【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

今回は、グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会 […]

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

今回は、仮想通貨の情報ではなく、今後日本は「人生1 […]


【仮想通貨】QUOINEの仮想通貨であるQASHが世界最大級の仮想通貨取引所のBITFINEX(ビットフィネックス)に上場することについてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QUOINE QASH bitfinex(ビットフィネックス)

今回は、QUOINEの仮想通貨であるQASHが世界最大級の仮想通貨取引所のBITFINEXに上場することについてまとめてみました。

BITFINEX(ビットフィネックス)とは

QUOINE QASH  bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinex(ビットフィネックス)は、2013年に香港の会社iFinex Inc.によって設立された仮想通貨取引所です。

海外でも有名で世界最大級の仮想通貨取引所です。

https://www.bitfinex.com/

QASHとは

QASHについては、下記の記事を参照してください。

LIQUIDとは

LIQUIDについては、下記の記事を参照してください。

QUOINEの仮想通貨であるQASHが世界最大級の仮想通貨取引所のBITFINEX(ビットフィネックス)に上場

QUOINE QASH bitfinex(ビットフィネックス)

QUOINEの仮想通貨であるQASHが世界最大級の仮想通貨取引所のBITFINEX(ビットフィネックス)に11月30日に上場すると公式でアナウンスが入りました。

世界最大級の取引所だけあって、さらに流動性が増しそうですね!!

流動性がませば、取引が活発になるので、価値が上がる可能性は高いです。

ちなみに、現在のQASHの価格は、150円台で、ICOでは27円だったので、5倍ぐらいの水準になっています。

もうICOからどれだけ上がるんだよって話ですwww

ICOに買っておいた人は正解ですね!!

QUOINEのCEO栢森氏が「Star online」に特集される!!

QUOINEのCEO栢森氏が「Star online」に特集されました。

以下は本文を翻訳した内容です。

銀行ネガラが、生存率の公共の信頼を害すると予想されるトークンを規制する動き

顕著な点

•年末までに公表されるべきガイドライン

•詐欺とボラティリティのリスクを懸念する懐疑主義者

•デジタルマネーは新しい規範となりうる

それともそうであっても、cryptocurrenciesはマレーシアで主流になるように設定されています。

来年以降、同国のデジタルマネーの世界を規制するBank Negaraの動きは、これらのトークンの実行可能性に対する公衆の信頼を失墜させ、

地元市場での暗号侵害の採用を促進すると期待されている。

中央銀行は来月の暗号侵害に関する公式のガイドラインを発表する予定です。

しかし、まず、バンク・ネガラの知事Tan Sri Muhammad Ibrahimは、2018年以降、デジタル通貨圏で取引所となっているすべての当事者は、

マネー・ローンダリング、反テロリズム不法行為の資金調達および収入法(Amla)2001年。

つまり、デジタル通貨を小額通貨または法定通貨に変換するビジネスに携わる人は、そのような通貨のバイヤーおよび売り手に関する詳細な情報を提供する必要があります。

動きは歓迎された

金融技術(fintech)業界の業界関係者は、暗号化通信に信頼性を追加し、

デジタル通貨の技術開発とそれをサポートする基盤となるブロックチェーンテクノロジが妨げられないようにする手段としてこの動きを歓迎します。

Quoineの共同設立者兼CEOのMike Kayamoriは、規制改革がマレーシアの暗号化通貨の成長を促進する可能性があると指摘する。

「デジタル通貨の規制は、金融セクターにおけるデジタル通貨の主流採用を促進するための正しい方向への動きです」とkayamori氏は言います。

マレーシア政府のこのステップは、マレーシアの暗号市場に参入するためのライセンスされた暗号化交換の扉を開くだろう。

私たちは安全でグローバルなブロックチェーンのフィンテックエコシステムを育成するためのより多くの規制の開発を期待しています」と彼はStarBizWeekに電子メールで伝えています。

Quoineは、日本、ベトナム、シンガポールにオフィスを持つクリプトコ交換会社です。

最近、QASHトークンの過払い初期コイン・オファリング(ICO)で1億500万米ドルを調達したこのオペレーターは、

日本の金融サービス機関からライセンスを受ける最初のグローバル暗号暗号化企業です。

Kayamori氏は、Quoineは、金融システムの安定性を保護し、サイバーハッキングを防止するために、cryptocurrenciesのプロ規制慣行を完全にサポートしていると言います。

Lunoの東南アジアのカントリーヘッドであるMriganka Pattnaikも、暗号化通信の健全な規制イニシアチブが業界を促進し、マレーシアにおけるデジタルマネーの主流採用を導くことを指摘して、同じ感情を共有している。

Mriganka氏は電子メールで、StarBizWeek氏に次のように述べています。

「金融市場とデジタル通貨業界をマレーシアおよび世界中の犯罪および違法行為から守るBank Negaraの目標を分かち合います。

この動きは、全体的に信頼性が高く安全なフレームワークを提供するため、暗号化業界にとって積極的な一歩です」

ルノは、ロンドンに本社を置くBitcoinの会社で、インドネシア、マレーシア、ナイジェリア、南アフリカ、その他35のヨーロッパ諸国で事業を展開しています。

現時点で、マレーシア人はローカルで最大11の暗号交換を利用することができ、

そのうちLunoは1つです。マレーシア人がアクセスできる世界には100以上の交流があります。

これらは、他のデジタルトークンや米ドルやリンギットなどの伝統的な通貨のために暗号化通貨を購入、販売、交換することができるウェブサイトです。

これらの11の取引所の取引の総額は何であるかは不明である。

ビットコインとエテリアムを中心に、すべての主要なクリプトカウズの典型的な日々の取引量は、最近では約2bil(RM8.24bil)を上回っています。

新しい規範

言うまでもなく、生存率とクリプトカルトのメリットとは納得できない懐疑論者がまだ残っています。

これは部分的にはBitcoinの発明によって、2009年にシーンに突入するクリプトカルトの相対的な新規性に起因しています。

これらの懐疑論者の懸念は、詐欺のリスクからボラティリティおよび非流動性にまで及ぶ。

また、テロリストやマネーローンダーなどの不正な当事者が暗号化通信を計画している、または既に使用していることも懸念されています。

しかし、クリプトカルトの支持者は、起業家やビジネスオーナーに多くの新しい機会を提供する必然的な発展であると考えています。

cryptocurrencyが「素晴らしいアイデア」と考えているそのような提案者の1人は、AmInvestment BankのCEO Raja Teh Maimunah Raja Abdul Azizです。

彼女は、規制当局は、電子マネーが普遍的な通貨として役立ち、外貨コストを排除するのを手伝っているので、マレーシアでの暗号侵害の使用を許可すべきだと主張している。

cryptocurrencyが交換の媒体の別の形に進化すると信じて、彼女は現在の決済通貨が将来代替通貨に変わる可能性があると予測した。

ラージャ・テイ・マイムナ氏は、サラワク州クチンの第13回世界イスラム経済フォーラムの傍らで、「世界貿易であるため、暗号化をサポートしている」と述べた。

彼女はcryptocurrencyが交換の媒体の別の形態に進化し、将来的に代替通貨に変わるために現在の金額を計画すると考えている。

Bank Negaraの立場はどこですか?

まあ、中央銀行は、デジタル通貨が「新しい規範」になる可能性を認めているため、これらの動向に気付くことはできません。

「多くの専門家によれば、デジタル通貨が新しい規範となるように、我々は自分自身を準備する必要がある。

いくつかのようにデジタル通貨の出現は、金融セクターの新しい時代の始まりをマークします。

当局として、我々はこれらの進展に気付くことはできない」とムハンマドは最近語った。

これは、2014年1月のBank Negaraの声明とは対照的に、Bitcoinなどのcryptocurrenciesはマレーシアの合法的入札ではないと言いました。

現在、マレーシアの暗号化トランザクションは、デジタル通貨が当局によって資産または合法的に入札されないため、非課税です。

しかし、ムハンマドは、最近数ヶ月に、ネガラ銀行が、クリプトカルトを認識するならば、今年末までにガイドラインを導入することを明らかにした。

紋章を締め付ける

Bank Negaraは、2018年初めのAmlaの下で、すべての暗号化交換を「報告機関」として指定することが、マレーシアの暗号化通貨の世界を規制する最初の注目すべき動きです。

このイニシアチブは、公式ガイドラインのリリースに先立って発表されたもので、犯罪行為や違法行為に対するシステムの乱用を防止し、マレーシアの金融システムの安定性と完全性を確保することを主な目的としています。

アムラの「報告機関」として、暗号化の交換は、プラットフォームがマネー・ロンダリングやテロ資金調達活動の導管として使用されるのを防ぐ予防措置を講ずる必要がある。

これらの予防措置には、リスク評価の実施、顧客のデューデリジェンスの適用; 不審取引報告書(STR)と現金閾値報告書の提出。トランザクションの記録の維持および保持。

Amlaの違反は、罰金、投獄、資産の凍結と差し押さえによって処罰されます。

マネー・ローンダリングとテロ資金の資金調達がクリプトカルトの取引を通じて行われるという決定的な証拠はないが、

一部の報告によれば、不正な当事者がクリプトカルトへの関心が高まっていることが示されている。

ムハンマドは、昨年25億米ドル(10億8,800万米ドル)の世界的投資を行ったfintechの台頭を受けて、

マネー・ローンダリングとテロ資金調達に対する防波堤としての金融セクターの役割がさらに重要となったと述べる2010年には9億米ドルとなりました。

同氏は、「このような傾向があるとすれば、金融業界は、システムの悪用のケースを緩和し、特定し、防止することを強く求められるだろう」と述べ

、テロ資金との戦いは継続する金融業界の絶え間なく変化する景観に沿って進化していきます。

「金融システムは、テロ資金調達の新たなリスクを特定し、効果的に防止する準備が整っていなければならない」と指摘する。

Bank Negaraのfintechサンドボックス内で活動するinsurtech会社のGetCoverの創設者兼CEO、

Paul Khoo氏は、新しい技術革新のすべての場合と同様に、悪質な人はそれを使用する恐れがある、と語る。

Bank Negaraが最近発表した暗号暗号交換の動きに関連して、Khoo氏は次のように述べています。

「取引を規制することは、その芽を詰め込み、独自のトークンを必要とするブロックチェーン技術の成長を促進する良いステップです。

十分じゃない?

ネガラの暗号侵害を規制する動きは、オーストラリア、中国、日本などの一部の国々が最近行ったことと相まって、日本は取引の免許を発行してさらに進歩を遂げました。

しかし、疑問は不正な当事者による暗号侵害システムの乱用を防止するための規制の有効性に残っている。

経験豊富な暗号化トレーダーは、取引所が規制される一方で、すべての取引形態を監視することは難しいと述べています。

規制当局が追いつくことが難しいほど速いペースで絶え間なく進化していることに注意しなければならない」とトレーダーは説明する。

一方、他のトレーダーは、マレーシアでの暗号侵害に関する今後の規制は、犯罪活動のための技術の乱用を防ぐほど強くないと主張している。

「これまでに発表されていることから、私たちは、Cryptocurrency Exchangeがライセンスを申請する要件がないため、

Bank Negaraの規制が十分厳しくないと考えています。

そのような要件は、事業者に正当なアイデンティティを与え、ルールに従うように強制する可能性があります」と彼は説明します。

金融革新は金融システムに多くの利益をもたらしますが、違法行為の扉を開く両刃の剣でもあります。

規制当局による取り組みは正しい方向に進んでいるようです。

しかし、終わりには、消費者保護とイノベーションの間の微妙なバランスを打ち負かすことがすべてであり、技術開発が妨げられることはありません。

https://www.thestar.com.my/business/business-news/2017/11/25/digital-currencies-set-to-go-mainstream/

QUOINEの仮想通貨であるQASHの最大の大口の投資家の1人は孫正義社長の弟さん!?

QUOINEの仮想通貨であるQASHの最大の大口の投資家の1人は、ソフトバンク社の孫正義社長の弟さんでありガンホーの社長で有名な孫泰造さんでした。

https://www.reddit.com/r/CryptoCurrency/comments/7g2uyv/qash_being_listed_on_bitfinex_binance_and_bithumb/

QUOINEの仮想通貨であるQASHはBithumbにも上場予定か!?

QUOINE QASH

QUOINEの仮想通貨であるQASHはBithumbにも上場予定と言う情報があります。

もしそれが、本当であれば、さらに価値が上がりそうですね!!

SNSでの反響は?

QUOINEの仮想通貨であるQASHがなんと100円突破したことについてまとめてみた

【仮想通貨】QUOINEの仮想通貨であるQASHがなんと100円突破したことについてまとめてみた

QUOINEの仮想通貨のQASHがついにQUOINEXおよびQRYPTOSで世界同時上場し一時3500円つき現在サーキットブレイカー発動して取引停止レベルの盛り上がりについてまとめてみた

QUOINEXおよびQRYPTOSでのQASHトークン世界同時上場についてまとめてみた

QUOINEのICOである「QASH」がCOMSA(コムサ)を抜いてなんと日本最高の124億円資金調達したことについてまとめてみた

日本の仮想通貨取引所の「QUOINE」が大手取引所である「BINANCE(バイナンス)」と戦略的パートナーシップを発表!?情報についてまとめてみた

まとめ

・QUOINEの仮想通貨であるQASHが世界最大級の仮想通貨取引所のBITFINEXに11月30日に上場

・QUOINEのCEO栢森氏が「Star online」に特集される

・QUOINEの仮想通貨であるQASHの最大の大口の投資家の1人は孫正義社長の弟さんの可能性あり

・QUOINEの仮想通貨であるQASHはBithumbにも上場予定か

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に3950名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE