〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【暗号資産】月利6~15%の配当型ウォレット『SCFtoken』について徹底解説してみた

SCFtoken 配当型ウォレット

月利6~15%の配当型ウォレット『SCFtoken』について徹底解説してみました。

SCFtokenとは

SCFtoken

SCFtokenとは配当型ウォレットになります。

運営と開発は本社がシンガポールにあるCodingFlyという企業が行っているようです。

2019年3月20日から韓国と東南アジア諸国にリリースされて日本でも普及しているようです。

SCFtokenの特徴

SCFtokenの特徴についてご紹介します。

月利6~15%

SCFtokenは『月利6~15%』になっています。

また日利で『0.26~0.6%』となっています。

最低投資額100ドル

SCFtokenの最低投資額は『100ドル〜』となっています。

独自通貨のSCFトークン

SCFtokenには独自通貨の『SCFトークン』が存在しています。

SCFトークンで運用することで利回りが大きくなるようです。

SCFtokenのウォレット機能

SCFtokenのウォレット機能についてご紹介します。

暗号資産に関するニュース配信

SCFtokenのウォレットでは、暗号資産に関するニュース配信しているようです。

チャット機能(韓国語)

SCFtokenのウォレットでは、

チャット機能(韓国語)が搭載されており企業と連絡をとりあう事ができるようです。

エアドロップ

SCFtokenのウォレットでは、エアドロップ機能もあるようです。

ただし、501ドル以上の運用者が限定のようで毎月1回

『TRX/BUMO/XRP/ADA』の銘柄が配布されるようです。

各種ゲーム&決済機能

SCFtokenのウォレットでは、各種ゲーム&決済機能も対応しているようです。

SCFtokenの配当・利回り

SCFtokenの配当・利回りについてご紹介します。

最低投資額

SCFtokenの最低投資額は『100ドル~』になります。

またレート変動により下回ると運用停止されるようです。

運用通貨

SCFtokenの運用通貨は『ETH/BTC/EOS/SCF』になります。

SCFトークンと主要通貨時で利回りが変わる

SCFtokenはSCFトークンと主要通貨時で利回りが変わります。

主要通貨時:月利6%~12%

SCF時:月利7%~15%

100ドル~500ドルの場合

主要通貨時:月利6%

SCF時:月利7%

501ドル~30,000ドルの場合

主要通貨時:月利10%

SCF時:月利12%

30,001ドル~50,000ドルの場合

主要通貨時:月利12%

SCF時:月利15%

手数料

SCFtokenの手数料は30日以内の元本出金の場合は『5%』になります。

それ以降の場合は『1%』になります。

SCFtokenの紹介制度

SCFtoken 紹介制度

SCFtokenの紹介制度について説明したいと思います。

1ティア

直紹介者の収益の100%が入るようです。

2~10ティア

紹介者の収益の10%が入るようです。

SCFtokenのランクアップ制度

SCFtokenのランクアップ制度についてご紹介します。

通常では10ティアまでしか紹介制度で報酬が入りませんが、

ランクアップの条件を満たしたユーザーに関しては11ティア以降の報酬を得ることができます。

S1

S1の条件は以下の通りになります。

・自己投資額1,000ドル以上

・10人以上の直接紹介者が運用している

・組織の総投資額が15万ドル以上

・直紹介ラインの2つ以上で50,000ドル以上運用

S1を達成することで、11ティア以降の収益の6%を得ることが出来ます。

S2

・自己投資額2,000ドル~

・組織内の2ラインに「S1が2名+S1が1名」

S2を達成することで、11ティア以降の収益の9%を得ることができます。

S3

・自己投資額3,000ドル~

・組織内の2ラインに「S2が2名+S2が1名」

S3を達成することで、11ティア以降の収益の12%を得ることができます。

SCF

・自己投資額5,000ドル~

・組織内の2ラインに「S3が2名+S3が1名」

SCFを達成することで、11ティア以降の収益の15%+会社収益の5%を得ることができます。

まとめ

配当型ウォレットはポンジスキームですので、投資するのであれば自己責任ですね。

少なくともこれだけ注意喚起しているので知識がある方ならやらない選択肢を取ると思いますが。

【暗号資産】2度目のHYIPブーム到来!?2019年日本で流行中の『配当型ウォレット』について徹底解説してみた
2度目のHYIPブーム到来!?2019年日本で流行中の『配当型ウォレット』について徹底解説してみました。
タイトルとURLをコピーしました