FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ripple(リップル)が12月8日高騰中!?理由は〇〇だった?情報についてまとめてみた

仮想通貨

Ripple(リップル)が12月8日高騰中!?理由は〇〇だった?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)が12月8日高騰中!!

Ripple(リップル) 12月8日 高騰

Ripple(リップル)が12月8日高騰をしています。

久々に30円台になりましたね。

前日比から40%近く高騰を見せています。

Ripple(リップル)の高騰理由はLock up(ロックアップ)を12月8日に完了したことによるもの?

Ripple(リップル)の高騰理由はLock up(ロックアップ)を12月8日に完了したことによるものです。

XRPは元から総発行枚数(上限1,000億XRP)が多く、その多くを未だリップル社が保有することから、

多くのXRPが市場に出ることにより、枚数(市場供給量)が増える分価格が下がるということがXRP保有者に付きまとう懸念点でした。

しかし、今回Lock up(ロックアップ)されたことにより市場に出回るXRPが現在市場に出ているXRPのみとなります。

より安定した市場を供給するためそして、変動の激しい仮想通過市場でもより良いボラティリティーバランスを保つためにもRipple(リップル)社が以前より約束をしていた、

Lock up(ロックアップ)を12月8日に完了しました。

https://ripple.com/insights/ripple-escrows-55-billion-xrp-for-supply-predictability/

Ripple(リップル)のLock Up(ロックアップ)とは

Ripple(リップル)のLock Up(ロックアップ)については下記の記事でまとめてあるので、参照してください。

【仮想通貨】Ripple(リップル)のLockUp(ロックアップ)についてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)のLockUp(ロックアップ)についてまとめてみました。

Ripple(リップル)のLock Up(ロックアップ)完了後の今後の展望は?

Lock Up(ロックアップ)をしたことにより、XRPの市場の供給量が計算できるようになり、投資に置ける判断がしやすくなります。

よりXRP保有者の方々に安心して取引が行える環境が整いました。

こLock Up(ロックアップ)にてRipple(リップル)社はより安定した流動性、健全で信頼の置けるXRP市場構築をさらに深めることができるでしょう。

また、デジタル資産の価値がその有用性により決定されます。XRPの課題は銀行、決済プロバイダーおよび企業が直面するグローバルな支払いおよび流動性を変えることです。

この数兆ドルの問題を解決するために設計されたRipple(リップル)社の明確な制度上のユースケースを持つ唯一のデジタル資産として今後も確率するでしょう。

理由のない期待だけの投機を推し進めている投資家もいますが、XRPに関しては機関投資家も十分に市場の将来性を理解し投資をしております。

また、政府、規制当局、中央銀行からグローバルシステムでRipple(リップル)社の果たす役割を認識していると言えるでしょう。

XRPは、Bitcoin(ビットコイン)の優れた点を超えて、BTCやETHよりもはるかに速いトランザクション速度と効率性を実現します。

他のデジタル資産は引き続き取引限度額にぶつかりつつありますが、

XRPは世界で最も高速で、最も効率的でスケーラビリティの高いデジタル資産であり、支払いにとって最高のデジタル資産と言えるでしょう。

国境を越えた支払いに大いに必要なオンデマンド流動性を提供するために、機関がXRPを検討していることは驚くことではありません。

Ripple(リップル)社のビジョンは変わりません。今日の情報の速度のようにお金が動くValue of Internetの世界を実現させるのが私たちの使命です。

Ripple(リップル)の高騰に対してSNSの反響は?

https://twitter.com/DDD_cold/status/939001746151563264

https://twitter.com/G_uilty/status/938992678133305345

TechCrunch(テッククランチ)の開設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏がRipple(リップル)のHedge Fund(ヘッジファンド)を設立したことについてまとめてみた

【仮想通貨】TechCrunch(テッククランチ)の開設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏がRipple(リップル)のHedge Fund(ヘッジファンド)を設立したことについてまとめてみた
今回は、TechCrunch(テッククランチ)の開設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏が Ripple(リップル)のHedge Fund(ヘッジファンド)を設立したことについてまとめてみました。 ...

ついにGMOコインでRipple(リップル)が取り扱いが可能に!?情報についてまとめてみた

【仮想通貨】ついにGMOコインでRipple(リップル)が取り扱いが可能に!?情報についてまとめてみた
今回は、ついにGMOコインでRipple(リップル)が取り扱いが可能に!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)が社取締役にNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長のBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任!?情報についてまとめてみた

【仮想通貨】Ripple(リップル)が社取締役にNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長のBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任!?情報についてまとめてみた
今回は、Ripple(リップル)が社取締役にNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)の元局長のBen Lawsky(ベン・ロースキー)氏が就任!?情報についてまとめてみました。

まとめ

Lock Up(ロックアップ)が完了してリップラーの中では盛り上がっていますね。

送金に対して今一番魅力なのは、やはりRipple(リップル)ですね。

今後どういった展開になるか楽しみです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE