FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】マーシャル諸島共和国(RMI)発行の仮想通貨「Sovereign(ソブリン)」についてまとめてみた

マーシャル諸島共和国(RMI) Sovereign(ソブリン) 仮想通貨

今回は、マーシャル諸島共和国(RMI)発行の仮想通貨「Sovereign(ソブリン)」についてまとめてみました。

マーシャル諸島共和国(RMI)とは

マーシャル諸島共和国(RMI) Sovereign(ソブリン)

マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国。ミニ国家の一つであり、

「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とします。

Sovereign(ソブリン)とは

マーシャル諸島共和国(RMI)が、今回国家公認の仮想通貨「Sovereign(ソブリン)」を発行すると表明しました。

マーシャル諸島共和国(RMI)が自国仮想通貨Sovereign(ソブリン)の発行は、

マーシャル諸島共和国(RMI)の国家としての生き残りをかけた国を挙げての一大事業らしいです。

マーシャル諸島共和国(RMI)はこれまで自国通貨としてアメリカドルを用いてきましたが、

新たに政府発行の仮想通貨Sovereign(ソブリン)も並行して流通させる予定らしいです。

マーシャル諸島共和国(RMI)によると、Sovereign(ソブリン)は法的な根拠を持つ政府発行による、世界初の仮想通貨である

と言っています。

ベネズエラが政府発行の仮想通貨Petro(ペトロ)とSovereign(ソブリン)の違いについて

Petro(ペトロ)  Sovereign(ソブリン)

ベネズエラが政府発行の仮想通貨「Petro(ペトロ)」構想を明らかにしていますが、

【仮想通貨】Venezuela(ベネズエラ)の「Petro(ペトロ)トークン」が事前販売開始!?情報についてまとめてみた
今回は、Venezuela(ベネズエラ)の「Petro(ペトロ)トークン」が事前販売開始!?情報についてまとめてみました。

現在は、正式な法的根拠がなく、廃案になる可能性があることから、

世界初の政府公認通貨は、Sovereign(ソブリン)であるとマーシャル諸島共和国(RMI)は主張しています。

なお、石油価格に紐付けされているPetro(ペトロ)とは違い、Sovereign(ソブリン)は、市場によって価格が決定される、

自由通貨であります。

アメリカの経済制裁を受ける国ではなく、アメリカの同盟国によって発行されると強調しており、

Petro(ペトロ)に対して優位性をアピールしています。

Sovereign(ソブリン)の開発

マーシャル諸島共和国(RMI)によると、Sovereign(ソブリン)はイスラエルのフィンテック企業のNeemaによって開発されるようです。

Sovereign(ソブリン)はYakweと呼ばれるフレームワークを導入しており、Bitcoin(ビットコイン)などの仮想通貨に内在する

匿名性問題を解決しているのが、大きな特徴となります。

Yakweフレームワークによって、仮想通貨の保有者が誰か、資金源は何かなどを金融機関が求める情報が担保されているようです。

また、Sovereign(ソブリン)の利用は、あくまで交換機能としてのみ働き、日常的に利用するアプリケーションは

指紋認証によって交換される模様です。

まとめ

世界発行通貨がどんどん出てきますね。

今後日本でも独自の仮想通貨が出てくる可能性は高そうですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE