【仮想通貨】Ripple(リップル)と提携するのはAmazon(アマゾン)!?Alibaba(アリババ)!?Uber(ウーバー)!?情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ripple(リップル) 提携 Amazon(アマゾン) Alibaba(アリババ) Uber(ウーバー)

今回は、Ripple(リップル)と提携するのはAmazon(アマゾン)!?Alibaba(アリババ)!?Uber(ウーバー)!?情報についてまとめてみました。

Alibaba(アリババ)はRipple(リップル)提携する!?

Alibaba(アリババ)はRipple(リップル)提携するかもしれないという情報が入りました。

以下は本文を翻訳した内容です。

今日、私たちは数時間前にxrpmoonboizによって投稿されたXRPチャットで登場した興味深い投稿を出版しています。

それは多くの企業、資金、送金の取り決めを結びつけます。ここでは完全な投稿ですが、それはかなり長いですが、それは時間の価値があります:

“私と一緒に抱いて…これは長くなるだろうが、私は非常に面白い、ポストと思う。

私はGoogleから今日出てきた記事を読んで、Google Payについて話しています。

すでにAirbnbで利用できるようになったので、私は約8時間ウサギの穴を塞いで、中国に穴を開けました。

文字通り。そしてそれは基本的に私が以前に読んだ事実であったが、それらをすべて一緒に結びつけたことはなかった。見てみましょう:

私にとって最も魅力的なことは、すべてのものが企業、投資家の面でどのように結びついているかということです。

そして私は、私が言及した投資家(ビッグネーム投資家)がおそらく彼らの後ろに力を持っていると仮定していると言うことから始めるべきであり、

明らかに彼らは投資に大きな利益を望んでいると言います。

だから創業者基金から始めましょう。

ファウンダーズファンド(Peter Thielが所有)はリップルの初期投資家であり、Airbnbです。

Founder’s FundとCapitalG(Google)はLyftの初期投資家です。LyftはCross River Bankを使用してドライバーの支払いを行い、

Cross River BankはRippleのソフトウェアを実装しています。

LyftはStripeをペイメントプロセッサーとして、

CapitalGとFounder’s FundはAmerican Express Business Travelからの初期投資を受けたStripeの初期投資家であり、

Standard Chartered Bankがリップルに投資した。

だからこそ、Rippleを使って大量の人々をつなぐ方法を知ることができ、会社のお金を節約できる可能性があるので、その企業の大きな投資家を幸せにすることができます。

それから私たちは少し深く行きます。WePayに投資した元Google社員とPayPal社員によって設立されたvc firm、500 Startupsは、ク

ラウドファンディングサイトやスモールビジネスツールの決済業者の中でマーケットリーダーとして評価されています。

WePayはすでにApple PayとAndroid Pay(現在はGoogle Play)と提携しており、2017年末にJP Morganに買収されました。

2017年末にRippleのオフィスにJP Mororganの役員が15人もいました。

Google VenturesはRippleとUberの初期投資家です。dLocalは2017年の後半にRippleのソフトウェアを統合した支払いプロバイダであり、

その顧客には中国の3大デジタル決済プロバイダであるUber、AliPay、WeChat Pay、Union Payなどがあり、彼らは*******巨大。

AliPayはAlibaba、Union PayはPayPalと提携しており、WeChatは世界最大の投資法人であるTencent Holdingsの一員です

。TencentにはPayPalに似た支払いシステムTenpayもあります。

Tencentは、2017年に中国の中央銀行と緊密に協力して、オンライン決済のための中央決済プラットフォームを開発したと報告された。

2017年8月、中国中央銀行の主要指導者は、本社でリップルと会った。AliPayとWeChatは、

中国のUberよりも大きいDiDi Chuxingの支払いプロバイダです。実際、Uberは中国の事業をDidiの少数株主のためにDidiに売却しました。

AliPayは、UberとAirbnbでも認められています。覚えておいてください – Alipayは2017年にRippleのソフトウェアを統合したdLocalを使用しています。

AlibabaとUnion PayはDidiに匹敵するUcarにも投資しました。

TencentはUberとLyftに投資し、AlibabaとDidiはLyftに投資し、Softbank GroupはUberに投資した。

ソフトバンクグループはアリババに30%の株式を保有しています。

また、リップルがこれらの企業の資金を節約している場合、貯蓄のために、

リップルが何らかの形でリップルにリンクされている場合、投資した企業でリップルを使用したいと考えています。

そして今インドへ。

AlibabaとAnt Financial(Alibabaの系列会社、世界で最も貴重なFintech会社、AliPayを運営する会社)はPaytmで62%の株式を保有しています。

親会社であるOne97 Communicationsにも大半の株式を保有しています。PaytmはインドのAlibabaになろうとしています。

彼らには、Alibabaによって中国で運営されているオンラインショップ、TMallのクローンであるPaytm Mallがあります。

彼らはPaytm財布も持っています – 彼らはAlipayの足跡をたどることができますか?AlibabaとAnt Financialは文字通り、Alibabaとのやりとりをインドで複製しています。

ソフトバンクもPaytmの20%の株式を保有しています… Alibabaに30%の株式を保有していることを忘れないでください。

Paytmを使ってUberに支払うこともできます。それはすべて接続されています。Patymは、インドでの電子商取引のためのAlibabaの乗り物になりつつあります。

Alibabaは、電子商取引を勝ち取るための重要な戦略的戦いとして支払いを見るため、支払いにレーザーを重視しています。

数日前までに、彼らはトップ5の世界的な送金会社であるMoneyGramを買収しようとしていましたが、それは米国政府によって阻止されました。

覚えておいて、Rippleは、トップ5の世界的な送金会社のうち3社がRippleに乗っていると述べているので、

Alibabaが既にRippleに接続しているのを見て、この動きは非常に意味をなさないでしょう。

AlibabaはMoneyGramを買うことができなくてもMoneyGramと仕事をするつもりだと言った。

インドでも、FlipkartはTencen / Softbank / Axis Bankから大きな投資をしています。

Axis Bankは2017年にRippleのソフトウェアを使い始めました.TencenのWeChat PayはRippleのソフトウェアを使ったdLocalで動いていました。

そして、Softbankは明らかにdLocalでもAliPayを実行しているAlibabaに大きな賭け金を持っています。

そして、*****とギグのために、Bezosは個人的にUberとAirbnbに投資しました。

AmazonはWhole Foodsを買収したInstacartを、Andreessen HorowitzはInstacart …とRippleの投資家です。

セコイアキャピタルは、これまでどんな企業にも投資されているかもしれませんが、

Airbnb、Google、Instacart、PayPal、Stripe、Yahooに投資しています。セコイアキャピタルの妻の妻は、

実際にはストレッチをしたいと思っているが、BradがYahooのSVPであったのと同時にYahooで働いていたが… YahooがAlibabaに投資したのと同じ時期に起こった。

そしてこれは正直にちょうど氷山の先端かもしれない、私は接続するべきもっと多くの点と私が逃したトンがあると確信している。

しかし、それはあなたを不思議に思う。Rippleのソフトウェア、そして最終的にはXRPを使って企業が多額の資金を節約しているのであれば、

Rippleを使うこれらの企業の背後にある有名ブランドの投資家は、Rippleを使うことを他の投資に奨励している可能性がある。

すでに。大多数の所有権を持つAlibabaは、リップル方向にPaytmを誘導していますか?

ウェルプ、私の脳は痛い。しかしこれは楽しいプロジェクトでした。

Alibabaが完全にXRPを使っているという発表のために私の指を横切って、どういうわけかそれらのすべてが実際には結ばれている。

https://ripplenews.tech/2018/01/09/alibaba-going-use-ripple-tech-soon/amp/?__twitter_impression=true

Amazon(アマゾン)とUber(ウーバー)がRipple(リップル)と提携!?

別の記事では、Amazon(アマゾン)とUber(ウーバー)がRipple(リップル)と提携するということを伝えています。

以下は本文を翻訳した内容です。

昨年、リップルチームが摘発した小さな証拠は、リップルがアマゾンとウバーの国際企業と提携する可能性があるという憶測につながった。

これらの噂は、リップルが2017年に持っていた巨大な一年の後ろに、アジアの63の銀行と世界のトップ5の送金会社の3つを含むいくつかの機関と提携しています。

この業績の後、投資家はリップルが2018年にいくつかの大きな取引を終えようとしていると考えていることは意味があります。

昨年12月、リップルの最高責任者、デイビッド・シュワルツ氏は、

彼が名前を付けることができなかった2つの巨大なリップルのパートナーシップが登場したことを伝えました。

同氏は、これらの企業は他の多くのパートナーシップのように銀行だけでなく、家庭の名前であると付け加えた。

デイヴィッドは後でツイートで、2人の家庭の名前がリップルと提携していると言及してはいけないということを暗示しました。

彼は、今後のパートナーシップを明らかにしたことで、Ripple CEOのBrad Garlinghouseが彼に叫んでいたはずだと述べた。

デイヴィッドは、リップルが署名したいくつかの非公開協定の制限を押し上げるには大きすぎるヒントを落とした可能性があります。

リップル投資家は、これらの大きなパートナーシップについて聞いた後、速やかに手がかりを探しました。

2017年11月に開催されたRippleカンファレンスでは、YouTubeで公開されていますが、

RippleのxVia支払いシステムを利用できる企業の例として、Amazon、Uber、Seagateのスライドが見られます。

私たちは「から知っているように、このプレゼンテーションでシーゲイトを使用すると、

理にかなっについてシーゲイトは、リップル投資家であるリップルのウェブサイト上のセクション」;

彼らは2015年と2016年にリップル社に8300万ドルを投資しました。

しかし、AmazonとUberは、それらとリップルとの間の接続は知られていません。

xViaシステムの潜在的規模についての指摘をするために具体的に選んだかもしれないが、

Rippleは知られている投資家の1つをGoogleと同じくらい簡単に使うことができた

。Googleのような有名人がさらに例を挙げると、RippleがAmazonとUberを選んだのは、

まだ発表されていないパートナーシップによるリンクが原因である可能性がある。

リップルとのパートナーシップの利点

AmazonやUberとの提携はまだ発表されていませんが、これらの企業がRippleと協力したい理由は簡単です。

リップル支払いシステムを使用すると、現時点で可能な最も安価で迅速な方法で、すべての支払い(国際的な支払いを含む)を送信することができます。

AmazonやUberのような国際企業にとって、世界中で最大1.6兆米ドルが国際収支の処理に費やされています。

これらの企業は、複数の通貨で複数の銀行口座に資金を供給し、それらの通貨で支払いを送受信できるようにする必要があります。

これは、大量の資本を抱き、各銀行口座に大きな手数料を払っていることを意味します。

XRPを中間体として使用することでこの問題が解決されます。

リップル決済システムでは、任意の通貨で行われた支払いはRipple XRPに変換され、単一の米国の銀行口座に送られ、そこで米ドルに変換されます。

コストを大幅に削減するだけでなく、取引には4秒かかることもあります。

これはAmazonやUberが国際支払いに使用しているモデルよりもはるかに高速で、トランザクションの処理に3〜5日かかります。

RippleとAmazonとUberのパートナーかどうかにかかわらず、彼らは大きな一年を過ごすと言えるでしょう。

彼らのcryptocurrencyベースの支払いシステムはすでに波を作り始めており、それはより一般的になるだろう。

リップルにまだ投資していないなら、まだ時間があります。リップルはちょうど始まっています。

https://theripplecryptocurrency.com/ripple-amazon-uber/

まとめ

世界全体で、Ripple(リップル)とどこが提携を結ぶのかというのが、非常に盛り上がっていることがわかりますね。

予想はいろいろとできますが、個人的にはApple(アップル)と提携してくれたら面白くなりそうなのになと思ったりしています。

Ripple(リップル)の発表が待ち遠しいですね。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に4450名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE