FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応したことによるものか!?情報についてまとめてみた

Ripple(リップル) American Express(アメリカンエクスプレス) 仮想通貨

今回は、Ripple(リップル)の高騰の理由はアメックスが国際支払いで対応したことによるものか!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応!?

Ripple(リップル) American Express(アメリカンエクスプレス)

Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応したという情報が入りました。

昨日のRipple(リップル)の高騰理由はこれではないかと思います。

ちなみに、American Express(アメリカンエクスプレス)は、クレジットカード世界シェア4位です!!

Ripple(リップル) American Express(アメリカンエクスプレス)

今回の注目すべきポイントは、あくまでRipple Net(リップルネット)が使用されることであり、XRPは使用されないという点です。

この解釈は人それぞれ十人十色だと思いますが、私の見解を述べますと、

XRPが使われるかどうかは不明だが、間接的にRippleNet(リップルネット)が普及していけば

どこかのタイミングでXRPが使用される可能性は高くなると個人的には思っています。

以下は本文を翻訳したものになります。

1927年に、パイロットのチャールズ・リンドバーグは、大西洋を横断して現金を流すことができました。

Lindberghは33時間30分でニューヨークシティからパリへの彼の歴史的なソロ飛行を完了しましたが、

今日の典型的な銀行取引はSwiftを使用して1日から2日間かかり、典型的なACH取引には2倍の時間がかかります。

だから、アメリカン・エキスプレスがリップルを使用して、数秒でイングランドから米国へ送金できるペイリー・コリドーを開設したというニュースは、今日までずっと続いています。

スペインの銀行サンタンデールと提携し、リップルの戦略勘定責任者であるマーカス・トレッカー氏が

大西洋全域で支払いを行うことは明らかに速くて安全な方法であると見られています。

前Swiftの取締役であったTreacherは、CoinDeskにこう語った。

Amexは支払いを要求するために銀行にSwiftメッセージを送信しなければならなかったが、

今AmexはRippleとRippleの暗号を使って銀行に直接接続されており、価値の移動はすぐに起こる」

アメリカン・エキスプレスの外国為替国際支払い(FXIP)事業が運営する廊下は、

米ドルを使用している米国のAmex顧客を英国のサンタンデール銀行口座に英国ポンドを使用して接続します。

すべてリップルのブロックチェーンRippleNet経由です

Treacherによると、統合により、ほとんどの瞬時の監査可能な国境を越えた支払いのための共有支払いネットワークによるカード以外の支払いがルーティングされるという。

直接接続

このプロジェクトは、クレジット・ジャイアント がHyperledgerブロックチェーン・コンソーシアムに加わり、

ビットコム・アプリケーション・プロバイダーのAbra と提携していることを確認した1年後のAmexの最新の開発となります。

そして、最近のスウェル会議から来ているリップルのために、この新しい作業は、

2016年前半にテストされたブロックチェーンプラットフォームを自由に飛ばすためのもう一つのステップです。

例えば、Rippleは最近、スウェーデンの銀行SEBとの業務を通じてヨーロッパと米国を結びつけました。

これは、昨年末、 Rippleを使ってストックホルムとニューヨーク市を結ぶ意向を明らかにしました。

Treacher氏は、SEBプラットフォームが今年の第2四半期に生産開始して以来、すでに6億3000万ドルの取引を行っていると述べた。

Treacher氏によれば、このプロジェクトは進歩しており、9秒以内に対処することができますが、

American Expressプロジェクトのように、暗号化を必要としない「純粋な」ブロックチェーンと言います。

これらのプロジェクトが共通しているのは、「直接的なつながり」です。「中間的な暗号化はありません」

ボード上の暗号

しかし、Treacherは先月、他の銀行が金融サービス会社Cuallixの足跡をたどっていくことを期待しています。

Cuallixは先月クロスボーダーの資金移転をBlockchainのネイティブXRPトークンに変換するリップルのパートナーとなりました。

Cuactは、世界中のいわゆるノストロの口座でTreacherが「エキゾチックな通貨」と呼ぶ数十種類のものを保持するのではなく、

XRP自体を保持することで新たな用途に閉じ込められた資金を解放するための第一歩を踏み出しました。

Rippleの主要競争相手であるSwiftがHyperledgerを使用して独自のブロックチェーンを構築 し、

クロスボーダー支払いのユースケースに独自のバリエーションを持つ新興市場の潮流が勃興したことは、

Treacherが競争上の会社を上回ると考えているリップルのネイティブ暗号暗号です。

「この2つが一緒になるのは、アメリカン・エキスプレスのような銀行の銀行やユーザーがリップルを採用して接続を開始すると、

XRPは流動性のために使うことができるオプションになる」と結論づけた。

「それが本当に生きる場所だ」

https://www.coindesk.com/american-express-opens-first-blockchain-corridor-ripple-tech/

Ripple Net(リップルネット)に関して

Ripple Net(リップルネット)に関しては、以前記事で紹介した東京のミートアップで詳しく説明しているので、

下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Ripple(リップル)の11月10日に東京で行われたミートアップについて情報をまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)の11月10日東京で行われたミートアップについて情報Ripple(リップル)の東京で行われたミートアップについて情報をまとめてみました。 重要なところだけピックアップしました。

Ripple(リップル)の相場は一時30円台まで回復を見せる!!

Ripple(リップル) American Express(アメリカンエクスプレス)

Ripple(リップル)の相場は一時30円台まで回復を見せました!!

Ripple(リップル)の今後の相場は?

銀行によってRipple Net(リップルネット)が使用されて、XRPが直接的に使われなかったとしても、国際的な取引や支払いを行う企業にとって、

XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨だと思います。

つまり、XRPは今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくと思います。

Ripple(リップル)がオーストラリア最大の金取り扱い業者Ainslie Bullion が取り扱い開始についてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)がオーストラリア最大の金取り扱い業者Ainslie Bullion が取り扱い開始についてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)がオーストラリア最大の金取り扱い業者Ainslie Bullion が取り扱い開始についてまとめてみました。

Ripple(リップル)がアメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬に目指すことを発表したことについてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)がアメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬に目指すことを発表したことについてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)がアメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬に目指すことを発表したことについてまとめてみました。

注目すべきRipple(リップル)の今後の重要な情報についてまとめてみた

【仮想通貨】注目すべきRipple(リップル)の今後の重要な情報についてまとめてみた
今回は、注目すべきRipple(リップル)の今後の重要な情報についてまとめてみました。

アメリカの著名な投資アドバイザリーPalm Beach ConfidentialがRipple(リップル)XRPに対して強気と発表したことについてまとめてみた

【仮想通貨】アメリカの著名な投資アドバイザリーPalm Beach ConfidentialがRipple(リップル)XRPに対して強気と発表したことについてまとめてみた
アメリカの著名な投資アドバイザリーPalm Beach ConfidentialがRipple(リップル)XRPに対して強気と発表したことについてまとめてみました。

まとめ

・Ripple(リップル)の高騰の理由はAmerican Express(アメリカンエクスプレス)で国際支払いに対応したことによるもの

・Ripple(リップル)は30円台まで回復を見せている

・Ripple Net(リップルネット)が使用されてXRPが使われなくても今後需要などは増えていく可能性が高いので価値の上昇にも繋がる

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE