FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】人気の分散型セキュリティ系の仮想通貨「Rivetz(リビッツ)」についてまとめてみた

rivetz 仮想通貨 ICO

今回は、人気の分散型セキュリティ系の仮想通貨「Rivetz(リビッツ)」についてまとめてみました。

Rivetz(リビッツ)とは

Rivetz(リビッツ)とは、サイバーセキュリティに特化した仮想通貨インフラです。

Rivetz(リビッツ)のサイバーセキュリティトークンは、ハードウェアレベルで、プライバシーとセキュリティの

証明と保証を提供しています。

Rivetz(リビッツ)は、信頼できるコンピューティングとブロックチェーンのを統合したRvTトークンによって

駆動される複数のデバイスの間で、プライバシー保護を提供します。

Rivetz(リビッツ)は、オペレーティングシステムとは完全に独立しており、

電話機専用のハードウェアの「ボールト」であるTEE(Trusted Execution Environment)を使用しています。

この金庫の内部は全てが隔離されているので、内部に何が入っているかを確認することができないです。

つまり、機密性が非常に優れています。

Rivetz(リビッツ)がパスワードや秘密鍵などを使い、個人情報を安全に管理する役目を果たしています。

簡単に主観的に解釈すると、

TEEというツールキットを使い、スマホを使ってパスワードとかを強固に管理してセキュリティを守る感じです。

すでに50,000ETH集めており、日本円だと20億円以上資金調達しています。

まだ情報が浅いので、情報が出れば、詳しく書いていきます。

Rivetz(リビッツ)の特徴

・信頼できる実行環境

Rivetz(リビッツ)は、信頼できる実行環境(TEE)を活用する、

プライバシーを保護するための最先端のツールキットです。

また、Rivetz(リビッツ)は、デバイスに組み込まれたハードウェアセキュリティを利用しています。

Rivetz(リビッツ)は、顧客のデバイスやトランザクションが暴露されるのを確実に防ぎ、

ソフトウェア開発企業を財政上の被害などを防ぎます。

・RvT(Rivet)トークン

Rivetz(リビッツ)は、RvT(Rivet)トークンとブロックチェーンを使用して、

電話機のボールト(TEE)がメーカーからポケットまで安全であることを暗号で証明します。

ボールトの完全性と健全性が確認されると、送信したトランザクションは、

意図したトランザクションとまったく同じです。

Rivetz(リビッツ)の公式サイト

Rivetz(リビッツ)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://rivetzintl.com/

Rivetz(リビッツ)のホワイトペーパー

Rivetz(リビッツ)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://rivetzintl.com/rvt-white-paper-1.02.pdf

Rivetz(リビッツ)のトークンセール

開始時間:8月10日2017 17:00 UTC

終了時刻:2019年9月10日17:00 UTC

最終価格:333.33 RVT / 1 ETH

キャップ:70,000,000 RVT

資金調達額:51502.21 ETH

参加者:5247

まとめ

少し、難しい内容のICOでした。

と言っても他のICOなどの企画とは違い、着眼点が面白いので情報を調べて、投資するのもアリかなと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE