FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】サイドチェーンを使用したスピード・セキュリティ・コスト効率に優れたプラットフォーム「POA Network(ポアネットワーク)」についてまとめてみた

POA Network(ポアネットワーク) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、サイドチェーンを使用したスピード・セキュリティ・コスト効率に優れたプラットフォーム

「POA Network(ポアネットワーク)」についてまとめてみました。

POA Network(ポアネットワーク)とは

POA Network(ポアネットワーク)とは、Ethereum(イーサリアム)のサイドチェーンを使用した

スピード・セキュリティ・コスト効率に優れたプラットフォームの仮想通貨です。

POA Network(ポアネットワーク)は、Proof of Authority(PoA)と言う仕組みを使っております。

このProof of Authority(PoA)とは、従来のブロックチェーン上で行われるコンセンサスアルゴリズムとは違い、

新しいブロックを作成し、ブロックチェーンを保護する一連の権限を使用する仕組みになっています。

この権限を行使できる人はバリデーターと言われており、POA Network(ポアネットワーク)を支える役目を担っています。

バリデーターはPOA Network(ポアネットワーク)において重要な役目なので、

身元や住所などを厳選に調べた上で採用しています。

バリデーターは「Master of Ceremony」と言われているネットワークの創設者のメンバー似寄り

12個のキーを配布してネットワークの保持を担います。

POA Network(ポアネットワーク)は、個人によるコンセンサスがブロックチェーンの実現可能なビジネスモデルである

というケースを作り上げています。

Ethereum(イーサリアム)で出来ることは、基本的にPOA Network(ポアネットワーク)でも実現できると公式も言っています。

POA Network(ポアネットワーク)の特徴

・スマートコントラクトとdappsを持つ

・Proof of Authority(PoA)と言う新しいブロックを作成し、ブロックチェーンを保護する一連の権限を使用する仕組みを持っている

・安価・高セキュリティ・高スピードな取引を実現

・バリデーターと言う人物たちがPOA Network(ポアネットワーク)を支える

・Ethereum(イーサリアム)で出来ることは、基本的にPOA Network(ポアネットワーク)でも実現できる

POA Network(ポアネットワーク)のProof of Authority(PoA)

POA Network(ポアネットワーク)のProof of Authority(PoA)の特徴です。

・難しい問題を計算が必要ないので承認作業が安価で高スピードに行える。

・ブロック生成時間は5秒とEthereum(イーサリアム)の約3倍のスピードを実現。

・バリデーターの身元が証明されているので高セキュリティである。

POA Network(ポアネットワーク)の概要

通貨名:POA Network

ティッカー:POA

最大発行枚数:252,460,800 POA

POA Network(ポアネットワーク)の公式サイト

POA Network(ポアネットワーク)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://poa.network/

POA Network(ポアネットワーク)のホワイトペーパー

POA Network(ポアネットワーク)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://resource2.binance.com/files/books/20180227/1519721655271.pdf

まとめ

POA Network(ポアネットワーク)はサイドチェーンやクロスチェーンの技術が好きな私はかなり興味のある銘柄ですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE