【仮想通貨】Ripple(リップル)がヤフーニュースヘッドラインに掲載!?米Forbesは価値が上がり続けると断言!?Apple(アップル)との関係は?情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple(アップル) Ripple(リップル)

今回は、Ripple(リップル)がヤフーニュースヘッドラインに掲載!?米Forbesは価値が上がり続けると断言!?Apple(アップル)との関係は?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)がYahoo(ヤフー)ニュースヘッドラインに掲載

Ripple(リップル)がYahoo(ヤフー)ニュースヘッドラインに掲載されました。

ヤフーニュースは見るユーザーは多いので、さらに認知度が高まりますね。

以下は本文の引用です。

クリスマス前に1ドルの壁を突破したリップルの年初来成長率は2万%。投資家が安心感を抱く理由

12月に最高値を付けた後3割値を下げた仮想通貨ビットコインに投資家が不安を募らせるなか、

仮想通貨の支持者たちが盛んに勧めるもう一つの通貨がある。

リップル社が開発した「リップル(XRP)」だ。

リップルの開発チームが目指しているのは、あらゆる通貨や仮想通貨建ての資金を、ものの数秒で別の通貨に交換すること。

海外への送金も数秒で済む。時価総額は430億ドルで、世界第4位の仮想通貨だ。

リップルの価格は12月22日に初めて1ドルの壁を突破して1.37ドルに達した。仮想通貨にとって1ドル超えは意義深い。

12月初めのリップルの価格は0.24ドルだったので、470%上がったことになる。年初には0.006ドルだったので、上昇率は22,700%超となる。

ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュといったほかの仮想通貨の価格高騰につられたのは間違いない。

デジタル通貨取引所の米コインベースに上場するのではないか、という憶測も価格上昇にひと役買った。

どんな仮想通貨でも、投資が必ず利益に結びつくとは限らない。

各国の中央銀行は、価値を裏付けるもののない仮想通貨への投資はギャンブルのようなものだと相次いで釘を刺している。

■リップルが勝者になる理由

しかしリップル支持派は、リップルは既存の金融システムと新しい金融システムの中間に位置し、

ライバル仮想通貨より安定性とスピード、セキュリティに優れ、既存の金融機関の扱いにも適しているという。

いくつかの金融機関はリップルの技術の試験導入に関心を示しており、2017年11月には大手クレジット会社アメリカン・エキスプレスと業務提携を結んでいる

。フィンテックやファイナンス、テクノロジーの専門家からなるリップル・チームが大手金融機関との提携を重視するのは、リップルの流動性を確保するためだ。

リップルは2012年に設立され(当初の社名はオープンコイン)、

ロンドン、サンフランシスコ、シドニー、インド、シンガポール、ルクセンブルクにオフィスを構えている。

現在は50を超える仮想通貨取引所で取り扱われており、その数が増えるのは確実だ。

最大市場の1つはアジアだ。アジアのトレーダーはリップルの可能性に「熱狂している」と業界関係者は言う。

仮想通貨のスタートアップ企業にプラットフォームを提供するポリマスのCEO、トレバー・コベルコはフォーブス誌に対し、

「人々はリップルというブランドやその技術に安心感を抱いている」と述べた。

「仮想通貨が作り出すビジネスチャンスの大きさに、多くの人が気づき始めている。この時点の勝者がリップルになるのはそのためだ」

(翻訳:ガリレオ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010005-newsweek-int

RIpple(リップル)は中国のメディアでも取り上げられ始めてる

RIpple(リップル)は中国のメディアでも取り上げられ始められています。

以下は本文を翻訳したものです。

Cryptocurrencyは、長い間、世界的な金融分野で最も論争の的になっているトピックの1つです。

JPモルガン・チェースCEOジェームズ・ダイモン0(ジェームズ・ダイモン)「詐欺」と呼ばれる業界の大物を含む一方、

上、一方、一部の人は、財務体質の分野で最も革新的なの一つと考え、お金の暗号化を置きます。

しかし、暗号化に関するこの議論では、暗号化通信の評価とビットコインの価格が2万ドルを超えることができる理由について多くの人が質問しています。

資産価格を評価するために2013年にノーベル賞を受賞したロバート・シラー(Robert Shiller)も最近、ビットコインの価値は「非常に曖昧」であると指摘した。

デイリーニュースの記者は2017年に、最後にお越しの際は、投資家がニュースや洪水ビットコイン今年急騰していることがあることに留意が、

実際の暗号化通貨のすべてで、ビットコインは、累積的に増加今年最大のではありません。

Bitcoinは依然として評価の問題です

この段階では、暗号侵害市場には多くの推測が存在することは間違いありません。

バブルが破裂するとき熱狂的な投機が消えたときしかし、我々は暗号化のみの通貨の真の価値を見つけることができる、

そしてこのすべては、通貨市場別のトークンの暗号化の毎日の使用に依存します。

Bitcoinが2009年に不思議な男の中本聡によって創設されたとき、そのアイデアは電子クロスボーダー支払いシステムになることでした。

しかし、現時点では、ビットコインの本質的価値が取引プラットフォーム上で取引される価格を満たすかどうかは言い難い。

しかし、多くの人が言っているように、Bitcoinは “デジタルゴールド”になるかもしれません。その場合、ビットコインの価格は引き続き上昇する可能性があります。

しかし、将来のさらなる見通しを見ると、今日のビットコインの「王」状態は他の暗号暗号に置き換えられる可能性があります。

他の暗号通信はビットコインの実用性を上回ります。

たとえば、Ethereumを取ると、同社は他の個人が開発して適用するためのブロックチェーンプラットフォームと呼んでいます。ブ

ロックチェーンはビットコインの基礎となるテクノロジーであり、分散型取引元帳であることに注意してください。

しかし、その使用はビットコインそのものをはるかに超えています。

EthereumにはBitcoinとは別の独自のブロックチェーンもあり、MicrosoftやJP Morganなどの企業が実験を行っています。

Rippleは、Etherに加えて、数秒で異なる通貨の国境を越えた支払いを行うブロックチェーン企業です。

同社が作成した暗号違反は、トランザクションを高速化するための移行通貨としてXRP(Ruipo Coin)と呼ばれています。

今年12月25日14:00に北京に早い業界データサイトcoinmarketcap.comによると、レボキセチンイーサネット通貨コインは、

それぞれ、89倍に跳ね上がった – デイリーニュースの記者は今年、イーサネットコインとレボキセチンが高騰通貨を達成していることに注意しましたそして160回。

同じ期間、Bitcoinはわずか13.5倍に上昇しました。さらにCNBCは、現在のエーテルとリプルの通貨はまだ実験の初期段階にあるとの報告を指摘した。

最大のリスクは、投資家がこれらのブロックチェーンのプラットフォームと将来の暗号化通信の発展に自信を失うことです。

さらに、これらのいわゆるクリプトカルトは、他のより良いものに置き換えられる可能性が高い。

CNBCの分析によると、この段階では暗号暗号は市場の注目を集めることができるが、将来的には現状で存在する可能性は低い。

しかし、クリプトカルトのバブルが一日で本当に破裂すれば、我々はまた、

この業界からいくつかの本当のイノベーションとよりわかりやすい評価を得ることができます。

また、デイリーニュースの記者はまた、

上記の通貨レボキセチンの$ 1の心理学的に重要な水準を突破するのは初めてのために木曜日に米国東部時間で働いていることに注目し、

同じ日に$ 1.38で過去最高を打つ – なし24時間までには25%の上昇となりました。

これはまた、レボキセチン通貨が簡単に三番目に大きい通貨時価総額($ 47十億)の暗号化になることができます、

しかし、金曜日の朝のレボキセチン通貨、ビットコイン現金(BitcoinCash)は第三位の通貨暗号化「王座」の市場価値に戻るには再び下落しました。

1月1日、今年、レボキセチン通貨の値はたったの$ 0.006521、それがヒット$ 1.38新しい高先週まで、210回を跳んだ –

しかし、レボキセチン通貨はまだ非常に深い印象を残している市場に急騰しました!

実際には、レボキセチン通貨の大半は月から上昇した – 6月12日から16時25まで274パーセント上昇し、通貨をレボキセチン可能性があります。

その理由は、業界の専門家が言う、これは多くの場合、他の暗号通貨にフォーカスをシフトするために人々をリード過密取引、

その結果、あまりにも多くの取引活動を持っているビットコインブロックチェーン・ネットワークの支援によるものですオン。

しかし、外貨、ビットコイン、リテコインを含む主要な暗号化通貨もまた、一般的に金曜日に下落した。

だから、何をRuibo通貨contrarian上昇ですか?

これは、Remboが世界の50以上の取引プラットフォームで取引されていることをReboが木曜日に発表したためであることが判明しました。

cryptocurrencyの専門家は、RippleのコインがCoinbaseに上陸することが、急騰する価格の主な理由であると指摘しました。

また、Rebは企業として、多数の国際的な大手銀行や他の金融機関の支援を受けています。

金融会社もRippleを使用してRippleNet元帳プラットフォームを集中化し、国境を越えた迅速な支払いを実現しています。

https://xw.qq.com/finance/20171226002077/FIN2017122600207700

米ForbesがRipple(リップル)の価値は上がり続けると断言

米ForbesがRipple(リップル)の価値は上がり続けると断言しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

XRPの価格は、昨日の20%の暗号市場の下落の中で繁栄していたとしても、今月の初めよりもやや高い。

[編集注:クリプトコインまたはトークンへの投資は非常に投機的であり、市場はほとんど規制されていません。

それを考えている人は誰でもその投資全体を失う準備ができているはずです。]

12月は、Rippleのネイティブ資産であるXRPのバナー月となりました。

最初の急増は12月12日から13日にかけて行われ、リップルは84%を0.27ドルから0.51ドルに上げた。

続いた日に再び成長し、0.75ドルの周りに抵抗の壁を見つけました。そして、昨日、Rippleは再び $ 1のマイルストーンを遡って17時間で64%急増し、$ 1.37に達した。

開示:私はいくつかのXRP を所有してい ます。

12月の取引が0.24ドルで開始されたコインにとってはかなり驚くべきものです。

1ドルを少し上回るとすぐに大きな変化のように聞こえるかもしれませんが、

それは1ヶ月で400%以上の成長です。昨日、全体的な暗号化の時価総額が20%も下がった大きな低下を目の当たりにしたが、

リップルはそれに比例して低くなり、昨日の水準を上回った。

では、この爆発の原因は何ですか?ここには5つの理由があります。

1. Altcoinsの上昇

11月下旬にBitcoinが$ 10Kの亀裂を起こしたが、まもなくCboeとCME でBitcoin 先物取引が発表された。

メディアと主流の両方から引き続き注目を集めているのは、世界の暗号侵害で前例のないことです。

これらの新規参入者の多くは、人気のある証券会社Coinbaseでの暗号化旅行を開始しています。1

2月の大半において、コインベースはBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)の3つのクリプトカルト だけをサポートしていました。

これら3つのうち、最も投資は伝統的にBTCとETHに注ぎましたが、

今月初め、私たちは、消費者が引き起こし、ライトコインに卒業しました いくつかの主要なジャンプを、$ 390をピークに 約$ 320休ませる来る前に。

Litecoinが最初の抵抗障壁を打ち倒した今、当然のインパクトは参加者が投資の新しい道を模索してきたことです。

:これには、多くの異なるcryptocurrenciesの間で野生の成長を沈殿させた

TRON(TRX) 、カルダーノ(ADA) 、ステラ(XLM) 、ビットコイン現金(BCH) 、QTUM、バージ(XVG) 、およびReddcoin(RDD)多くのその他-の中で、

昨日Bitcoinが落ち込む前に、暗号の全体的な市場キャップが611億ドルに達し、この執筆時点では508Bに戻っていました。

最古の、最も確立された、そして時間テストされた暗号化通貨の1つとして、投資家が暗号投資の初期段階にそれを振り向いたのは驚くことではありません。

2.パートナーシップ &メディア

財務、技術、フィテックのベテランのチームとして、リップルはパートナーシップと顧客獲得に重点を置くことは、

新興テクノロジー企業が繁栄するための貴重な手段であることを明確に理解しています。

リップルは現在、商業的に展開している顧客が75以上あり、現在は100を超えています。

しかし顧客基盤を確立するだけではなく、戦略的パートナーシップを活用してバズを生成しています。

たとえば、最近発表されたAmerican Expressとの提携 は、多くのアメリカ人がRippleと出会い、

奇妙で威圧的な新技術ではなく、信頼できる金融サービスとしてすぐにブランドを位置付けました。

これらの努力によって有機的な報道が生み出された一方で、リップルはメディアの取り組みに明らかに倍増しています。

特に、先週 、サンフランシスコの会社は、コミュニケーションの責任者として、

Facebookの広告およびビジネスインテグリティ部門の元コーポレートコミュニケーションマネージャーであったTom Channick氏を雇いました。

3.アジア

アジアはこの戦略において重要な役割を果たしています。ケン・ラポーザ氏は、リップルにとってアジア人は「怒っている」と指摘した。

これは根拠のない主張ではない。RippleはSBI Holdingsと提携し、

SBI Ripple Asiaを中国、日本、韓国、台湾、ASEAN諸国の市場に提供するために、

国境を越えた銀行の支払いのためのソリューションの販売とインストールを担当する専売のセールス&エンジニアリンググループを設立しました。

「人々はその名前とリップルの背後にある技術と快適に感じる、」トレバーKoverko、博学の最高経営責任者(CEO)は、とのインタビューで、

Rapozaは、「多くの人々が、ビジネスとブロックチェーンの間にどれだけ大きなチャンスがあるのか​​を認識し始めており、リップルを早期に獲得している」

4.コインベースの噂

のメディアブームの影響は 、Coinbaseが間もなくXRPの購入、販売、およびそのプラットフォームでの取引をすぐにサポートするといううわさが増えていることです。

広範な前提は、それが起こるならば、全く新しい買い手がXRPへの投資を開始するということです。

視点から見ると、Coinbase は1日あたり約10万人の新規ユーザーを追加し 、

最近Apple App Storeの#1アプリとしてYouTubeを上回っ ています。

最近追加 のビットコイン現金引き起こされ、 メディアの熱狂を 12月19日には、Coinbaseは全世界cryptocurrencyに保持して体重を示しています。

5. XRPの機能と消費者の把握

現在、多くの硬貨は純粋な投機に基づいて購入され、取引されます。それ自体は何も問題はありません。

偉大なアイデアを持つ若いアルトコインが、完全に運用される前に、ネットワークを完成させることができます。

しかし、それはまた、それらの通貨が、アイデアとそのアイデアに対する一般の信念によってほぼ排他的に支持されることを意味します。

これは、昨日の落ち込みなどが起きる危険な位置です。

(離れていつでもすぐに行くされていません)大手金融機関のための多面的ソリューションとして位置付け、

リップルは、顧客に実際に便利な製品です 今それはないか今後、これらの顧客に構築するものの-regardless世界で最も大きな金融機関の一員になりました。

また、スピード(4秒間の取引)と低料金も一般消費者に魅力的です。

これはリップル自体の機能によってもサポートされています。

XRPは事前に採掘された硬貨であり、地方分権化の倫理や鉱業の機会が不足していることに対する批判を引き出しています。

さらに、RippleはXRPの供給量全体の20%を保持しています。

これもまた暗号コミュニティで騒がしくなりましたが、他のコインに見られるボラティリティにもいくらか 免疫化します。

先月、Oracle Rajji がOracle Timesの記事で説明したように、

この限られた数のXRP硬貨のために、暗号価格が下がるならば、通貨は今後も繁栄し続けるかもしれないし、少なくとも将来的にはその地位を保持するかもしれない。

より良いか悪いかに関わらず、供給の増加はボラティリティを低下させることを意味し、より集中化するということは市場をより穏やかにすることを意味する。

それで、現在の成長率は最後になりますか?

現在の市場動向は、1ドル(1.25ドル)後に最も近い抵抗の障壁に触れたことを示しています。

Sam BourgiのHackedによれば、次の大きな抵抗の障壁は1.50ドルです。過去数週間を例にとれば、1.25ドルに向けたもう1つの大きな前進の前に、

ベースを固めるために1.25ドル〜1.35ドルのレンジで数週間の取引を見込むことができます。もちろん、それはCoinbaseの発表や暗号市場の修正などの突然の出来事を除外しています。

一方、「XRPのベアーケース:Bitcoin Futures Edition」では、

Kyle Samaniは、Bitcoinのような確立されたコインに対するXRPのユースケースの長期的な有効性に疑問を呈し、XRP依然として相当量の成長が残っている可能性があります。

我々は我々の立場を維持する:長期的には、我々はXRPに弱い。金

融機関が世界的な準備金に対してXRPを自発的に採用するような一連の出来事は見られません。

それでも、今日の暗号市場の状況を考えると、XRPはポンピングを続けることができます。

そこXRPのための良好な客観評価モデルは、固有与えられ、実際にはありません 速度の問題 、それが直面しているので、

私たちの論文がXRP価格の変動に反映されるまでには5倍でした。

何が終わっても、Rippleは見るべき最も魅力的な暗号の通貨の1つとして証明されています。

ご期待「暗号ウォッチ」ビットコイン、リップル、および他のaltcoinsの最新の報道のために。

https://www.forbes.com/sites/jessedamiani/2017/12/22/5-reasons-why-the-ripple-price-is-going-up-so-fast-will-the-xrp-surge-continue/#7a2d13067cbb

