FX-EA System Project
FX-EA System Project

【アフィリエイト】SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない18個の要因についてまとめてみた

SEO対策 ペナルティ 受ける 絶対にやってはいけない アフィリエイト アフィリエイト

今回は、SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない

18個の要因についてまとめてみました。

この記事の目次

SEO対策はGoogle(グーグル)の意図をしっかりと反映させる

SEO対策 ペナルティ 受ける 絶対にやってはいけない アフィリエイト

SEO対策はGoogle(グーグル)の意図をしっかりと反映させることが大切です。

今までは、SEO対策でアクセスや上位表示させる方法をご紹介していきましたが、

逆にGoogle(グーグル)が嫌っているペナルティについてご紹介したいと思います。

もちろんSEO対策ではない戦略でアフィリエイトを行うのであれば構いませんが、

SEO対策でアフィリエイトを行うのであれば、

Google(グーグル)の意図をしっかりと反映させる必要があります。

今回の記事は反面教師として活用してもらえたらと思います。

今回行っているようなことをしていたらダメですよ!!

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない18個の要因

SEO対策 ペナルティ 受ける 絶対にやってはいけない アフィリエイト

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない18個の要因についてまとめていきます。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因1:スパム

Google(グーグル)ではスパムを嫌います。

ですので、スパムは絶対に避けましょう。

スパムの種類は下記のようなものです。

・低品質のコンテンツ

・低品質の自動生成コンテンツ

・スクレイプされたコンテンツ

・マルウェア

こうしたコンテンツはSEO対策ではアウトなので絶対にしないようにしましょう。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因2:操作的なリンク

Google(グーグル)がペンギンアップデートをリリースして以来、

不自然なリンクはSEO対策で逆効果です。

決め細かく悪いリンクを無視する可能性があります。

最悪の場合、手動のペナルティやアルゴリズム的な操作と判断され

上位表示はされなくなります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因3:内容が薄い

内容が薄いサイトはSEO対策では逆効果です。

特にGoogle(グーグル)が嫌うのは広告ばかりを表示させているアフィリエイトサイトです。

もちろんアフィリエイト広告は大切ですが、

それ以上に内容をしっかりと書いたコンテンツを制作していきましょう。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因4:重複コンテンツ

重複コンテンツもGoogle(グーグル)から嫌われます。

重複コンテンツとは、

「ページのURLは異なるが、その内容が完全に、またはほぼ同じであるコンテンツ」

のことを指します。

あまり重複コンテンツを作らないように心がけましょう。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因5:メタノインデックスのエラー

noindexは悪用され、不要なエラーを引き起こす可能性もあります。

ページ上にメタノインデックスを使用すると、

Google(グーグル)はそのインデックスからインデックスを削除し、ランキングされません。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因6:Robots.txtブロッキング

robots.txtによってブロックされたページは、

Google(グーグル)の検索結果にうっかりとランクされません。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因7:キーワードを詰め込みすぎ

キーワードを詰め込みすぎなサイトやコンテンツは

Google(グーグル)のペナルティ対象になるので、注意が必要になります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因8:隠されたテキストまたはリンク

テキストとリンクを隠すことは、SEOの初期では問題ありませんでしたが、

現在はGoogle(グーグル)のペナルティになるので注意が必要です。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因9:重要なJavaScriptやCSSファイルをブロック

JavaScriptとCSSファイルをrobots.txtによってブロックされると、

Google(グーグル)はブラウザのようにページをレンダリングする際に問題が発生して

SEOの上位表示に影響する可能性があります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因10:長すぎるURLや複雑なURL

SEOを研究ではURLの長さと上位表示が相関しています。

これはURL内の数字や特殊文字数も同じです。

相関には、因果関係ではありませんがSEO対策を行っている方は

URLを完結にまとめることをおすすめします。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因11:悪いサイトのリンク

Google(グーグル)では、高品質のソースのリンクは高評価する半面、

スパムや悪評価のあるリンクしているサイトを信頼していません。

こうした悪いのサイトに積極的にリンクすると、

検索トラフィックに深刻な影響を与える可能性があります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因12:サイト表示速度が遅い

サイト表示速度が遅いというのもSEO対策に悪影響を及ぼします。

現時点では、極端に遅いサイトが評価が下がっていますが今後はサイトの表示速度は

SEOでも重要になっていくので遅いサイトであれば見直す必要があります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因13:悪質なアフィリエイト広告

悪質なアフィリエイト広告もGoogle(グーグル)は嫌います。

もちろんアフィリエイト広告を貼る分には問題ないですが、

過度に広告を表示させたり、ユーザーに意図しない広告表示などは悪影響を及ぼします。

・Google(グーグル)のトップヘビーアルゴリズムでは、

1次コンテンツ領域に広告が多すぎるサイトにペナルティを与える

・積極的なポップアップ広告などにもペナルティを与える

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因14:大量のクロールエラー

大量のクロールエラーはトラブルの兆候になる可能性があります。

すべてのエラーを解決する必要はありませんが、

悪いクロールエラーが発生するとユーザーエクスペリエンスが低下し、

SEOのランキングの順位が下がる可能性があります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因15:偽情報や攻撃な情報

フェイクニュースを取り締まるために、Google(グーグル)は最近

「誤解を招く情報、予期せぬ攻撃的結果、不正行為、サポートされていない陰謀理論」

を促進するコンテンツを降格させるアルゴリズムを更新しています。

ですので、偽情報や攻撃的な情報は避けるようにしたいです。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因16:ポルノコンテンツ

ポルノコンテンツはGoogle(グーグル)は嫌います。

もしあなたのサイトにポルノコンテンツが含まれると判断されれば、

ほとんどの検索クエリ等は非表示になるので、

ポルノコンテンツやアダルトコンテンツを運営しているサイトは注意が必要になります。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因17:不正なリダイレクト

不正なリダイレクトは、

ユーザーが期待していないページ(スパム)にユーザーを送信する方法になります。

Google(グーグル)はこれを嫌うのでしないようにしましょう。

SEO対策でペナルティを受ける絶対にやってはいけない要因18:ドメイン履歴

あなたのサイトが以前にペナルティが与えられた場合、

SEO対策で上位表示させるのがより苦しくなります。

Google(グーグル)がコンテンツをクロールして

サイトの価値を再評価するまでに時間がかかることがあります。

もちろんペナルティが与えられてもクリーンアップする努力があれば

時間はかかっても戻ってくる可能性があります。

ですので、基本的にブラックハットな手法はおすすめしません。

まとめ

こうした項目はSEO対策では悪評価に繋がるので気をつけながら

Google(グーグル)の望む未来を構想しながら

ユーザーにより良いコンテンツを制作していきましょう。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE