FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)が社取締役にNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長のBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任!?情報についてまとめてみた

Ripple(リップル) Ben Lawsky(ベン・ロースキー) 仮想通貨

今回は、Ripple(リップル)が社取締役にNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長のBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)が社取締役にBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任!?

NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長であるベンジャミン・ロースキー氏が

Ripple(リップル)社の取締役に任命されたことが分かりました。Ripple(リップル)社が21日に発表しました。

Ben Lawsky(ベン・ロースキー)氏は2011年にニューヨーク州金融サービス局の局長に就任し、

2015年に辞任するまで金融機関の監督や調査などを行い、金融市場の健全化に向けて活動してきました。

また、仮想通貨関連事業における規制案としてBit License(ビットライセンス)を制定したことでも知られています。

ビットライセンスに認められている企業はCircle社、Ripple(リップル)社、Coinbase社などが含まれます。

以下は本人のツイッターです。

Ben Lawsky(ベン・ロースキー)氏は

「リップル社とそのリーダーシップは、グローバル金融システムをより効率的に、より安全に、より公平にすることに情熱を燃やしています。

私も彼らと同じゴールを目指しており、今後ブロックチェーン技術とデジタルアセットの成長と普及を加速させるチームと一緒に仕事ができることに感激しており、恐縮しています。」

と発言しており、期待が持てそうです。

RippleNet(リップルネット)でインド、UAE、シンガポール間の国際送金を開始!!

RippleNet(リップルネット)でインド、UAE、シンガポール間の国際送金を開始しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

国際的なサプライチェーンや海外労働者が増えている今日のますますグローバル化している世界では、迅速かつ透明な国境を越える支払いが不可欠です。

リアルタイム決済サービスの需要増加に対応するために、

Axis Bank(インドに拠点を置く)、Standard Chartered(シンガポール)、RAKBANK(アラブ首長国連邦)はRippleNetを使用して、現実的、

これら3つの主要銀行は、Rippleの主要なエンタープライズブロックチェーンソリューションを使用して、

スタンダードチャータードからAxis Bankへのリアルタイムのオンデマンド企業支払い、RAKBANKからAxis Bank受益者への小口送金を実現します。

今や、ライブ決済は決済の確実性とともに数分で完了します。

RippleNetでライブコーポレート決済サービスを利用して顧客により良いサービスを提供

スタンダードチャータード銀行およびエクシードバンクの場合、リップル方式の法人向け決済サービスは、

各銀行がビジネス顧客に支払い経験を強化し、最終的にはエンドユーザーがキャッシュフローやコストを管理し、より良い利益を得ることを可能にします。

私たちの見積もりによれば、シンガポールには地方財産拠点を持つ200-300の大規模な国際企業が存在します。

これらの企業は、急速に変化する消費財(FMCG)および小売業を含む産業にまたがる。

多くの場合、これらの企業はインドで製品を製造してから、シンガポールに出荷して世界に販売しています。実際、シンガポールとインドの貿易回廊は150億ドルの価値があります。

リップル対応の国境を越えた支払いは、スタンダードチャータード銀行と枢軸銀行の双方でこの廊下を解くのに役立ちます。

世界最大の送金市場におけるライブ小売決済サービス

小売送金がアラブ首長国連邦とインドの間で瞬時に、効率的に、そして安全であることが重要であることは決してありません。

アラブ首長国連邦の大規模なインド人労働者のおかげで、両国間の小売送金は著しく増加しています。

これらの労働者は、RAKBANKがより速く、より簡単でより透明な支払いをサポートしたいと考えている毎年、年間約116億ドルの給与のかなりの部分を毎年家に送ります。

個々の小売送金の支払いは通常、価値は低くなりますが、金額は高くなります。

これらのRippleNetを処理することで、RAKBANKは小売顧客に、より簡単で手ごろな価格の体験を提供し、この混雑した競争空間で市場シェアを拡大​​することができます。

リップルと主要銀行のリーダーはリップルネットの使用についてどのような言い方をしていますか

Rippleのグローバル戦略戦略責任者Marcus Treacherは次のように述べています。

「Standard Chartered、Axis Bank、およびRAKBANKは、顧客の進化する要求を認識し、スピードと透明性に対する期待が高まるにつれて、今日のニーズと将来のニーズに役立ちます。

この商用サービスは、世界中の法人や移住労働者が、運転資金の浪費で何十億ドルものドルを獲得し、

世界的な商取引を加速し、できるだけ早く重要なファンドを家に送り出すのを助ける重要な一歩です。

スタンダードチャータード銀行のトランザクションバンキング部門は、次のように述べています。

「当社の商業クロスボーダー決済サービスが成功裏に開始されたことにより、金融業界が企業向けに分散型元帳技術を適用する際の重要なマイルストーンとなりました。

私たちは、この分野で最先端を行くことを信じられないほど誇りに思っています。これは、デジタル化と革新へのコミットメントを確信しています。

Axis Bankのトランザクション・バンキング社長Himadri Chatterjeeは次のように述べています。

「国内支払いに大きな革新があった一方、国境を越えた送金は限られた発展しか見ていませんでした。

APIと分散型元帳技術を使用して、国際支払いの処理方法を大幅に変更する機会があります。

革新的なサービスを市場にもたらし、顧客に価値を高めるために必要なテクノロジの可能性には非常に興奮しています」

RAKBANKのピーター・イングランドCEO は次のように述べています。

「RAKBANKでは、顧客の経験を絶えず向上させる新しいテクノロジーを活用し、RippleのBlockchainソリューションを使用して国際決済を行うことを信じています。

リップルネットワークに参加することは、ブロックチェーン戦略だけでなく、送金の足跡を拡大することもできます。

これにより、私たちはビジネスを拡大し、顧客にファーストクラスのデジタル決済体験を提供するのに役立ちます。

https://ripple.com/insights/ripple-powered-instant-payment-services-now-live-axis-bank-rakbank-standard-chartered/

Ripple(リップル)がHUOBIに上場!?

Ripple(リップル)のCEO Brad Garlinghouse氏は、中国三大取引所HuobiのC to C取引所Huobi Proに $XRP / $BTC ペアが明日上場することを発表しました。

Ripple(リップル)チームは目標とするXRPの流動性の構築に専念しているとコメントしています。

Ripple(リップル)の取引量全体のうちなぜかXRPの65%がKRWで購入されている!?

ripple(リップル) KRW 65% ripple(リップル) KRW 65%

Ripple(リップル)の取引量全体のうちなぜかXRPの65%がKRWで購入されています。

BCHですらKRWの割合は45%で、ETHは24%なのに、XRPだけ圧倒的です。

Ripple(リップル)のLockUp(ロックアップ)についてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)のLockUp(ロックアップ)についてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)のLockUp(ロックアップ)についてまとめてみました。

Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応したことによるものか!?情報についてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応したことによるものか!?情報についてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)の高騰の理由はアメックスが国際支払いで対応したことによるものか!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)がオーストラリア最大の金取り扱い業者Ainslie Bullion が取り扱い開始についてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)がオーストラリア最大の金取り扱い業者Ainslie Bullion が取り扱い開始についてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)がオーストラリア最大の金取り扱い業者Ainslie Bullion が取り扱い開始についてまとめてみました。

Ripple(リップル)がアメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬に目指すことを発表したことについてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)がアメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬に目指すことを発表したことについてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)がアメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬に目指すことを発表したことについてまとめてみました。

注目すべきRipple(リップル)の今後の重要な情報についてまとめてみた

【仮想通貨】注目すべきRipple(リップル)の今後の重要な情報についてまとめてみた
今回は、注目すべきRipple(リップル)の今後の重要な情報についてまとめてみました。

まとめ

・Ripple(リップル)が社取締役にNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長のBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任

・RippleNet(リップルネット)でインド、UAE、シンガポール間の国際送金を開始

・Ripple(リップル)がHUOBIに上場

・Ripple(リップル)の取引量全体のうちなぜかXRPの65%がKRWで購入されている

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE