FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】John McAfee(ジョン・マカフィー)氏オススメの一般市民にデジタル通貨を容易にするソーシャル「ReddCoin(レッドコイン)」についてまとめてみた

ReddCoin(レッドコイン) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、John McAfee(ジョン・マカフィー)氏オススメの一般市民にデジタル通貨を容易にするソーシャル「ReddCoin(レッドコイン)」についてまとめてみました。

ReddCoin(レッドコイン)とは

Reddcoin(レッドコイン)とはツイッターやフェイスブックといったSNSとデジタル通貨を融合させることを目的に作られた仮想通貨です。

Reddcoin(レッドコイン)はソーシャルメディア内で広く使われる仮想通貨を目指しています。

LiteCoin(ライトコイン)のP2Pオープンソースから派生した仮想通貨で、

発行量に制限がなく、取引の承認アルゴリズムにPoSV(Proof of Stake Velocity)を採用しておりBitcoin(ビットコイン)などで採用されてきた

PoWやPoSの問題を解決しマイニングに必要な電力を削減しています。

Reddcoin(レッドコイン)はPoSVが採用されたことにより発行枚数に上限がなく、年間最大で5%づつ供給量が増えていきます。

ReddCoin(レッドコイン)の特徴

・ソーシャルネットワークを活用している暗号通貨。

・Proof of Stake VelocityによりPoWおよびPoSアルゴリズムの問題を解消する。

・チップ機能によりソーシャルネットワーク上のデジタル通貨をシームレスに送受信可能。

ReddCoin(レッドコイン)のProof of Stake Velocity(PoSV)とは

ReddCoin(レッドコイン)のPoSVはPoSに基づいてReddcoinの開発チームによって開発されました。

Reddcoin(レッドコイン)Wallteをオンラインでトランザクションの検証に役立てることでReddCoin(レッドコイン)のネットワークを維持しているユーザーに報酬を与え、

消費電力を削減しています。

ReddCoin(レッドコイン)の概要

通貨名(通貨単位):ReddCoin(RDD)

現在の供給量(記事作成時):28,521,907,548 RDD

システム(アルゴリズム):Proof of Stake Velocity

公開日:2014年1月20日

ReddCoin(レッドコイン)はJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が勧めている

ReddCoin(レッドコイン)はJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が勧めています。

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏とは、アメリカ合衆国のコンピュータプログラマでマカフィーの創業者です。

アンチウイルスソフトウェア・デザイン・ウイルススキャナ開発の先駆者でもあります。

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が、発言した通貨は高騰するので、ReddCoin(レッドコイン)も一時高騰を見せました。

ReddCoin(レッドコイン)の公式サイト

ReddCoin(レッドコイン)の公式サイトは下記のリンクになります。

http://www.reddcoin.com/

ReddCoin(レッドコイン)のホワイトペーパー

ReddCoin(レッドコイン)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://www.reddcoin.com/papers/PoSV.pdf

まとめ

ReddCoin(レッドコイン)はJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が勧めているので、買っても良いかなとった感じですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE