FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)がカナダの仮想通貨取引所「COINSQUARE(コインスクエア)」への上場!?情報についてまとめてみた

仮想通貨

今回は、Ripple(リップル)がカナダの仮想通貨取引所「COINSQUARE(コインスクエア)」への上場!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)がカナダの仮想通貨取引所「COINSQUARE(コインスクエア)」への上場!?

Ripple(リップル) カナダ 仮想通貨取引所 COINSQUARE(コインスクエア) 上場

カナダのニュース番組BNNでCOINSQUARE(コインスクエア)のCEOがCOINSQUARE(コインスクエア)にRipple(リップル)が上場する可能性があると発言しました。

COINSQUARE(コインスクエア)のCEO本人の発言なので、Ripple(リップル)の上場は高いと思われます。

カナダの中でも仮想通貨取引量がある注目の取引所の一つなので、これはRipple(リップル)にとっても大きいと思います。

Western Union(ウエスタンユニオン)は今年にRipple(リップル)を採用でRipple(リップル)社と会合する!?

Western Union(ウエスタンユニオン) Ripple(リップル)

Western Union(ウエスタンユニオン)は今年にRipple(リップル)を採用でRipple(リップル)社と会合するという情報が入りました。

内容は、セブン銀行ATMやファミマから24時間、国際送金が出来るWestern Union(ウエスタンユニオン)社にRipple(リップル)のシステムが取り込まれるということです。

真相はどうかは未知ですが、国際決済業者3社は使用されますが、Western Union(ウエスタンユニオン)もこの3社の中の有力候補なので、

期待はできますね。

今年中に導入に向けた話をしていくということなので、とりあえず年内はまた楽しみな材料が増えました。

Ripple(リップル)を使用する可能性がある国際決済業者5社については下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】2018年にRipple(リップル)を使用する可能性のある国際決済業者5社についてまとめてみた
今回は、2018年にRipple(リップル)を使用する可能性のある国際決済業者5社についてまとめてみました。

2018年1月からゆうちょ銀行ネットで国際送金はRippleNet(リップルネット)利用している可能性大!?

ゆうちょ銀行 国際送金 RippleNet(リップルネット)

2018年1月からゆうちょ銀行ネットで国際送金はRippleNet(リップルネット)利用している可能性大です。

2018年1月からゆうちょ銀行ネットで国際送金については日経新聞で取り上げられています。

以下は本文の引用した内容です。

ゆうちょ銀行は21日、パソコンやスマートフォンから海外に送金できるサービスを2018年1月に始めると発表した。

同行のネットバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」で海外189カ国・地域へ口座間送金ができるようになる。

原則24時間対応で送金限度額は1回100万円未満。手数料は1回2千円。

従来の窓口で扱う国際送金サービスの手数料は18年5月から引き上げ、口座間送金で1500円増の4千円とする。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24921100R21C17A2EE9000/

ゆうちょ銀行のネットで国際送金のプレスリリースに記載ある

アースポート社はRipple(リップル)の提携先なのでRippleNet(リップルネット)利用している可能性大ですね!!

http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2017/abt_prs_id001287.html

ついに、日本でもRipple(リップル)の技術が使われていきますね!!

まとめ

Ripple(リップル)の下落も少しずつ回復を見せており、また最高値を更新すると思います。

なので、安く買えるのは今のうちなので、買える人はどんどん買っておきましょう!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE