FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】 Re-branding(リブランディング)は仮想通貨にとって大切なこと!?成功した銘柄についてや今後のリブランディングが行われる通貨についてまとめてみた

Re-branding(リブランディング) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、Re-branding(リブランディング)は仮想通貨にとって大切なこと!?成功した銘柄についてや今後のリブランディングが行われる通貨についてまとめてみました。

 Re-branding(リブランディング)とは

Re-branding(リブランディング)とは、すでに構築されたブランドを再構築・再定義することです。

企業規模の大小問わず、すべての会社に既存のブランドは存在します。

濃淡の差こそあれ、いまある経営資産・ブランド資産を活用し、次の時代を生き抜いていくために徹底的に磨き上げたブランドこそ、

個性がありユニークであり、ユーザー・クライアント・株主・従業員などすべてのステークホルダーに愛されるブランドになり得えます。

 Re-branding(リブランディング)は時代と顧客の変化への対応

いかに優れた商品やサービスでも、何もしなければ次第に売り上げが落ちていってしまいます。

同じようにブランドに関しても、時代や顧客の変化に応じて、内容を変える必要があります。

すでに構築されているブランドを変えて、より効果的なブランドにすることを Re-branding(リブランディング)といいます。

新たにブランドを構築するブランディングと異なり、

Re-branding(リブランディング)は今までのブランドの成果を評価して適切な対応をする必要があります。

具体的な Re-branding(リブランディング)を実施する際には、従来のブランドの内容や外部的要因に応じてさまざまな方法が用いられます。

商品やサービスなどの内容に問題がない場合は、デザインを変更するだけでも十分な効果を得られることがあります。

デザインの嗜好は時代の流行に応じて大きく変わって行きますし、

技術革新によって新しい表現が可能になりますので、顧客の受け入れられるようなデザインを採用することが重要です。

また、商品やサービスが従来の顧客に受け入れられなくなった場合には、ブランドのポジショニングを変更する必要があります。

今までとは違った顧客をターゲットにすることで、今までと同じ内容の商品などでも、十分に売り上げを伸ばすことが可能です。

 Re-branding(リブランディング)で成功した仮想通貨

Re-branding(リブランディング)で成功した仮想通貨ですが、やはり価値が上がっています。

それ以外にも高騰した理由はありますが、 Re-branding(リブランディング)を行った効果もこの価値に含まれているのも事実です。

・Antshaeres(アントシェアーズ)→NEO(ネオ)

価格:$1.5→$61.19

【高騰】中国版Ethereum(イーサリアム)のNEO(ネオ)という仮想通貨について情報をまとめてみた
どうも、今回は中国版のEthereum(イーサリアム)と呼ばれている、NEO(ネオ)という仮想通貨について 説明していきたいと思います。

・DARKCoin(ダークコイン)→DASH(ダッシュ)

価格:353円→122,333円

【古株】匿名性と取引のスピードが売りの仮想通貨「DASH(ダッシュ)」についてまとめてみた
今回は、匿名性と取引のスピードが売りの仮想通貨の DASH(ダッシュ)についてまとめてみました。

LISK(リスク)が2018年2月20日に Re-branding(リブランディング)が行われる

LISK(リスク)が2018年2月20日に Re-branding(リブランディング)が行われます。

先ほど、2つの仮想通貨をご紹介しましたが、双方とも価値が高騰しています。

つまり、今後LISK(リスク)が2018年2月20日に Re-branding(リブランディング)を行うことで価値が上がる可能性はあります。

直近ではcore1のアップデートもありますし、Bitflyer(ビットフライヤー)の上場もあるので、楽しみな仮想通貨ですね。

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)に負けていないLISK(リスク)の期待値の高さについてまとめてみた
今回は、Ethereum(イーサリアム)に負けていないLISK(リスク)の期待値の高さについてまとめてみました。

まとめ

仮想通貨にとってこれだけ多くの銘柄がある中で、一つの Re-branding(リブランディング)というのは大切になっていきます。

トヨタであれば安心安全。

アップルであれば芸術や研ぎ澄まされたプロダクト

そうった購入者のイメージなども仮想通貨への価値も裏付けられるので、 Re-branding(リブランディング)の効果は大きいと思います。

LISK(リスク)が Re-branding(リブランディング)でどれほど高騰するか楽しみなところです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE