FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)のCoinbase(コインベース)の上場の可能性は!?上場先も増えている?LINEとの関係性?情報についてまとめてみた

Ripple(リップル) Coinbase(コインベース) 上場 仮想通貨

Ripple(リップル)のCoinbase(コインベース)の上場の可能性は!?上場先も増えている?LINEとの関係性?情報についてまとめてみました。

LINEPayカードについて

LINE(ライン) Ripple(リップル)

LINE(ライン)ハオフラインの実店舗でも使える「LINE Pay(ラインペイ)カード」を発行しています。

LINE Pay(ラインペイ)カードはJCBと提携し、国内外の約3000万店で使えるプリペイド(前払い)方式のカードです。

SBIRipple(リップル)アジアが、JCB、クレディセゾン、三井住友カードのアジアパシフィックとRipple(リップル)とSBIホールディングスの提携を発表しているので、

LINEPayカード=JCB=Ripple

といったことが考えられるのではないかと思います。

あくまでも推測なので、そういう捉え方もできるよねという感じですね。

BITPoint(ビットポイント)にLitecoin(ライトコイン)、Ripple(リップル)が上場決定!!

BITPoint(ビットポイント)にLitecoin(ライトコイン)、Ripple(リップル)が上場決定しています。

BITPoint仮想通貨上場スケジュール

1月14日(日)ライトコイン(LTC)

2月18日(日)リップル(XRP)

といった感じになるようです。

http://3rdcube.net/archives/1083

QUOINEでもLitecoin(ライトコイン)、Ripple(リップル)、NEM(ネム)が上場!!

QUOINE Ripple(リップル) 上場

QUOINEでもLitecoin(ライトコイン)、Ripple(リップル)、NEM(ネム)が上場する模様です。

Ripple(リップル)の上場先がどんどん増えてきますね!!

Coinbase(コインベース)次はアプリでRipple(リップル)が使用できる動画がTwitterで出回る!?

Coinbase(コインベース)はRipple(リップル)の上場は現状否定して暴落していましたが、

あるTwitterのアカウントでCoinbase(コインベース)のアプリでRipple(リップル)が使用できる動画が話題となっています。

もしかすると、Coinbase(コインベース)のRipple(リップル)の上場は意外と遠くないかもしれませんね!!

Ripple(リップル)のCoinbase(コインベース)の上場の可能性について分析

Ripple(リップル)のCoinbase(コインベース)の上場の可能性について分析されている情報がありました。

以下は本文を翻訳した内容です。

意見ですか?ではない?Ripple(XRP)がCoinbaseに来ているかどうかを調べるには何百万人もの人が投資していますし、

Altcoinの背後にある会社も世界最大の取引所も簡単にはできません。

以前の履歴が表示されている場合、CoinbaseにRippleが到着すると、数時間以内に値が2倍になります。

これは、あなたの商品が世界最大の小売業者の1つで販売されるときに起こります。

取得が非常に容易になり、実質的により多くの視聴者にさらされるようになります。

需要と供給に基づいて価格が変動する市場では、その影響は瞬時に大きくなります。リップルの価格は高騰します。それがCoinbaseに到着すれば、それは月に行くでしょう。

新年のターンに巻き戻す時間とリップルは、Coinbaseにとって確かなようでした。リップルの価値が劇的に上昇したのは、それだけではありませんでした。

それから、水が炎の上に落ち、それとともに、リップルの価値は落ちました。しかし投資家は落胆する必要はありません。

近いうちにCoinbaseのXRPを指すいくつかの看板が残っています。

コインベース1のXRP

CoinbaseのXRPイベントの連鎖は?

2015年には、コインベースのCEO、ブライアン・アームストロングは、時間の無駄としてアルファコインを吹き飛ばした。

上記の彼のTweetを見ることができます。当時、Bitcoinは218ドルの価値があり、それは時価総額の81%を所有していました。

今では14,500ドルの価値がありますが、旺盛な成長にもかかわらず、時価総額のシェアは33%に下がります。世の中変わったんだよ。

彼らは本当に2017年の最後の4ヶ月まで変わることはありませんでした。

この時点で、クリプトカルトに投資された金額の合計を指し示す時価総額は、9月15日に1200億米ドルから新年のターンに814億米ドルに増加しました。

それは680%の成長です。前回の680%の成長期間は10ヶ月を要し、それ以前は680%の成長に3年を要しました。

これら2つの情報は、関心が高まっているだけでなく、altcoinsでもそうなっていることを示しています。

はい、それはBitcoinがすべての重い持ち上げをして、そして遠くに支配的なcryptocurrencyによって残っていることは事実です。

その過程で時価総額の50%を失ってしまった。交換の場合、交換をしたり、そのデータを見たり、altcoinsと賭けたりするのは悪いビジネスです。

あなたが市場に従わないと、市場はどこかに移動します。

2018年1月11日の暗号化のニュース

Bitcoinはここ5年ほど前からすべてのことを始めましたが、今や数十のデジタル通貨があることが判明しました。実

際には、現在50〜100人に1億米ドル以上の時価総額があると私は考えています。

あなたがそれをそういう形で考えているなら、ほとんどStock Market 2.0になっています。

私たちがプラットフォームに持っている最も興奮しているものは、Bitcoin、Ethereum、Litecoinですが、2018年にプラットフォームに追加される予定が数多くあり

、これは本当にエキサイティングな空間になると思いますあらゆる種類の機関投資家がお金を稼ぐことができます。

新しい資産をプラットフォームに追加することを検討した場合は、さまざまな要素を検討します。

わずか数週間前にGDAXの新しい資産取引方針を発表し、これをどのように行うかについての洞察を得ました。

我々は、規制上のリスクを見て、チームにいくつかのデューデリジェンスを行い、コインのセキュリティ監査を行い、

顧客の要求が何であるかを検討し、プラットフォームに追加する前にこれらの要因をすべて考慮します。 – Brian Armstrong、CoinbaseのCEO

これは、2018年にaltcoinがCoinbaseに来ることを確認したものです.1つか2つだけでなく「もっと多く」ではありません。

新しい取引ポリシーについて詳しく知ることで、CoinbaseのXRPが検証される前に検討される他の要因も明らかになります。

上記のArmstrongの言葉とその方針を考慮に入れて、私は以下の重要な指標を引き出しました。

それらのすべてが満たされなければならないわけではなく、それらを満たすことは追加を保証するものではありませんが、

Coinbaseのレーダー上にあるaltcoinが何であるかを最もよく示します。

・altcoinは米国のセキュリティ法の下で合法ですか?

・コインには明確かつ説得力のある理由がありますか?

・cryptocurrency技術を推進し、時間の経過とともに拡張することができますか?

・プロジェクトスキームの構造は透明ですか?

・altcoinのセキュリティと流動性のレベルは何ですか?

・それの後ろのチームはうまく走り、評判が良いのですか?

・altcoinに対する顧客の要求は何ですか?

・それはコインバスの価値観と一致していますか?総支配人のアダムホワイトは「世界のためにオープンな金融システムを作り出すという私たちの使命を推進する」と述べていますか?

Bitcoin CashがCoinbaseで立ち上げられたときはどうでしたか?

1週間後、12月19日、CoinbaseはBitcoin Cashをプラットフォームに導入しました。コインの価値は急上昇しました。

45時間で1899.86米ドルから4147.46米ドル(218%の伸び)に上昇しました。これは為替の影響です。

あなたは上の表のジャンプを見ることができます。

しかし、12月21日までに、CoinbaseがBitcoin Cashでの活動を中断した時点まで、インサイダー取引が発生していたという主張がありました。

フォーブスはその時代の証拠を罪悪感として報告した。

コインベースにaltcoinをもたらす計画について外見上公然とされてから1週間以内に、あまりにも多くの情報を提供するリスクは明らかでした。

市場はあまりにも激しかったし、新たなaltcoinの到着直前に価値のあるスパイクがあれば、「有罪判決を受けた無実の」烙印を握るだろう。レッスンは学習されました。

12月末までに、暗号化のコミュニティはCoinbaseのXRPをハードにバックアップしていました。

明らかに、リップルがダッシュボード上で取引されていることを示すCoinbaseベータテスターのビデオ映像が出てきた。

これは、他の要素と組み合わせて、リップルの価値が高騰するのを見た。12月29日から1月4日までの間、その価値は1.44ドルから​​3.81ドルへと265%上昇しました。

1月1日のCoinbaseでのXRPの最初の噂が当てはまるなら、それは支持できなくなった。

Coinbaseへのリップルの到着は、インサイダー取引の疑惑を避けるために、ディップを起こす必要がありました。

だから水が炎の上に注がれた。Coinbase、またはRippleのXRPについては特に言及していませんが、12月5日に同社から次の声明が発表されました。

取引プラットフォームに新しい資産を追加するプロセスについて顧客に詳細を説明したいと考えました。

私たちの使命は、最も信頼され、使いやすいデジタル通貨交換であることです。

私たちは、このプロセスを顧客と共有することは、その信頼を築くために不可欠な部分であると考えています。

数か月前に、新しい資産をサポートするための基準を強調するDigital Asset Frameworkをリリースしました。

ここで私たちのフレームワークを読むことができます。

社内の専門家による委員会は、新しい資産が当社の枠組みに従ってプラットフォームに追加されるかどうか、また、いつ追加されるかを決定する責任があります。

これらの個人およびCoinbaseのすべての従業員は、機密性および取引制限の対象となります。

Coinbaseは、ブログの投稿や他の公式チャンネルを介してのみ新しい資産の追加を発表します。

この声明の日付現在、GDAXまたはCoinbaseのいずれかに資産を追加することは決まっていません。

それとは逆の記述は、真実ではなく、会社によって許可されていません。

要するに、この声明は、「内部者取引はないと約束する」と述べている。この声明の政治的意図の指標として、「信頼」という言葉を2回目の段落に使用することに注意する。

会社が機密性と取引制限を認識し、それに固執していることを明確に述べたいとの要望に注意してください。

そして、他の場所で読んだものは真実ではないという確認に注意してください。

このような声明の専門用語は、あなたのお尻を覆うことです。

CoinbaseのXRPはまだまだ問題です。

Coinbaseの第2声明には、12月中旬からのArmstrongの最初の発表と矛盾するものは何もありません。

同社は2018年にコインベースにaltcoinを導入しています。あなたが選んだaltcoinに影響を与える可能性のある要素のパブリックチェックリストを公開しています。

(リップルは簡単にチェックリストに記載されています)

しかし、この声明を発表する中で、Coinbaseは、インサイダー取引の対象となる環境では動かないことを効果的に認めています。

したがって、12月5日にリリースされたような発言は、二重の目的を果たします。それはすべての拠点を網羅し、追加されるaltcoinをタイムリーに減少させる。

コインベースにXRPを置く理由は、その理由を大幅に減らします。

需要は高く、現在では3番目に大きい暗号侵害です。

その適用は、国境を越えて通貨を移転するための現在の古風なシステムを置き換えることができる点で、関連して主流です。

それは、そのアプリケーションを推進しPRを管理する企業の背後にある企業で、最終的にはBitcoinよりも手数料が低く、

その取引はほんのわずかの時間で行われ、初期のバイインは投資家の方々にとってより美味です。

最終的にCoinbaseのXRPはスマートなビジネスです。

そして、人々が他の場所でそれらを探す前に、これと他の上昇altcoinsをできるだけ早く交換所に移動することにおいて積極的であることは、交換機の最善の利益にある。

https://www.finder.com.au/xrp-on-coinbase

まとめ

Ripple(リップル)は他の仮想通貨とはもう別の次元へと突き進もうとしてます。

好材料の満載のRipple(リップル)なので、今手放すのは本当にもったいないですね。

ガチホしておきましょう!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE