しているのに敵対しているように見せたり、

争っているように見せて裏では手を組んだりと少しブラックな戦い方ですね。

智者の慮は必ず利害に雑う

客さんに何かを買わせるためには、とにかく利を説く。

害も利に言い換えて、利によって客の心を動かします。

もしくは、害のある状態をしっかりと認識させて、利に変える方法を丁寧に説明することで

普通の人はこれで動きます。

しかし、こういった甘言に流されるのは智者ではありません。
利と害についてしっかりと分析し、何をすべきかを考えそれを実行するのが智者です。

智者は利だけでなく、また害だけでもなく、両方を合わせてよく考えよう。

善く戦うものは人を致して人に致されず

戦いがうまい人は、主導権を握り、主導権を渡さないです。

主導権を握るためには、大きな流れを把握して臨機応変な判断をしなければいけませんし、

そのためには、基礎として目的・戦略・戦術が頭の中に出来上がっていなければいけない。

主導権を握って離さないというのは、ピラミッドの頂点の要素であり、

それを支える土台がしっかりしてこそできます。

善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり

営業が苦手な人は、余計なことを言ったり、

相手の言ったことに対して適切な反応をしないために、

余計なフォローばかりに追われて契約に至らないことが多いです。

営業が得意な人は、事前に相手の反応を想定し、

それに対する対応を用意しておき自然と契約に至る流れに持っていきます。

百戦百勝は善の善なるものに非ず

百戦して百勝すれば好いことだと思うかもしれないが、実はそうでもありません。

百勝したとしても、犠牲を伴ったり、高いリスクがある勝負を繰り返していれば、

百一回目の戦いに負けた時に甚大な被害を負うことになるからです。

まずは、交渉によって相手を封じること。それができなければ、諜報活動で相手を崩す。

武力行使は、あくまでも最後の選択肢です。

故に勝を知るに五あり

孫子は、勝利するものは以下の5つの条件に当てはまっているという。

その5つとは

「戦ってよい場合と戦ってはならない場合とを分別している者」
「多い兵力と少ない兵力のそれぞれの運用法に精通している者」
「上下の意思統一に成功している者」
「計略を仕組んで、それに気づかずにやってくる敵を待ち受ける者」
「将軍が有能で、君主が余計な干渉をしない場合」

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE相談無料実施中!!

【悩みや疑問点などの相談】

ダウンロード (7)

•これまでにネットビジネスをやってきたが、上手くできなかった。

•ノウハウはあるんだけど、どうしても成果に繋がらない。

•何が原因で稼げないの??

•本当に稼げる方法だけ教えて!!

•ネットビジネスって初心者でも稼げるの??

•怪しいけどそこらへんどうなの??

といった、内容を全て無料でお答えします!!

【極秘ノウハウ&ツールの特典】

そして今ならなんと、登録するだけでなんと!!

•1週間で100人集客し200万円を生み出した『USA産の無料ツール』


•どんなビジネスにも応用できるPDCAマネジメントノウハウ


 •Facebookのいいねを一ヶ月で300集めるノウハウ


line

全て無料でプレゼントします!!


登録方法は

PCの方は

LINEで @GXA0299L と検索してすれば完了です!!


@を忘れずに検索してください!!

スマホの方は下のリンクから登録お願い致します。

※Twitterなどで開いていますと、appstoreの方に飛んでしまいますので

必ず、ブラウザで開いてからアクセスしてください。

@GXA0299L

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

*