SBI、Ripple(リップル)ソリューションを活用した「RCクラウド2.0」の構築が完了したことを発表

SBI、Ripple(リップル)ソリューションを活用した「RCクラウド2.0」の構築が完了したことを発表しました。

以下は本文の引用です。

内外為替一元化コンソーシアムは、メガバンク3行、ゆうちょ銀行含む国内の銀行61行からなる企業連合。

すでに今年3月には43行の間でRippleソリューションを活用し、RCクラウドの実証実験を完了させています。

2018年の商用利用を目指し、Rippleの最新ソリューション「xCurrent」を使用した強化版のRCクラウド2.0によって、より低コストかつリアルタイムな送金が銀行間で実現されます。

内外為替一元化コンソーシアムではRCクラウド2.0のみならず、金融機関の開発コストなど負荷を下げるためにも、

オープンAPIを用いて接続される「共通ゲートウェイ」の開発も行います。

さらに、銀行口座、携帯電話番号やQRコードを使用した送金サービスのアプリケーションも開発しています。

これがリリースされれば、他行との間でも電話番号でリアルタイムかつ低コストに透明性のある安全な送金が24時間365日可能になります。

Ripple(リップル)社のディレクターであるEmi Yoshikawa氏は以下のように述べました。

「生産準備が整った状態になるために内外為替一元化コンソーシアムが進行することは、

リップルチームの独創性を最高のものにし、支払いシステムの近代化、そしてコンソーシアムの決済処理方法の改善を強く願うことです。」

リップルといえば、そのデジタルアセット(仮想通貨)であるXRPの価格や実用性にも期待されていますが、

このような便利な送金アプリケーションが一般に普及されれば、XRPの認知度も上がるでしょう。

相場動向のみならず、SBIと、そのパートナーであるリップルの今後の展開にも注目されている中、

「価値のインターネット」の実現に向けて確実に取り組みが進められています。

https://apptimes.net/archives/9865

Apple(アップル)の広報担当者が数週間前「Ripple(リップル)社の技術を支払いサービスで利用することに関心がある」と発言!?

Apple(アップル) Ripple(リップル)

Apple(アップル)のスポークスパーソンが、Apple(アップル)社の支払いサービスにRipple(リップル)の技術を使うことに対して興味があると、発言しています。

ソースは不明ですので、そういうことがあったぐらいで頭に入れておいてください。

Apple Pay(アップルペイ)にAmex(アメックス)が対応!?つまり…

Apple(アップル) Ripple(リップル)

Apple Pay(アップルペイ)にAmex(アメックス)が対応するようです。

すでに、情報でもお伝えしましたが、Amex(アメックス)とRipple(リップル)は提携をしています。

【仮想通貨】Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応したことによるものか!?情報についてまとめてみた

つまり、

Apple Pay(アップルペイ)=Amex(アメックス)

Amex(アメックス)=Ripple(リップル)

Apple Pay(アップルペイ)=Ripple(リップル)?

といった結びつけることも仮説ではありますが、できますよね。

先ほどもpple(アップル)のスポークスパーソンが、Apple(アップル)社の支払いサービスにRipple(リップル)の技術を使うことに対して興味あるという

情報も絡めるともしかすると、大きな企業とパートナー提携を結ぶのはApple(アップル)かもしれないですね。

あくまで仮説なので、妄想の中での話になります。仮にそうであれば、夢が膨らみますね。

前回に書いたRipple(リップル)の記事もさらに絡めると、仮説が仮説ではななくなりそうな感じではありますね。

【仮想通貨】Apple(アップル)がXRPを使用を検討!?Ripple(リップル)は今後10倍に上がる!?情報についてまとめてみた

Ripple(リップル)がCoinbase(コインベース)での取り扱い画像がリーク!?

以前に、Ripple(リップル)がCoinbase(コインベース)で上場するかという記事を書きましたが、

【仮想通貨】Ripple(リップル)が12月19日に高騰中!?coinbase(コインベース)にも上場!?情報についてまとめてみた

新たに情報が入り、CoinBase(コインベース)のサイトの画像内にRipple(リップル)の名前があります。

これは、偽の画像かどうかはわかりませんが、とりあえずこういう情報もあったということを報告しておきます。

Ripple(リップル) Coinbase(コインベース)

まとめ

どんどん、世界のメディアでもRipple(リップル)が注目を浴びてきていますし、

Ripple(リップル)はApple(アップル)と何かしらで関わってきそうな匂いがしますね。

とりあえず、Ripple(リップル)の公式のアナウンスが出るまで楽しみに待っていましょう。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5400名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE