1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中

【ネットビジネス】Note(ノート)のコンテンツが売れない時に見直す3つの項目についてまとめてみた

Note(ノート) 稼ぐ ネットビジネス

今回は、Note(ノート)のコンテンツが売れない時に見直す3つの項目についてまとめてみました。

Note(ノート)が売れない

Note(ノート) 稼ぐ

Note(ノート)のコンテンツを作ったけど売れないという人たちが結構多いです。

コンテンツビジネスというのはやはり難しいと言うか奥が深いと思います。

楽観的に売れると思っている人が多いです。

今回はNote(ノート)のコンテンツが売れない時に見直す項目についてご紹介したいと思います。

【初心者必見】知って得する!!2018年Note(ノート)で稼ぐために理解しておくべき7つのポイント
今回は、知って得する!!2018年Note(ノート)で稼ぐために理解しておくべき7つのポイントについてまとめてみました。

Note(ノート)のコンテンツが売れない時に見直す項目

Note(ノート) 稼ぐ

Note(ノート)のコンテンツが売れない時に見直す項目についてご紹介したいと思います。

Note(ノート)の販売金額が高くないか?

Note(ノート)のコンテンツの金額が高くないか見直しましょう。

モノの金額は買い手と売り手の需要と供給がマッチした状態です。

あなたのNote(ノート)のコンテンツが売れない理由として金額が高い可能性があります。

Giveの精神を持っているか?

YoutubeやSNSでNote(ノート)の宣伝をしていると思いますが、

メディアでしっかりと価値のある情報発信をおこなっているでしょうか?

売れている人はSNSやYoutubeなど無料で価値ある情報をGiveの精神で多くの人に提供しています。

まずはNote(ノート)のコンテンツを売る前に見込みになるユーザーに対してギブギブギブで行きましょう。

実績や評判はあるか?

そもそも実績や評判が少ない人のコンテンツは売れにくいのは当然です。

情報商材というのは『買ってみなければわからないパンドラの箱』です。

中身の見えない福袋をあなたは購入しますか?普通はしないですよね。

ですがアディダスのロゴが入っている福袋なら中身が見えなくても

アディダスの商品が入っていると理解できるので購入する人も居るはずです。

つまり何もラベルのないコンテンツを作っても売れないんです。

そこにあなたというラベルを貼ることで中身が見えなくても購入してくれる方が生まれるわけです。

人気や評判がついてくるまでは100円ぐらいで販売しましょう。

まずは稼ぐよりも評価や実績を手に入れることです。

Note(ノート)のコンテンツが売れる人の特徴

Note(ノート) 稼ぐ

Note(ノート)のコンテンツが売れる人の特徴を紹介したいと思います。

集客販路が多い

Note(ノート)のコンテンツが売れている人は集客販路が多いです。

例えば、ブログのみで集客している人と、ブログとSNSとYoutubeで集客している人であれば、

どちらが売れるでしょうか?もちろん後者です。

数字で表せる実績を持っている

数字で表せる実績を持っています。

例えば、アフィリエイトで月100万円とか、最大100万PVとかです。

人はどうしても人を評価する時数字で表せる実績に評価をします。

どんな小さいことでもいいのでしっかりと実績をオープンにすることが大切ですね。

良いコンテンツを作っている

良いコンテンツを作れば自然と購入者はオススメですと口コミやSNSで広めています。

良いコンテンツというのは金額に対して100%の価値ではなく120%価値があるものです。

例えばお菓子でもおまけがついてくるだけで少し得した気分になりますよね?

お菓子に対する価値にプラスαおまけが付くことで購入した人は良かったと感じるわけです。

売れるNote(ノート)のコンテンツも100%ではなく120%の価値があるものを作ることを心掛けましょう。

『売る』ではなく『売れる』を意識している

多くの人は『売る』ことに必死ですが、売るというのはユーザーに価値が届けられていない状態なんです。

売れるというのはユーザーに価値が伝わあり相手から購入したいと思う状態です。

売りたいからいって強引にセールスをかけても逆効果だと思っています。

『売る』ではなく『売れる』を意識したマーケティングを行いましょう。

ファンを持っている

Note(ノート)のコンテンツが売れる人はファンを持っています。

ファンはあなたの新しいコンテンツをリピートして購入してくれる人たちです。

まずは売れるためにもファンを作る必要があります。

まとめ

ザックリとですが、Note(ノート)のコンテンツを売る時に見て欲しいことをまとめました。

やはり情報商材というのは怪しいと思われがちですが、良いコンテンツは自然と売れます。

もし悩んでいる方はしっかりと原因を考えて改善してほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました