FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】分散型企業合同プラットフォームの仮想通貨「Ontology(ONT)」についてまとめてみた

Ontology(ONT) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、分散型企業合同プラットフォームの仮想通貨「Ontology(ONT)」についてまとめてみました。

Ontology(ONT)とは

Ontology(ONT)とは、分散型企業合同プラットフォームの仮想通貨です。

Ontology(ONT)はNEO(ネオ)を運営するNEO(ネオ)協議会が実施している「Onchain」によって開発された

マルチチェーンパブリックインフラストラクチャプラットフォームです。

横文字多いので

マルチチェーン:いくつかの要素が集まったブロックチェーン

パブリック:公的

インフラストラクチャ:インフラ、基盤

という感じですね。

Ontology(ONT)は一連の完全な分散元帳とスマートコントラクトシステムを含む新しい高性能パブリックブロックチェーンを提供します。

簡単に説明すると、Ontology(ONT)は、プライバシー保護の脆弱性などのセキュリティ面の課題を

Ontology(ONT)は、信頼性の高いエコシステムによって問題を解決する仮想通貨です。

インフラ、社会の基盤としてブロックチェーンの使うためには問題があるので、インフラや公でも使えるブロックチェーンとして

Ontology(ONT)が活用されるわけですね。

ブロックチェーン技術が好きな人は結構面白いなと感じる銘柄の一つだと思います。

NEO(ネオ)とは

NEO(ネオ)については、下記の記事を参照してください。

Ontology(ONT)の特徴

・いろいろな情報を管理できるプラットフォームである

・ブロックチェーンによる管理を行い信頼性を確保

・人々に紐づく情報を一元管理を行う

Ontology(ONT)はNEO(ネオ)との統合

Ontology(ONT)は将来的にNEO(ネオ)と統合されるようです。

つまり、NEO(ネオ)のプロジェクトとOntology(ONT)のプロジェクトの信頼性は相関関係にあり、

Ontology(ONT)のブロックチェーンの技術などはNEO(ネオ)の評価にもつながります。

Ontology(ONT)は独立性の高いデータベースで情報共有が可能な上、ブロックチェーン技術のない企業に対して

ブロックチェーンの活用を可能にします。

さらに、NEO(ネオ)は多様なプログラミング言語で開発ができるので、

信頼性と開発性が掛け合わされますね。

 

Ontology(ONT)の概要

名前:Ontology(オントロジー)

ティッカー:ONT

最大発行枚数:10億ONT

Ontology(ONT)の公式サイト

Ontology(ONT)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://ont.io/

Ontology(ONT)のホワイトペーパー

Ontology(ONT)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://resource2.binance.com/files/books/20180228/1519810938386.pdf

まとめ

Ontology(ONT)の開発者は、中国のOnchain社というのも大きな点ですし、

Ontology(ONT)のネットワークそのものが高い信頼性によって成り立っているので、中国社会で活用される可能性は大きいですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE