FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)社は2017年10〜12月で約100億円相当のXRPを売却!?情報についてまとめてみた

Ripple(リップル) 2017年 100億円 XRP 売却 仮想通貨

今回は、Ripple(リップル)社は2017年10〜12月で約100億円相当のXRPを売却!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)社は2017年10〜12月で約100億円相当のXRPを売却!?

Ripple(リップル)社は2017年10〜12月で約100億円相当のXRPを売却していたという情報が入りました。

以下は本文を翻訳した内容です。

銀行向けのブロックチェーンベースのシステムを開発している支払い会社Rippleは、昨年の29,631%の価格急上昇を利用して、

第4四半期に9,160万ドル相当のデジタル通貨XRPを販売しました。

リップル氏は、同四半期の取引量は、前年同期の228万ドルから1日平均で8億700万ドル以上に35,000%以上増加したと発表した。

「XRPの市場は、XRPの歴史において画期的な画期的な出来事として覚えられそうな声明を受けて、年を終えた」と同社は語った。

存在するXRPの約60%を所有するRippleの場合、暗号化通信やすべてのブロックチェーンの急激な興奮は、

スタートアップのバランスシートにとって大きな恩恵でした。

トータルで、リップルはXRPの売上高を昨年1億8000万ドル以上に上げ、同社の株式をすべて譲る必要はありませんでした。

これにより、Rippleは金融機関にソフトウェアを販売しようとすると、

XRPの価格が墜落した場合に何らかの保護を提供するため、大幅なキャッシュクッションが与えられる。

これまでに2018年に始まったのは野生の乗り物だった。$ 2.30で年をスタートさせた後、

XRPは1月4日に最高$ 3.84に急上昇し、その後1.12日を下回った。現在の通貨は1.35ドルで、リップルの保有分は約810億ドルに相当する。

市場へのXRPの流れを制御するために、リップルはその株式の大部分を550億ドルでエスクロー口座に入れ、月に10億ドルまで売る柔軟性を持っています。

CEOのBrad Garlinghouse は、先週公開された記事でCNBCに、同社は売り上げを最大化して現金ポジションを上げるつもりはない、と語った。

第4四半期には、Rippleはプログラム販売を通じて7150万ドルのXRPを、投資家には2010万ドルを直接売却しました。

前回と同じようにプログラム販売で取引された総販売量と同じ割合を販売した場合、

CoinMarketCapで追跡された1日あたりのボリューム数を使用して、1月23日までにRippleは既に7,000万ドルを超えていました。

Rippleの大きなテストは、金融機関にXRPを採用させることで、それは単なる変動性の高い取引以上のものになっています。

今月初め、同社はMoneyGramがRippleのxRapid技術とXRP通貨をクロスボーダー支払いに使用していると発表した。

そして水曜日の別の発表で、IDTとMercury FXはxRapidを “送金と企業取引を迅速に決済する”と発表した。

この考えは、金融取引用に構築されたデジタル通貨を使用して支払いがクリアされるまでの時間をなくすことです。

Mercury FXの創設者Alastair Constanceがこの声明でこれをどのように記述したかをご紹介します。

「デジタル資産は高速なトランザクション速度を約束しますが、XRPはビットコインを含むすべてよりもはるかに高速です。

数時間から数日で3秒以下に短縮すると、何十億ドルもの不要な仲介手数料が削減されます。

https://www.cnbc.com/2018/01/24/ripple-sold-91-point-6-million-of-digital-currency-xrp-last-quarter.html

まとめ

良い意味でも悪い意味でも捉えられるなという感じですね。

中央集権だけに、需要と供給のバランスの舵をとる必要がありますがそこにユーザーが利用されているとなると

あまり良い気はしませんね。

んーこれは中央集権だからこその問題になりますかね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE