FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】NEM(ネム)ベースの分散型アプリケーションプラットフォームの仮想通貨「ProximaX(XPX)」についてまとめてみた

ProximaX(XPX) ICO ICO

NEM(ネム)ベースの分散型アプリケーションプラットフォームの仮想通貨「ProximaX(XPX)」についてまとめてみました。

NEM(ネム)とは

NEM(ネム)については下記の記事を参照してください。

ProximaX(XPX)とは

ProximaX(XPX)とは、NEM(ネム)ベースの分散型アプリケーションプラットフォームの仮想通貨です。

ProximaX(XPX)はNEM(ネム)財団のロンウォン氏の下で開発された企画で、

NEM(ネム)のかけている要素を補うことを目的にしています。

具体的には、分散型ドキュメント照明、ストレージ、ストリーミング、メッセージングなどの

機能を備えたプラットフォームのショリューションです。

このプラットフォームはXPXトークンによってサポートされて近いうちにICOを通じて市場に分配されます。

ProximaX(XPX)はP2Pのインターネットプロトコルプラットフォームであり、APIを活用してアーキテクチャの統合をよりシンプルに設計

されており、dappsの開発しゃと企業がデプロイを気軽に行い管理することができます。

ProximaX(XPX)は将来的には、開発者のコミュニティが多くの斬新なアプリケーションを生み出す基盤になるとされています。

ProximaX(XPX)を通じて作られるアプリケーションの中には、

顧客確認、医療記録、土地登録、貿易金融、照明しょ、タイムスタンプ、身分証明書、IoTなどが作られると予想されています。

 

ProximaX(XPX)の特徴

・NEM(ネム)ベースの分散型アプリケーションプラットフォームの仮想通貨

・NEM(ネム)財団のロンウォン氏の下で開発された企画

・dapps開発者に対して使いやすいSDKを提供

・XPXトークンはNEM(ネム)のモザイクを通じて発行される

ProximaX(XPX)のXPXトークン

ProximaX(XPX)のXPXトークンはNEM(ネム)のモザイクを通じて発行されます。

XPXトークンの総発行量は90億トークンです。

XPXトークンはコンセンサスプロトコルの二次レイヤーに拡張され、ストレージと帯域幅に応じて報酬が与えられます。

XPXトークンICO後には、NEM財団に似たProximaX財団が立ち上がるようです。

ProximaX財団では、XPXトークンの販売によって得た資金を使い、さらなる機能向上が目的です。

ProximaX(XPX)の進行中プロジェクト一覧

ProximaX(XPX)の進行中プロジェクト一覧です。

・ProximaX KYC

・Bankorus

・NEMex

・Neutrinos Automobile

・DarcMatter

・Guard Global

・Techracers

・Bluenumber

・Thedocyard

・Policy Street(NEMWILL)

・copyrightBank

・MHub

ProximaX(XPX)の公式サイト

ProximaX(XPX)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://proximax.io/

ProximaX(XPX)のホワイトペーパー

ProximaX(XPX)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://proximax.io/#whitepaper

まとめ

ProximaX(XPX)は期待できそうですね!!

残念ながら日本ではICOに参加できないようなので、上場後に購入したいなと思っております。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE