【仮想通貨】Ripple(リップル)が12月19日に高騰中!?coinbase(コインベース)にも上場!?情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ripple(リップル) 高騰 12月19日

今回は、Ripple(リップル)が12月19日に高騰中!?coinbase(コインベース)にも上場!?情報についてまとめてみました。

Ripple(リップル)が12月19日に高騰中!?

Ripple(リップル) 高騰 12月19日

Ripple(リップル)が12月19日に高騰しています。

日本円で、約96円で、前日比から18%の高騰をしています。

もうすぐ、100円も見えてきました。

もう買い増ししまくってますwwww

https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB/jpy

Ripple(リップル)がcoinbase(コインベース)に上場!?

Ripple(リップル)がcoinbase(コインベース)に上場するという情報も入りました。

証拠写真も存在しています。

Ripple(リップル) coinbase(コインベース) 上場

この話が本当であれば、かなりRipple(リップル)は伸びてくると思います。

日本と韓国の銀行のRipple(リップル)の利用と見解を発表

日本と韓国の銀行のRipple(リップル)の利用と見解を発表しました。

以下は抜粋した本文の翻訳した内容です。

リップル価格の急騰はさまざまな要因によって引き起こされた。

最も大きなものは、アジア銀行のグループによる、クロスボーダー転送のためのRipplenetとXRPのテストであるという発表であった。

これらの銀行は、主に日本と韓国から来ており、

アジアの2大経済圏の一部です。三井住友銀行、りそな銀行などがあり、

3日から数秒の間に国境を越えて移動する時間を短縮するリップルの技術を銀行が利用するようにしている

。また、プロセスに関連するコストを半分近く削減します。

銀行は非常に遅く、非常に高価であるこれらの取引のためのスイフトのプロトコルに頼っている最も長い時間のために持っている。

リップルの技術は、任意の金額の通貨から4秒以内にユーザーの選択した通貨への転送を可能にします。

リップルはまた、供給を増やして需要を引き下げた飽和を抑制するために550億本のトークンを取り戻すという決定など、

しばらく前に実施された対策から利益を得ている。

Rippleは、それぞれ10億のトークンを保持し、指定された時間後にリリースする55のスマートな契約を設定します。

これにより、循環中のリップルトークンの数が最適であることが保証される。

投資家はXRPを買いに急いでおり、多くの専門家は年末までに5ドル以上に上昇すると予測しています。

特に、アジアの銀行によるテストが成功すればそうです。

これにより、RippleはBitcoinの現在の資本金のわずか800億ドル、

2番目のEthereumよりも3倍高い190億ドルを超える時価総額を得ることができます。

https://oracletimes.com/massive-surge-on-ripple-xrp-why-the-rush-to-buy/

Ripple(リップル)社推しのStandard CharteredがアリババのAnt Financialとの提携を発表

Ripple(リップル) Standard Chartered アリババ Ant Financial

Ripple(リップル)社推しのStandard CharteredがアリババのAnt Financialとの提携を発表することもわかりました。

2018年は金融関連大変革の年になりそうですね。

https://www.xrpchat.com/topic/13823-standard-chartered-ripple-backer-anounces-partnership-with-alibaba%E2%80%99s-ant-financial/

Ripple(リップル)社のQ3リポート確認。Q4に複数のパートナーシップ発表予定!!

Ripple(リップル)社のQ3リポート確認。Q4に複数のパートナーシップ発表予定しています。

これもかなり期待できますね。

In the fourth quarter, we’ll announce additional xRapid partnerships, an innovative approach to using XRP to further Ripple Network adoption,

and new ways XRP will drive broad development of the digital asset space

翻訳すると、

第4四半期には、XRPを使用してリプルネットワークの導入を革新的に進めるという新たなxRapidパートナーシップと、

XRPがデジタル資産スペースの広範な発展を促進する新しい方法を発表します。

Ripple(リップル)社の顧客スタンダードチャータードはAlibabaのAnt Financial および Alipayとの提携を発表

Ripple(リップル)社の顧客スタンダードチャータードはAlibabaのAnt Financial および Alipayとの提携を発表しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

アジア、アフリカ、中東で強力なプレゼンスを誇る国際的な銀行グループであるスタンダードチャータード銀行(以下「SCB」)と、

世界をリードするデジタル金融サービスプロバイダーの1つであるAnt Financial Services Group MOU(Memorandum of Understanding)に署名しました。

MOUの条件の下で、スタンダードチャータード銀行は、

「Belt&Road Initiative」ルートに沿った国に拠点を置く顧客の金融サービスへのアクセスを向上させるために、

新興市場における銀行の専門知識と洞察力をAnt Financialの業界をリードするTechFin機能と組み合わせる。

スタンダードチャータード銀行は、「ベルト&ロードイニシアチブ」ルートの多くを含む世界で最も急速に成長している経済圏の中で、

150年以上にわたり経営してきました。65の国と地域に約1,000の支店と店舗があり、

そのグローバルフットプリントの69%が「ベルト&ロード」国と重なっています。

同銀行は人民元、中小企業およびリテール金融サービスの業界リーダーであり、

中国企業が革新的な金融商品およびサービスを使用してグローバルに事業を拡大するよう支援しています。

Ant Financialは、2007年にグローバル化戦略を開始しました。

現在、第三者による支払いとライフスタイルプラットフォームであるAlipayは、

520以上のアクティブユーザーを抱え、450以上の金融機関と協力し、

中国の観光客に、 30の国と地域。Ant Financialは、同社の技術ノウハウと経験を活かして支払いソリューションをゼロから構築することで、

インド、タイ、フィリピン、インドネシア、韓国、マレーシアなどの新興市場で戦略パートナーを強化し、e地元住民のための財布ソリューション。

Standard CharteredのJoséViñals会長は、次のように述べています。「Ant Financialとの戦略的パートナーシップを深めることは大きな喜びです。

MOUは、最もダイナミックなTechFin社と新興国市場で最も活発な国際銀行との協力の新たな時代を迎えます。

包括的な金融サービスへのコミットメントと、最先端の技術と銀行の専門知識を組み合わせることで、

Belt&Roadルートに沿った包括的な金融サービスへのアクセスを拡大し、貢献していきたいと考えています。

Ant Financial Services Groupの最高経営責任者(CEO)であるエリック・ジング(Eric Jing)は、

「スタンダード・チャータード銀行とのさらなるコラボレーションの機会には非常に興奮しています。

「世界に平等な機会をもたらすという使命をもって、Ant Financialは技術を使って金融サービスを世界規模でより包括的にすることに専念しています。

今回のSCBとのMOUは、パートナーが世界各地の顧客により良いサービスを提供できるよう努力する上で重要な節目です。」

スタンダードチャータード銀行は、資金決済、FXサービスとアリペイの財布関連ソリューションなどの分野では、2012年以来、Antの金融と一緒に取り組んできました。

このMOUは、12月15日から16日まで中国北京で開催された第9回英・中国経済・金融対話の後に署名された。

https://www.finextra.com/pressarticle/72011/standard-chartered-to-partner-ant-financial

Ripple(リップル)をサポートする世界の銀行について

Ripple(リップル)をサポートする世界の銀行についてです。

カナダ:CIBC

スイス:UBS

スペイン:バンコサンタンデール

イタリア:ユニクレジット

いずれも国際金融市場の主要プレイヤーです。

以下は本文を翻訳した内容です。

カレンダーが最終的に2017年になると、投資家はクリプトカルトの本当に素晴らしい年に畏敬の念を抱くことになります。

CoinMarketCap.comからのデータによると、1,300以上のデジタル通貨の合計金額によると、

12月12日時点での暗号暗号化の時価総額はわずか50兆ドル(5030億ドル)を超えています。 177億ドル。

驚くことではないが、ビットコインがショーを盗んだ。現在の時価総額は、暗号市場価値の総額の半分兆で約58%であり、

最も人気の高い暗号侵害として、ほとんどの注目を集めています。ビットコインについては、

米ドル安の影響を受けて投資家が集まり、現在は支払いの形態として受け入れている商人の数も増えている。

皆さん、リップルにこんにちは

しかし、私は投資家のためのニュースを持っています:ちょうどビットコークの外にcryptocurrency空間ではたくさんのことが起こっています。

おそらく最も印象的なのは、今年の「ビットコイン」と呼ばれていないすべてのクリプトカルトの総価値が今年で約2,100億ドルに上昇したということでしょう。

これは実際に2017年に最も印象的な利益をもたらした新興企業であり、これらの名前はしばしば「次のビットコイン」として議論されています。

2017年に診療所に置かれたそのような暗号侵害の1つは、この過去の火曜日に55%急増したリップルであり、

市場キャップで15億ドルで5番目の暗号侵害である。今年の初めから、Rippleの仮想通貨であるXRPは6,000%近く上昇しました!

再び、これらは過去11〜1/2ヶ月間の利益であり、一部の投資家はその存続期間の全体にわたって独占していない可能性があります。

結局のところ、富の最大の長期創造者である株式市場は、年間平均7%(配当投資を含み、インフレ調整済み​​)で成長する。

リップルのブロックチェーンが盛り上がっています

なぜリップルは素晴らしい?ビットコインと同様に、暗号の幸福感は新しいお金を宇宙にもたらすのを助け、

さらなる利益を逃してしまう恐れから投資家を魅了しました。

しかし、より具体的にはリップル(bitcoinと比べて)に、私たちはブロックチェーン技術を取り巻く数々の興奮を目撃しました。

ブロックチェーンは、ほとんどの仮想通貨の基礎となるデジタルおよび分散型元帳であり、すべてのトランザクションのロギングを担当します。

ブロックチェーンを取り巻くバズは何ですか?まず始めに、前述のように、それは分散システムです。

すべてのデータが格納される中央ハブではなく、世界中のビットとデータが格納されており、

サーバーやハードドライブを制御することでサイバー犯罪者が暗号を失うことはありません。

ブロックチェーン技術はまた、取引を監督する第三者の仲買人(通常は銀行)を切り捨てます。

財務仲介がなく、したがって第三者の支払いに関連するコストがないため、ブロックチェーン全体の金銭の転送率を現在のネットワークよりも安くすることができます。

また、実質的に速いペースで送金する手段も提供しています。

今日の銀行は週末に閉鎖し、しばしば国境を越えた取引を数日間保持することを忘れないでください。

これと比較して、ブロックチェーンを介して行われる国境を越えた取引は、

トランザクション校正が24時間365日実施されていることを考えると、瞬時に、または少なくともかなり迅速に行われる可能性があります。

これらの大手銀行はリップルのブロックチェーン技術をテストしています

しかし、Rippleにとって重要なのは、XRP仮想通貨の投資家がブロックチェーンに縛られていることです。

かなりの銀行パートナーがスピンのためにブロックチェーンを利用したいと思っています。

2016年6月に発表されたように、Rippleは分散型元帳技術をテストするパートナーとして7つのグローバルな銀行機関を追加しました。

これらのパートナーは含まコマースのカナディアン・インペリアル・バンク (:CM NYSE)より良い

CIBC、スイスベースとして知られ、UBS (:UBS NYSE)、

スペインのバンコ・サンタンデール (NYSE:SAN)、

およびイタリアのウニクレディト (NASDAQOTH:UNCFFを)。

これらのプロジェクトはほとんどが内部テストに関わっていますが、リップルのCEO Chris Larsenは昨年のインタビューでCoindeskに語っています。

「これらの銀行の多くが商業生産に移っている段階に達しました。リップルのブロックチェーンを実際に展開することに移りました。

それだけではありません。

リップルは、11月にAmerican Express (NYSE:AXP)とBanco Santanderの英国のユニットが

実際の支払いシナリオでRippleのブロックチェーンを使用するようチームを組んでいると発表しました。

American Expressの顧客は、AmexのFX国際決済ネットワークを通じた英国サンタンデール銀行口座へのカード以外の支払いを、

リップルのブロックチェーンを通じて処理されるようになりました。国境を越えた取引でよく見られるように、

これらの支払いは潜在的に待機する日ではなく、即座に解決できると考えています。

XRPが将来これらのパートナーシップにどのように役立つかを見ることも興味深いでしょう。

ほとんどの大手銀行が伝統的な通貨を扱うことを好んでいましたが、

XRPは、即座に決済通貨を交換したり、支払い処理時間を短縮する手段として、将来的には役割を果たすことができます。

現在、Rippleとそのブロックチェーン技術はあなたのレーダーにはないのですか?多分今、それを変える絶好の時です。

https://www.fool.com/investing/2017/12/17/5-big-banks-currently-testing-ripples-blockchain-t.aspx

まとめ

Ripple(リップル)がどんどん頭角現してきました。

来年はRipple(リップル)がどこまで価値が上がるか正直わからないレベルです。

下手したら1000円台もまんざらでもないですよ。

みなさん期待しましょう!!

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5400名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE