FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】NEO(ネオ)がMicroSoft(マイクロソフト)と共に開発者向けのトーナメントを開催したことについてまとめてみた

NEO(ネオ) MicroSoft(マイクロソフト) 仮想通貨

今回は、NEO(ネオ)がMicroSoft(マイクロソフト)と共に開発者向けのトーナメントを開催したことについてまとめてみました。

NEO(ネオ)とは

NEO(ネオ)については下記の記事を参照してください。

【高騰】中国版Ethereum(イーサリアム)のNEO(ネオ)という仮想通貨について情報をまとめてみた
どうも、今回は中国版のEthereum(イーサリアム)と呼ばれている、NEO(ネオ)という仮想通貨について 説明していきたいと思います。

NEO(ネオ)がMicroSoft(マイクロソフト)と共に開発者向けのトーナメントを開催

NEO(ネオ)がMicroSoft(マイクロソフト)と共に開発者向けのトーナメントを開催したという情報が入りました。

以下は本文を翻訳した内容です。

ブロックチェイン技術はあらゆる分野に浸透し、さまざまな分野の革新をもたらします。

NEOは、国内公益事業プロジェクトの早期鳥として、緑の発展を阻止するために一貫して貢献してきた開発者の数が増えていることを目の当たりにしています。

勢いを維持するために、NEOは中国で最初の開発コンテストを開始する予定です。

マイクロソフトでは、Elastos、Unchain、およびINNERSPACE +のサポートによりイベントを開催します。登録は2017年11月20日に開始されます。

NEOは、ブロック技術とデジタルアイデンティティを使用して資産をデジタル化する分散型ネットワークです。

これらの資産は、スマートコントラクトによって自動的に管理され、「スマートな経済」につながります。

インテリジェントネオ契約システムは、確実性、スケーラビリティ、および互換性が非常に高くなっています。

また、NEOスマートコントラクトはJava、C / C#、およびGoでプログラマブルであり、開発者には使い慣れているため、

Solinityなどの新しい言語を開発するための開発者の労力を節約できます。

候補者は、NEOブロックのサポートとMicrosoftの開発環境およびツールを使用して優れたアプリケーションを提供することを推奨します。

そのような努力がなされており、ブロック開発者のより強力な生態系に一歩近づいています。

候補者には、技術的な卓越性、適用された価値、文書の完全性、革新性、および仕事の呼び出しが通知されます。

ONT Li Junの創設者で創設者のElastos Chen Rong、Microsoftの中国のエキスパートであるCoZ Fabioの創設者、Erik Zhangの創設者であるNE Hongの創設者Da Hongfeiは、

報酬として全競技者のうち16人の優勝者を選出するファンド総額490,000米ドル。

16名の受賞者は、第1位の優勝者1名、第2位の優勝者2名、第3位の優勝者3名、優秀賞受賞者10名で構成されます。最優秀受賞者には$ 150,000の賞金が与えられます。

また、参加している個人およびチームは、NEOに連絡して、2018年1月にシリコンバレーで開催されるNEO DevConであなたの作品を発表する機会を得ることができます。

競争のためのウォーミングアップとして、NEOは2017年12月1日にライブオンラインナイトコース(詳細については公式チャンネルに従ってください)を提供する予定です。

革新的なアイデア、スキル、および心を持つ開発者、起業家、学生はすべてコンテストの情報に触発されるようにコースを歓迎します。

私たちはあなたの驚くべきパフォーマンスを楽しみにしています。

https://247cryptonews.com/neo-partners-with-microsoft-for-development-contest-in-china-with-490-000-usd-in-prize-funds/

中国版Ethereum(イーサリアム)のNEO(ネオ)が高騰の理由についてまとめてみた

【仮想通貨】中国版Ethereum(イーサリアム)のNEO(ネオ)が高騰の理由についてまとめてみた
今回は、中国版Ethereum(イーサリアム)のNEO(ネオ)が高騰の理由についてまとめてみました。

まとめ

こうした開発のコンテストで、あっと驚くようなシステムができたりするので、非常に楽しみなところです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE