FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)がインドの大手仮想通貨取引所zebpayに上場!?中国のAsiaMTM Group Limitedでも採用!?情報についてまとめてみた

Ripple(リップル) XRP Zebpay(ゼブペイ) 上場 仮想通貨

今回は、Ripple(リップル)がインドの大手仮想通貨取引所zebpayに上場!?中国のAsiaMTM Group Limitedでも採用!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)がインドの大手仮想通貨取引所に上場!?

Ripple(リップル)がインドの大手仮想通貨取引所であるZebpay(ゼブペイ)に上場します。

今回の発表で、300万人以上のZebpayユーザーがアプリ上でRipple(リップル)を取引できるようになります。

以下は本文を翻訳した内容です。

ここ2週間でBitcoin CashとLitecoinのサポートを追加した後、ZebpayでRippleのサポートを発表することになりました。

今日から、ユーザーはZebpayを使用してリップル(XRP)を購入、販売、送受信することができます。

リップルプロトコルは、リアルタイムの総決済システム、通貨交換、送金ネットワークです。

公式サイトによると、XRPは世界で最も速く、最もスケーラブルなデジタル資産であり、世界のどこでもリアルタイムのグローバル決済が可能です。

クロスボーダー決済の流動性を確保するために銀行と決済機関に信頼性の高いオンデマンドオプションを提供します。

XRPは、XRP元帳に固有のデジタル資産です。XRP元帳は、オープンソースの分散元帳です。リップルは非公開会社です。

XRPは1秒間に1500トランザクションを処理でき、平均決済時間は4秒です。

Santander Bank、Axis Bank、Yes Bankなどの多くの機関は、コスト削減と効率向上のためにRippleの技術をテストしています。

価格

先週のXRPの価格は、38歳と64歳前後の範囲だった。今年初めには250ルピー前後の過去最高を記録した。

価格、総供給量、その他の統計情報については、CoinmarketcapでXRPを確認できます。

https://medium.com/@zebpay/introducing-ripple-on-zebpay-8519ecdd25bf

Zebpay(ゼブペイ)とは

Ripple(リップル)  XRP Zebpay(ゼブペイ) 上場

Zebpay(ゼブペイ)はインドではかなり大手の仮想通貨取引所です。

現在、利用者は300万人を誇ります。

ちなみに、2017年の時点で世界の仮想通貨取引の10%はインドの口座で取引されています。

つまり、今インドでの市場が伸びてきており、その中でRipple(リップル)が上場するというのはかなり大きな出来事ですね。

https://www.zebpay.com/

中国のAsiaMTM Group LimitedでもRipple(リップル)を採用

中国の大手商社のAsiaMTM Group Limitedは現在、顧客からのRipple(リップル)の支払いを受け入れています。

Ripple(リップル)を使用することで実質的に銀行手数料なして数秒で支払いを行うことができ、中国でも注目されます。

以下は本文を翻訳した内容です。

AsiaMTM Group Limitedは現在、顧客からのXRP支払いを受け入れている。

XRPを使用すると、実質的に銀行手数料なしで数秒で支払いを行うことができます。

ウォレットに直接支払いを送って、瞬時にグローバルな支払いを行うことができます。

訪問公式サイトをまたは製品とXRPの支払いについての詳細を持っているためにそれらをご連絡ください。

アジアMTMグループ限定 – 彼らは誰ですか

アジアMTMグループは2009年3月に香港に設立され、深セン、広東、中国に事業拠点を有しています。

彼らが始まったとき、同社の製品は、中国で製品を製造および/または購入したいと思っていたが、

どのようにしてサービスを実行するのに十分な予算を持っていないか、または知りませんでした。

アジアMTMは現在、150を超える工場で働いており、衣類、アクセサリー、エレクトロニクス、プラスチック、金属、その他何でも考えることができます。

2011年にはさらに電気通信事業に進出し、現在では 35カ国以上の顧客基盤に携帯電話部品、アクセサリ、デバイス全体の主要サプライヤです。

彼らは、以下の理由から、中国で最も優れた商社の1つであると考えています。

– 西洋の顔を顧客に(会社は英国が中国のパートナーと所有しています)。

– 彼らは、彼らのドアの外に出るすべての単一の製品を品質管理します。

– すべての製品に保証を提供します。

– 返品された製品は中国ではなく、香港に持ち込まれます(競争相手はあなたが中国に欠陥品を返却することを望みますが不可能です)。

– クラス最高の顧客サービス。

これらの属性は、アジアMTMグループを、中国を直接扱っている誰もが知っているように、業界のリーダーとして明確に定義しています。

https://ripplenews.tech/2018/02/09/asiamtm-group-now-accepts-xrp-payments/

まとめ

Ripple(リップル)の活用幅がどんどん広がっているので、2018年には1000円も夢ではありませんね!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE