FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Satoshiのビジョンを実現し、Bitcoinの問題を解決するように設計されている仮想通貨「skycoin(スカイコイン)」ついてまとめてみた

skycoin(スカイコイン) 仮想通貨 仮想通貨

今回はSatoshiのビジョンを実現し、Bitcoinの問題を解決するように設計されている仮想通貨

「skycoin(スカイコイン)」ついてまとめてみました。

skycoin(スカイコイン)とは

skycoin(スカイコイン)とは、次世代の仮想通貨になります。

skycoin(スカイコイン)は、Bitcoin(ビットコイン)のようにどのように、設計し、実装し、展開されていても

解決できない問題や限界などを解決することを目的にしています。

skycoin(スカイコイン)は、交換媒体としての必要性を満足させるたえに開発されていて、

予算のハードウェアや低速ネットワーク、サイバー攻撃においても適切に動作できるように、

あらゆる可用性が最大限に高められるよう設計されています。

仮想通貨1.0がBitcoin(ビットコイン)、仮想通貨2.0がEthereum(イーサリアム)

それに次ぐ次世代の仮想通貨がskycoin(スカイコイン)です。

skycoin(スカイコイン)とBitcoin(ビットコイン)の違い

skycoin(スカイコイン)とBitcoin(ビットコイン)の違いはマイニングがないことです。

トランザクションが、ブロックチェーンにより構築しているので、最小限に抑えることが可能で、

高価なハードウェアを使用しなくても問題ありません。

プライバシーもIOアドレスがわかるよう接続しているノードだけが、表示され誰でもユーザーの公開鍵のみを知ることが可能です。

コンセンサスは参加することを望むノードによって共同で決定され、ブロックメーカーとなったノードはネットワークを介して

ブロードキャストされたトランザクションで観察され、決定論的アルゴリズムに従い、候補ブロックにパックします。

候補ブロックにあるハッシュをネットワークに対してブロードキャストすることが可能です。

すべてのネットワークノードはハッシュ候補を含んでいるメッセージを受信したり、

源検証や不正検出などを実行し、候補に関するデータサンプルを収集します。

データ収集が終わると、ノードは統計的推論テクノロジーを利用して勝者を決定するという仕組みです。

 

skycoin(スカイコイン)の特徴

・Bitcoin(ビットコイン)などの解決できない問題や限界などを解決することを目的にしている

・Skyminerを使いネット中立性の解決策を可能としている

・Skywireと呼ばれる低速ネットワークでも十分に使える仕組みを導入

・オベリスクと呼ばれる独自の取引合意検証システムを用いている

・webbotで2018年高騰すると予想されている

・マイクロソフトのエンジニアであったクリフハイが絶賛

skycoin(スカイコイン)のビジョン

skycoin(スカイコイン)のビジョンはSkyminerを使いネット中立性の解決策を可能にしようとしています。

現在のインターネットはプロパイダーを介してアクセスすることによって、

ユーザーの観覧情報などが情報機関にが閲覧することができる仕組みになっています。

ですが、共産主義の中国などは政府がインターネットを賢覧したり、

Googleなどの特定アプリが使えないようにはじき出すなど自由なインターネットとは程遠い状態になっています。

そこで、skycoin(スカイコイン)はそういった政府などのインターネットの監視を逃れるために

ブロックチェーン技術を用いてSkywireという新しいインターネットを作ろうとする試みです。

skycoin(スカイコイン)のSkywire

skycoin(スカイコイン)のSkywireは、Bitcoin(ビットコイン)のASICなどのマイニングを行うハードが存在が存在しており、

これおw、世界中で300台出荷することができれば、ネット中立性廃止の影響を受けることなく、

ユーザーの制御のインターネットが可能になります。

Skywireはエネルギーの要求なしで、高性能を提供して、ユーザーが他のISPよりも、高速なインターネットの速度を

体験することができます。

skycoin(スカイコイン)のオベリスク

Skywireの特徴は、オベリスクと呼ばれる独自の取引合意検証システムを用いています。

オベリスクはBitcoin(ビットコイン)のブロックチェーンやByteballやADKやDAGとはまた別の新しいシステムです。

オベリスクは、DAGのようにマイニングが存在せず独自アルゴリズムによってブロックチェーンの安全性を確保し、

あらゆる状態でも可用性を最大限に高めるように設計されています。

つまり、skycoin(スカイコイン)は、

・予算のハードウェア

・低速ネットワーク

・連続的なサイバー攻撃

でも、十分に動作するように、可用性を最大限に高めるように設計されています。

Webbotではskycoin(スカイコイン)が2018年に暴騰すると予言している!?

Webbotではskycoin(スカイコイン)が2018年に暴騰すると予言しています。

またマイクロソフトのエンジニアであったクリフハイ氏が

skycoin(スカイコイン)のオープンソースのコードを読んで信頼できるプロジェクトだと評価しているのもポイントが高いです。

skycoin(スカイコイン)の方針はマーケティングは一切せず、

作った製品による評価で時価総額を上げるみたいでマーケティング先行ではなく、

プロダクト先行で考えているのも信頼できます。

skycoin(スカイコイン)の概要

通貨名(通貨単位):Skycoin(SKY)

最大供給量:100,000,000 SKY(1億SKY)

システム(アルゴリズム):Skycoin Consensus Algorithm

公開日:2013年12月23日

skycoin(スカイコイン)の公式サイト

skycoin(スカイコイン)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.skycoin.net/

skycoin(スカイコイン)のホワイトペーパー

skycoin(スカイコイン)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://www.skycoin.net/whitepapers/

まとめ

skycoin(スカイコイン)は少額保有しています。

もしかすると、大化けする可能性があるので、長期で眠らせています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE