FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】米国証券取引委員会(SEC)がETHは証券ではないと発表!?仮想通貨市場が上向きに!?情報についてまとめてみた

米国証券取引委員会(SEC) Ethereum(イーサリアム) ETH 証券ではない 仮想通貨

今回は、米国証券取引委員会(SEC)がETHは証券ではないと発表!?

仮想通貨市場が上向きに!?情報についてまとめてみました。

米国証券取引委員会(SEC)がETHは証券ではないと発表!?

米国証券取引委員会(SEC) Ethereum(イーサリアム) ETH 証券ではない

以前から、米国証券取引委員会(SEC)で仮想通貨は今後有価証券になるか議論されていました。

【仮想通貨】仮想通貨は今後有価証券になるのか!?メリット・デメリットなどまとめてみた
今回は、仮想通貨は今後有価証券になるのか!?メリット・デメリットなどまとめてみました。

そして今回、米国証券取引委員会(SEC)がETHは証券ではないと発表しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

Ethereumは、米国証券取引委員会(SEC)の

企業金融担当のウィリアム・ヒンマン(William Hinman)取締役の見地からすれば、

セキュリティではありません。

Yahoo!で話す すべての市場サミット:サンフランシスコの暗号イベント木曜日、

当局者は、当局が「セキュリティを重視してETHを扱うことに多くの価値はない」と説明した。

「資産は投資契約を表していない可能性があります」と述べています。

この声明は、エーテルが発行された売却の性質が米国の証券法の対象となったかどうかについて、

様々な規制当局が明らかにしている長い発言の最新記事である。

このような見方は、主に元監督当局によって進められてきたが、

SECは、ICOやトークンの販売について一般的に(そして時には軽蔑的に)広く話してきた。

今日、あらかじめ書かれた発言で、ヒンマン は言った:

“ETHの現在の状態、ethereumネットワークとその分散構造の私の理解に基づいて、

現在のETHの提供と販売は証券取引ではありません。

ヒンマンは、

「何かがセキュリティであるかどうかの分析は静的ではなく、厳密に本質的なものではない」

と警告した。

同氏はまた、

証券ではないユーティリティトークンが存在する可能性があるとの考えを後押ししている。

「分散型ネットワークにおける交換手段としてのみ機能するユーティリティを備えた

デジタル資産でさえ、パッケージ化して、セキュリティ ”

ヒンマンの説明による他の暗号化通貨は依然として有価証券として分類することができる。

トークン自体はセキュリティではないかもしれないが、

売り中の購入者の期待はその分類を決定する、と彼は言った。

購入者が売り手の行動に基づいて妥当な利益を期待している場合、

そのトークンはおそらくセキュリティです。

ヒンマンは、SECがトークンプロジェクトとその法律顧問と協力して、

プロジェクトが規制当局に登録されるべきかどうかを立証し、

多数の他のSEC職員を喚起していることを再確認した。

https://www.coindesk.com/sec-official-ether-is-not-a-security/

ETHが証券ではない根拠

ETHが証券ではない根拠ですが、

1:中央管理者ないない点

2.:現在の流通方法は証券として管理する必要性がない点

という2つを挙げ、証券法上の定義に当たらないとしている。

XRPは証券になるのか?

XRPも同様に証券として上げられていました。

【仮想通貨】Ripple(リップル)ホルダーがRipple(リップル)社を集団訴訟!?XRPは有価証券になるのか!?情報についてまとめてみた
Ripple(リップル)ホルダーがRipple(リップル)社を集団訴訟!?XRPは有価証券になるのか!?情報についてまとめてみました。

今回の2つの根拠を当てはめると、まだ証券になるか否かは判断できないですね。

今回の要点まとめ

・Bitcoin(ビットコイン)とEthereum(イーサリアム)は有価証券ではない

・ICOの殆どは有価証券扱いになってしまう可能性がある

という感じですね。

海外は意外と柔軟に対応している感じが見受けられますね。

ICOはまあ仕方ないと言えば仕方ないのかなと。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE