FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の取引所はBTC基軸ではなくBCHやXRPを採用する可能性が!?情報についてまとめてみた

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC) 仮想通貨取引所 BTC BCH XRP 仮想通貨

今回は、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の取引所はBTC基軸ではなくBCHやXRPを採用する可能性が!?情報についてまとめてみました。

SBIの北尾氏がRipple(リップル)・XRPに関してリツイートを頻繁にしている

今後、SBIでは仮想通貨の取引所である、SBIバーチャルカレンシーズが設立されると話題になっていますが、

もしかすると、これはBTC基軸ではなくBCHやXRPを基軸の通貨として採用するのではないかと議論されています。

もし仮に、SBIバーチャルカレンシーズ取引所でXRP基軸の採用が発表されれば、XRPにお金が流れるのは事実かなと思います。

なぜ、このような議論になっているのかというと、

SBI北尾社長がTwitterでRipple(リップル)・XRPに関してリツイートを頻繁にしています。

そして、SBI北尾社長のリツートの記事には、BTCとBCHについても触れてる記事が最近多く見受けられます。

もしかすると、SBIバーチャルカレンシーズ取引所ではXRP&BCHが基軸になる可能性がありますね。

SBI北尾社長のリツートしている仮想通貨の記事

先ほど上で紹介した記事を翻訳したものを載せておきます。

cryptocurrency市場の総時価総額は、700億ドルを超える新たなマイルストーンに達しました。

しかし、Bitcoinの原動力は、市場優位性の点で過去最低水準まで落ち込んだ。

長い間、Bitcoinは暗号市場の支配力のほんの一部を占めていましたが、

多くの人がBitcoinの支配権を34%に抑えてAltcoinシーズンと呼んでいますが、Bitcoinはそれほど重要ではないかもしれません。

創業時には、Bitcoinは低料金とインスタント・トランスファーを通じた通貨の新しい革命として知られていましたが、そ

れはずっと以前からありました。そして、おそらくBitcoinはグローバル暗号市場に関連しています。

それ以前にはなかった

それはすべて、Bitcoinから、確立された通貨、通貨、銀行、金融の順番に挑戦し始めました。

ありました服用重い採用商人は、個人の興味に合わせて、ボードの上に登山し、この目的のために、ビットコインは完璧なデジタル通貨として歓迎されていた場所。

しかし、今年は手数料が現在の20ドルではなく2ドルを押し上げていたにもかかわらず、

オリジナルのデジタル通貨が本来の目的から大きく逸脱しているという不具合がありました。

この目的のため、Bitcoin Cashは、ほとんどの費用をほとんど払わずにほぼ即座に転送する能力がBitcoinになるという信念を持って生まれました。

BitcoinとBitcoin Cashに対するあなたの気持ちにもかかわらず、元のBitcoinがオリジナルの白紙から逸脱していたことが証明されています。

SegWit2xとデジタルゴールド

Bitcoinはこれをすべて修正し、SegWit2xの実装でより機能的な通貨になる機会を得ました。

しかし、Bitcoinをその道に踏み止めようと決断が下されたため、立ち上げに失敗しました。

これは巨大な飛躍と限界に値を蓄積していました。

デジタルマーケティングエージェンシーCooperatize.comの共同設立者のRoger Wu氏は、

“最大のことは、Bitcoinでお金を払う人がいるということですか?

実際には、ほとんどのお客様が他のビジネスであり、他の企業はBitcoinを使用していません。

Bitcoinは、まもなく未定義であったため、デジタル金として飛躍し、

前例のないレベルで成長していた資産に人々が関わりたいと考えていたため、その価値は急上昇しました。

関連性がなくなった

この問題は、Bitcoinがその道を選んだことで、絶えず革新的な世界ではほとんど陳腐化しています。

デジタル・ゴールドであるという道は、そこにあるすべてのデジタル通貨が価値を持つことができるので、やはり基本的なものです。

Bitcoinは大衆的な魅力を持ち、主流にあるという点で関連性がありました。

したがって、支払いや小売のためのデジタル通貨の採用があった場合、それは山の頂上にBitcoinとなります。それはもはや事実ではない。

両方の価値のストアですが、他の利点を持っている他のコインがあります。

リップルケース

Bitcoinとは非常に異なる種類のデジタル通貨であるRippleは2017年に誕生し、銀行間の決済システムとしての可能性を実感して36倍以上になりました。

リップルにはBitcoinに欠けている革新があり、オリジナルのデジタル通貨のパワーと関連性はもはやそれほど大きなものではありません。

https://cointelegraph.com/news/bitcoin-no-longer-top-dog-because-of-how-it-is-defined

まとめ

あくまでも仮説ではありますが、もしかすると、世代交代説がありますね。

Ripple(リップル)とSBIは関係性が強いので、そういった解釈もできます。

国内の取引所ということもあり、もしかすると、Ripple(リップル)が天下を取る時が来るかもしれませんね!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE