FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】双方向ペグを用いた初のオープンソースのスマートコントラクトプラットフォームの仮想通貨「Rootstock(RSK)」についてまとめてみた

Rootstock(RSK) ICO 仮想通貨

今回は、双方向ペグを用いた初のオープンソースのスマートコントラクトプラットフォームの仮想通貨「Rootstock(RSK)」についてまとめてみました。

Rootstock(RSK)とは

Rootstock(RSK) ICO

Rootstock(RSK)とは、双方向ペグを用いた初のオープンソースのスマートコントラクトプラットフォームの仮想通貨です。

Rootstock(RSK)は、マージマイニングを経由したビットコインマイナーに報酬を与え、スマートコントラクト改革への積極的参加を促します。

Rootstock(RSK)の目標は

・スマートコントラクト

・ほぼ即時決済

・より高いスケーラビリティを可能

にすることで、Bitcoin(ビットコイン)エコシステムに価値と機能性を付与することです。

Rootstock(RSK)の特徴

チューニング完全仮想マシン(Turing-Complete virtual Machine)

チューニング完全仮想マシンはスマートコントラクトプラットフォームの核となるものになります。

双方向ペグ(two-way pegging、2WP)

双方向ペグ(two-way pegging、2WP)とは、Bitcoin(ビットコイン)ブロックチェーンからサイドチェーンへの資産の移転を実行することです。

正確には二つのブロックチェーンの間に一時的なトークン(RSKトークン)を生成し、

承認を得ることでそのトークンが再びBitcoin(ビットコイン)ブロックチェーンに戻されます。

このとき交換レートを固定されており、ある量のBitcoin(ビットコイン)の価値とある量のトークンの価値が等価となるように交換が実行されます。

メインのBitcoin(ビットコイン)ブロックチェーンとサイドチェーンとの間の資産価値の整合性を保っているのです。

マージマイニング

二つのブロックチェーン上の価値を等価とするためにマージマイニングを行います。

マージマイニングとは、メインのビットコインブロックチェーンとサイドチェーン(Rootstock)の双方に対して同時にマイニング作業を行うことです。

またRootstock(RSK)では「GHOST」や「DECOR+」または「Fast Block protocol」といったトランザクション処理システムを用いることで、

より大きなスケーラビリティと処理スピードの向上を実現しています。

具体的には、一秒間に約100回ものトランザクション処理が可能になります。

イーサリアムの約5倍での送金処理などが秒単位で実行できるようになります。

Rootstock(RSK)の公式サイト

Rootstock(RSK)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.rsk.co/

Rootstock(RSK)のホワイトペーパー

Rootstock(RSK)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://uploads.strikinglycdn.com/files/90847694-70f0-4668-ba7f-dd0c6b0b00a1/RootstockWhitePaperv9-Overview.pdf

まとめ

Rootstock(RSK)は実現できれば非常に面白いと思いますね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE